最新ニュース

2017年08月23日
大日本印刷(DNP)は、活版印刷の風合いを再現したオリジナル書体「秀英体」の「にじみフォント」をモリサワにライセンス提供した。モリサワは、「秀英にじみ明朝L」をDTP用のフォント製品として今秋に販売するほか、Webフォントサービスでも提供する予定。 モリサワは、2009年からDNPのライセンスに基づいて秀英体フォントを順次発売しており、今回、その第7弾として1書体を追加して計22書体となっている。 【書体の仕様と販売方法について】 ●秀英にじみ明朝L(細) 活字が紙に押し付けられることで、インクがにじみ、文字が自然に太くなるという活版印刷の風合いをデジタルフォントで再現した書体。 活版印刷に見られる活字の自然なゆらぎやにじみを分析し、その結果を「にじみ効果」として文字の線画に施した。書籍の本文やポスターの見出し等での利用を想定して調整したことによって、「秀英明朝L」よりも太く、柔らかい印象を与えます。また、スマートフォンやタブレット端末などのデジタル機器に表示した際のちらつきが抑えられるため、眼にやさしく読みやすい書体。紙とインクの質感を思わせ、やわらかな表情を持たせることができるため、和菓子等の包装、工芸品やハンドメイド商品の広告など、日本の伝統や美、レトロ感の演出に最適な書体。 ※詳細はこちらのウェブサイトを参照のこと。→ http://www.dnp.co.jp/shueitai/news/2016111803.html ●仕様 ○文字セット : Adobe-Japan1-3(Std/StdN) ○フォーマット : OpenTypeフォント ●販売方法 モリサワのフォント製品「MORISAWA PASSPORT」「MORISAWA PASSPORT ONE」「MORISAWA PASSPORT アカデミック版」、「MORISAWA Font Select Pack 1/3/5/PLUS」として販売するほか、モリサワのクラウドフォントサービス「TypeSquare」でも提供する。 ※詳細はこちらのウェブサイトを参照のこと。→ http://www.morisawa.co.jp/products/fonts/ 【秀英体について】 秀英体はDNPが明治時代から開発を続けているオリジナルの書体。優美でしなやかな線画を持ち、美しく読みやすい書体として多くの書籍や辞典に使われるなど、編集者やデザイナーだけでなく、読者からも親しまれてきた。DNPは2006年から、「秀英体」をよりオープンなデジタル環境で活用するためのリニューアル事業「平成の大改刻」に取り組み、2009年からはDTP(Desk Top Publishing)環境のほか、電子書籍ビューアーやワープロソフト等にライセンス提供するなど、その利用範囲を広げている。 ≫ニュース全文を読む

2017年08月23日
CCGA現代グラフィックアートセンターでは9月16日から12月23日まで「ジョセフ・アルバース&アニ・アルバース、二つの抽象:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展VOL.30」を開催する。 ジョセフ・アルバース(1888–1976)とアニ・アルバース(1899–1994)の夫妻は、いずれもドイツの造形学校バウハウスに学び、のちにアメリカに渡ってからはアーティストとして、そして教育者としての活動により、戦後の美術やデザインに大きな影響を与えた。  ジョセフ・アルバースはバウハウス卒業後に同校教授となったが、1933年にナチスによるバウハウス閉鎖を機にアメリカに亡命。ブラック・マウンテン・カレッジやイェール大学で教鞭をとるほか、色彩理論書『色彩構成』を著すなど、画家、教育者としてアメリカ美術の発展に大きく貢献した。色彩の相互作用と幾何学的形象による独自の絵画空間を追求した彼が、その実践として制作し続けた代表作〈正方形賛歌〉シリーズをはじめとする作品群は、のちの幾何学的抽象絵画やグラフィックデザインに強い影響を与えた。  アニ・アルバースはバウハウスでテキスタイルデザインを学んでいた学生時代、同校教授だったジョセフ・アルバースと結婚。1933年にジョセフとともにアメリカに亡命し、同じく美術教育にたずさわりながら織物作家として独創的な制作活動を行った。のちのオプ・アートにも通ずるような、幾何学的形態のリズミカルなパターンをあらわしたテキスタイルが高い評価を受け、彼女は従来工芸の分野とされていたテキスタイルデザインを、アートの一ジャンルに押し上げた先駆的存在となった。 アルバース夫妻の二人が、晩年の創作活動におけるおもな表現媒体として選んだのは版画だった。版画のシステマティックな制作過程と、それによって生み出されるハードエッジでフラットな色面やその繰り返しが、自らの作風を実現するのに最適と彼らが考えたであろうことは想像に難くない。これを支え、さらには新たな表現の可能性を二人に示したのが、マスター・プリンター、ケネス・タイラーとの共同制作だった。タイラーがプリンターとしてのキャリアをスタートさせたタマリンド・リトグラフィ工房で1963年に始まったアルバース夫妻との共同制作は、その後タイラーが興した2つの工房、ジェミナイG.E.L.とタイラーグラフィックスを通して続けられ、アメリカ現代版画史に残る名作の数々を生み出してきた。  同展はCCGA所蔵のタイラーグラフィックス・アーカイブコレクションの中から、ジョセフとアニのアルバース夫妻による晩年の版画作品を展示し、彼らが生涯を通じて追及した、色彩や形態の表現の到達点が見られる。  また同時開催として、戦後の日本のグラフィックデザインにおける幾何学的抽象表現を用いた作品の小展示を行い、この分野にアルバース夫妻が与えた影響を検証する。 ≫ニュース全文を読む

2017年08月21日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)印刷総合研究会は、2017年9月13日(水)にセミナー「デザインで情報を可視化する~インフォグラフィックスの動向」を開催する。 情報を可視化する手法であるインフォグラフィックスの需要が高まっている中、印刷物制作・デザインにおいてインフォグラフィックスはどんな効果があるのかを議論する。 メディアを横断するデザインを推進し、あいちトリエンナーレ2016公式デザイナーなどの実績がある永原康史氏が、インフォグラフィックスの歴史と最新動向を紹介する。 また経済産業省「ツタグラ(伝わるインフォグラフィックス)」などの実績を持ち、現在は新聞社のデザインコンサルタント、社会人向けのセミナー講師としても活躍する木村博之氏に、インフォグラフィックス制作の考え方と手法を伺う。 ■ 開催概要 期日:2017年9月13日(水) 14:00-16:50予定(受付開始:13:30より) 会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 参加費:一般15,120円(税込)、JAGAT会員10,800円(税込) JAGAT印刷総合研究会メンバー無料(研究会のプランにより参加可能人数が異なる) ※セミナー詳細はWebを参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/cm2017_infographics ■ セミナー内容・スケジュール(タイトル・内容は変更可能性がある) 【1】インフォグラフィックスの歴史と最新動向 多摩美術大学教授 永原康史氏 【2】インフォグラフィックス制作の考え方と手法 株式会社チューブグラフィックス 代表取締役 木村博之氏 【3】ディスカッション・質疑応答 ≫ニュース全文を読む

2017年08月21日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、後期印象派を代表する画家の一人である、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの《 夾竹桃(きょうちくとう) 》の高級複製画を、限定200 部のエディションで制作、販売を開始した。 パリから南仏アルルに移り住んだゴッホは、この地を「色彩の明るさの点で日本のように美しい」と評した。アルル時代にゴッホが描いた作品には圧倒的に風景画が多く、花の作品が少ないため、《 夾竹桃 》は貴重な作品となっている。 《 夾竹桃 》には、鮮やかなコントラストを成す丸みを帯びた赤い花とシャープな緑の葉、そして、ゴッホが「闇の中に光を射す本」として愛読したエミール・ゾラの小説『生きる喜び』が描かれている。南仏の明るい太陽の下で嬉々として制作に励むゴッホの“生きる喜び”に溢れた作品。 また、ゴッホは、弟テオへの手紙に「夾竹桃、ああ、それは愛を語り、ピュヴィ・ド・シャヴァンヌが描いた、海辺に女性たちがいるレスボス島のように美しい」と記した。ゴッホにとって夾竹桃は“愛”や“夢”に通じる花だった。 制作にあたり原画を所蔵するメトロポリタン美術館から正式に提供された画像を使い、ゴッホの烈しい筆遣いや豊かな色彩を、当社独自の技法「彩美版®」で再現した。 仕様体裁] 本体価格 115,000 円(税別) 限 定:200 部 画 寸:天地53.0cm×左右42.7cm 額 寸:天地66.0cm×左右55.7cm×厚み3.0cm 技 法:彩美版® シルクスクリーン手刷り 用 紙:キャンバス 重 量:約3.5kg 額 縁:木製金箔額(国産ハンドメイド)、アクリル付 監 修:千足伸行 (美術史家/成城大学名誉教授・ 広島県立美術館館長) 原画所蔵:メトロポリタン美術館 <資料> ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent VAN GOGH、1853~1890)1853 年 牧師の父のもと、オランダに生まれる。1869 年 国際的な画商グーピル商会に就職。1876 年 ロンドン近郊で伝道師見習いとなり、翌77年 臨時伝道師として活動。1880 年 画家を志しブリュッセルで美術学校に入学。1881 年 両親がいるエッテンに戻る。1886 年 パリに移住し、ピサロなど印象派画家と交流。1887 年 収集した浮世絵の展覧会を開催。「雨の大橋」制作。1888 年アルルへ移住、ゴーギャンと共同生活。「夾竹桃」「アルルの跳ね橋」「夜のカフェテラス」制作。1889 年 サン・レミの療養院へ入る。第5 回アンデパンダン展に「ローヌ河畔の星月夜」「アイリス」出品。1890 年 パリ近郊のオーヴェールに移住、7 月37 歳で逝去。 ≫ニュース全文を読む

2017年08月21日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2017年10月4日(木)から12月8日(金)まで「第20期 プリンティングコーディネータ養成講座」を開講する。 今回で20回目を迎える「プリンティングコーディネータ養成講座」はカリキュラムの大規模なリニューアルを行った。これまでは、オフセット中心のベーシックな印刷技術、品質管理、制作等のカリキュラムだったが、今回は幅広い表現、特殊印刷や加工技術の分野へシフトした。 原稿、版、印刷、紙、インキ+加工の「印刷の五大要素+one」の原点から印刷の強みを考え、想像力を掻き立たせる構成にした。オフセット印刷から領域を広げ、特色ある素材、特殊印刷、加工など幅広い印刷・加工の世界に出会い、コーディネイトする力を養成する。 同講座は、総合的な印刷サービスを展開するために必要不可欠なマーケティング感覚を養い、技術者とクリエイターを結び付け高い効果を生み出す人材育成を行う。目指すところは、技術者とクリエイターを上手く連携させて、顧客の意図とオーディエンスの欲求を満たす力を身に着けることだ。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2017年10月4日(水)~12月8日(木) 全9回(定員15名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●参加費:JAGAT会員:220,000円(税込) 一般:310,000円(税込) ※セミナー詳細はWebを参照のこと。https://www.jagat.or.jp/archives/37462 【タイトル】 「第20期 プリンティングコーディネータ養成講座」 【プログラム】(全9回) 1 ■価値を生む印刷手法と高付加価値ディレクション ■顧客に求められる印刷メディアのポイント 2 ■印刷の品質保証とブランドづくり 3 ■顧客ニーズを満たす印刷物の作り方1 ■クリエイターから見た効果的なデザイン表現 4 ■インキの基本知識とバリエーション<工場見学付> 5 ■UVインクジェット印刷と表現への挑戦 ■製本加工のディレクション<工場見学付> 6 ■印刷用紙の基礎知識とディレクション ■クリエイターの発想を活かした付加価値の高い製本と特殊加工 7 ■表面加工+スクリーン印刷の可能性<工場見学付> 8 ■伝える画像表現と撮影の現場 ■特殊印刷/加工企画のディレクション 9 ■顧客ニーズを満たす印刷物の作り方2 ≫ニュース全文を読む

2017年08月21日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、9 月7 日(木)から8 日(金)まで、東京国際フォーラムで開催される「宣伝会議プロモーションフォーラム2017」に出展し、会期中に講演を行う。 宣伝会議プロモーションフォーラム2017 は、「モノを売る、人を集めるための顧客体験と共感・瞬間を考える」をテーマに開催されるフォーラム。 同社は、「MY SHOPPING CONCIERGE(マイ・ショッピング・コンシェルジュ)」を紹介する。マイ・ショッピング・コンシェルジュは、タッチパネル型デジタルサイネージとスマートフォン用アプリが、顧客データベースやCMS(コンテンツマネジメントシステム)と連動することで、情報メディアとしてはもちろん、売り場や接客担当者の代わりとなってシームレスに進化する、“新しい顧客接点”。 また、会期中、「今から考えるべき5 年後の購買コア層獲得に必要な戦略」と題する講演を行う。5 年後の流通小売市場を支える“コア”となる「ミレニアル世代」の需要をいかに獲得するか、将来勝ち残るための戦略立案に必要なことを事例を交えて紹介する。 ■「宣伝会議プロモーションフォーラム2017」概要 https://www.pmforum.jp/ 会 期:2017 年9 月7 日(木)~8 日(金) 9:15~18:00 会 場:東京国際フォーラム ホールE2 同社ブース:22 主 催:株式会社宣伝会議 ■講演概要 日 時:9 月8 日(金)14:05~14:45 会 場:東京国際フォーラム ホールE2 C 会場 テ ー マ:「今から考えるべき5 年後の購買“コア”層獲得に必要な戦略」5 年後の流通小売市場を支えるコア層は、デジタルネイティブである「ミレニアル世代」。そこで、ミレニアル層のポテンシャルとペルソナを理解し、この層への戦略立案に必要な事を明らかにしていく。将来勝ち残るために取り組むべき施策や手法について、事例を交えて紹介する。 登 壇 者:共同印刷 上席執行役員 プロモーションメディア事業部長 前川俊夫 ★入場、講演ともに事前登録制。 ≫ニュース全文を読む

2017年08月18日
Share JP 「JP2018・ICTと印刷展」前期セミナー デジタル自動機能と人間の直観力2つの合わせ技で広がる「印刷ルネサンス Share JP」今秋スタート 日時:9月19日(火) [開始] 午後2時(受付は、1時半~)~4時50分                 午後5時から情報交流会スタート(7時終了) 場所:太閤園(迎賓館2階ゴールデンホール) 参加費:5,000円(講演会と情報交流会のセット価格になります) スケジュール 第1部 午後2時~午後2時50分     [テーマ] 多種多様な仕事を、複数の企業、複数の設備で効率生産の謎を解く。          オンデマンド時代の「経営理念の共有とデジタライズな見える化」にかける真意を明かす。         「見える化」の講師として活躍する松岡氏は、現在7社のグループ企業を統括し、ホールディング          企業として成長生を高めている。グループの営業内容はそれぞれ異なり、設備内容もまた違う。          この条件の中でどのように生産効率を上げ、利益を産み出すのか。製版、印刷ケーカーと協力して          ワークフローや生産管理システムの開発を行いデジタライズ化された「見える化」に先鞭をつける。          全社員との経営理念の共有と、管理会計による生産性と収益性の「見える化」に向けた管理技法を          どのように定着させたのだろうか     [講師]  株式会社アサプリホールディングス 社長:松岡 祐司 氏 第2部 午後3時~午後3時50分     [テーマ] マーケティングサービスとは何か。誰でも出来るのか。          可能にする根底条件と持続させる展開策は何処から生まれるのか。          優れた企画とデザイン・プロデュース力を武器とする東洋美術印刷は、これまでに街おこしなど多くの          チャレンジを実施してきている。独自の商品開発も並行させるマーケティング戦略は、連帳デジタル          インクジェット印刷機とデジタル対応製本ラインの導入に発展する。それは何故なのか。従来からの          パンフ、冊子に新なたアイデアを加え、お客様の印刷需要の喚起を図る考え方は、印刷営業の先手読み          ともいえる。その印刷需要創出への取り組みは何処からでてくるのか。     [講師]  東洋美術印刷株式会社 社長:山本 久喜 氏 第3部 午後4時~午後4時50分     [テーマ] クラビアの壁に挑む先達になぜなったのか。新たな技術への挑戦はなぜ。          軟包装フレキソ印刷が生み出す無公害フイルムパッケージの未来は。          従来グラビア業界が手掛けてきた軟包装印刷の分野に、オフセット印刷業者が水性フレキソで無公害の          軟包装印刷市場の開拓に挑戦する。手がけてから10年、誰も手を付けていなかった分野の先駆者として          多くの人員と経費、時間を注ぎ込み、現在4台のフレキソ印刷機を稼働させる。また各地の同じ志をもつ          オフセット企業が技術とマーケティング手法を自薦研究をしている。フレキソに踏み切った決断と長い          道のりの今後を語る     [講師]  株式会社金羊社 会長:浅野 健 氏 5時から情報交流会を開催 会場は迎賓館2階 エメラルドホール 申込先 ⇒  http://jp-ten.jp/annai/share_jp.pdf ≫ニュース全文を読む

2017年08月10日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、中国電力(広島県広島市、清水希茂社長)のWEB会員サービス「ぐっとずっと。クラブ」の会員向けアプリ「中国電力×Shufoo!アプリ」を共同で開発した。凸版印刷の運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」を活用した公共インフラ企業の契約者向けアプリが中国電力に採用され、2017年8月9日より提供開始された。  2016年4月に始まった電力小売自由化により、電力・エネルギー市場における競合他社との競争は2017年に入っても激化している。そのため電力会社をはじめとした公共インフラ企業は、契約者とのさらなる関係強化に向け、既存契約者の離脱防止や新規契約者の獲得を目的とした、利用価値・利便性の高いサービス提供を必要としている。  今回そのような市場背景のもと、公共インフラ企業の契約者向けアプリとして、凸版印刷は中国電力に対して、電子チラシサービス「Shufoo!」の情報配信システムとコンテンツを活用したWEB会員向けアプリを開発。中国電力の契約者に対して「中国電力×Shufoo!アプリ」を提供することで、会員向けコンテンツへのスムーズな誘導、チラシをはじめとする地域のお得な情報の提供、アプリ利用によるポイント取得の機能提供など、利便性の高いコンテンツや機能で契約者との関係強化を支援する。 ■「中国電力×Shufoo!アプリ」の特長 ①「ぐっとずっと。クラブ」会員は会員IDでログインすることで、アプリ上で電気料金などの照会や「エネルギアポイント」の確認・交換ができるWEBサイトへスムーズに遷移できる。 ②スーパーやドラッグストアなどのチラシをはじめとした「Shufoo!」の持つ習慣性の高い地域の買い物情報や自治体情報、地域のお店が発信するおトクな情報(「街のおトク掲示板」を毎日閲覧することができる。 ③アプリの利用を促進する施策として、「Shufoo!」のコンテンツを閲覧することで「エネルギアポイント」が抽選でもらえるキャンペーンを常時実施する。  凸版印刷は今後も、「Shufoo!」の情報配信システムとコンテンツを活用した公共インフラ企業の契約者向けアプリを、各社の目的に応じた形で広く提供していく。 ≫ニュース全文を読む

2017年08月10日
大日本印刷(DNP)は京都の文化資源の公開活動の一環として、2017年10月1日、京都市交響楽団とのコラボレーションイベント「『時の響』2017 ~1867年 日本と西洋の文化に出会う~」を京都コンサートホールで開催する。 【「時の響 」について】 DNPは、文化資源の保存と継承、公開という社会課題への取り組みとして、貴重な文化資源を高精細4K映像でアーカイブする「京都・文化遺産アーカイブプロジェクト」の活動や、「日本文化の“伝統と革新”の伝承」のかたちを紹介する「京都知新」シリーズなど、文化資源の公開事業を継続して行っている。 今回の「時の響」は、文化資源の公開活動の一つとして行うもので、1867年(慶応3年)の「大政奉還」から150年目の節目にあたる今年、「大政奉還150周年記念プロジェクト」の一環として開催する。 過去から現在、そして未来につながる京都の千年にわたる奥深さを体感できるイベントで、150年前の日本と西洋の文化の出会いについて、音楽と映像、和食で旅する新しい趣向のプログラム。 ※「時の響」の詳細はこちら→ https://kyo-asobi.kyoto/tokinohibiki2017/index.html 【京都市交響楽団コラボレーションイベント「時の響2017」の概要】 大政奉還が行われ、時代の大きな転換点となった1867年、ヨーロッパでは日本が初めて参加したパリ万国博覧会が開催された。浮世絵などの日本の出展作品はヨーロッパで大きな反響を呼び、その6年後の1873年ウィーン万国博覧会と併せて、「ジャポニスム」は一大ブームを巻き起こした。 今回のプログラムでは、日本と西洋の文化が出会ったその歴史を、京都市交響楽団による演奏と、元離宮二条城の高精細4K映像の上映、京都の料理人による和食の饗宴(限定事前予約制)でお楽しみいただける、今までにない新しい文化体験イベント。 ■見どころ: 1. 京都市交響楽団による演奏 パリ万国博覧会やウィーン万国博覧会の時代に活躍したビゼーやJ.シュトラウス?などの作曲家の作品を中心に演奏する。 2. 元離宮二条城の高精細4K映像の上映 大政奉還の舞台となった元離宮二条城の高精細4K映像を140インチスクリーンで上映する。映像はDNPも参画している京都・文化遺産アーカイブプロジェクトで収録した作品。 3. 有名京料理店による特別おつまみ弁当 この日、ここでしか食せない和食の饗宴。和食文化の中心を担ってきた京都の料理人による特別おつまみ弁当(限定事前予約販売)を提供する。 ■開催日時:2017年10月1日(日) 11:30~17:00 ■開催場所:京都コンサートホール ■料金:第1部:3,000円 第2部:3,000円 第1部&第2部通し券:5,000円 特別おつまみ弁当引換券:3,000円 ■主催:「時の響」実行委員会(大日本印刷(株)・(公財)京都市音楽芸術文化振興財団・(株)エフエム東京・(株)エフエム京都・(株)リーフ・パブリケーションズ) ■後援:京都府・京都市・(株)レーベルゲート ■協力:(株)毎日放送 ■「時の響」プログラム 11:30~ 展示・上映、販売 (2Fホワイエにて17:00まで) 11:45~ 日本酒に合う<和>おつまみ弁当 下鴨福助 安念尚志 13:00~ 第一部演奏:フランスプログラム 13:45~ 白ワインに合う<フランス>おつまみ弁当 井傳 井山和彦 15:00~ 第二部演奏:ウィーンプログラム 15:45~ スパークリングワインに合う<ウィーン>おつまみ弁当 美濃吉 佐竹洋治 17:00   閉場             【今後について】  DNPは、京都・文化遺産アーカイブプロジェクトでデジタルアーカイブの構築に継続して取り組むなど、文化の保存と継承、公開に関わる活動を推進している。今回の取り組みをはじめとし、今後も生活者が文化を学び、体感できるような文化事業を展開していく。 ≫ニュース全文を読む

2017年08月09日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は、平成29年6月19日開催の第45回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規4工場と更新14工場、合わせて18工場を認定した。その結果、現在活動中のGP認定工場は全373工場となった。 第45回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。 ▽〈オフセット〉共栄メディア SPセンター・プリントセンター(東京都新宿区、全日本印刷工業組合連合会) ▽〈オフセット〉マクビーカタガイ(東京都新宿区、全日本印刷工業組合連合会) ▽〈オフセット〉勝美印刷 立石工場(東京都葛飾区、日本グラフィックサービス工業会) ▽〈オフセット〉鈴木製本 草加工場(埼玉県草加市、全日本製本工業組合連合会) ≫ニュース全文を読む

  • 企業ニュース
  • 業界ニュース
  • 営業ニュース
  • 技術ニュース
  • 印刷用語集

    印刷用語検索