最新ニュース

2017年02月24日
リョービMHIグラフィックテクノロジーは6月14日付で、広川勝士氏(現・取締役開発本部長)が代表取締役社長に就任すると発表した。同日開催予定の定時株主総会において取締役の承認が行われ、同日の取締役会で担当範囲の決議をもって正式決定となる。なお、代表取締役社長の一政譲氏は退任する。 6月14日付、新役員は次のとおり。敬称略。 ▽取締役会長(留任)=浦上彰〈取締役会長〉 ▽代表取締役社長=広川勝士〈取締役開発本部長〉 ▽取締役副社長(兼)営業本部長=片山継治〈取締役営業本部長〉 ▽取締役管理本部長(留任)=筆谷清隆〈取締役管理本部長〉 ▽取締役製造本部長(兼)品質保証部長=松島哲〈製造本部長(兼)品質保証部長〉 ≫ニュース全文を読む

2017年02月24日
大日本印刷(DNP)が発行した「DNPグループCSR報告書2016」及び「DNPグループ環境報告書2016」が、環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する「第20回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門で、3年連続となる優良賞(第20回環境コミュニケーション大賞審査委員長)を受賞した。 「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポート、テレビ環境CMを表彰することにより、事業者等の環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とした表彰制度。 【評価のポイント】 1 2030年までのCO2削減目標を設定し、主要海外拠点を含めグループ企業全体でScope3の取組により削減しており、気候変動など環境分野に取り組む国際NGOであるCDPから最高評価であるAリストに2年連続選定されている点、さらに水使用量についても2020年までの2010年度比25%削減のマネジメント目標を海外拠点含めて設定し、取組を進めている点など、優れた取組がよく書かれている。 2 DNPの経営方針、事業内容からCSRの重点項目を整理して実行し、環境報告書を別途まとめており、内容も目標、取組、数値、トピックスを交えて大変わかりやすく編集している。 DNPは、今後も持続可能な社会の実現に貢献するべく、環境や社会に関する取り組みを進めていくとともに、情報開示の質を向上させていく。 ≫ニュース全文を読む

2017年02月24日
大日本印刷(DNP)は、旅行者をはじめ、街歩きを楽しむ多くの人々に向けて、地元ならではの目線で厳選した“よりみち”スポット情報を提供するスマートフォン用アプリ「DNP旅の“よりみち”アプリ YORIP(ヨリップ)*1」を提供している。 *1 「DNP旅の“よりみち”アプリYORIP」URL  http://www.dnp.co.jp/dmc/yorip/ 今回、新たに墨田区内循環バスを利用しながら街歩きを楽しむ4つのコースと、100の“よりみち”スポット情報を「YORIP」で2月25日より配信する。 【墨田区内循環バスの利用促進に向けた取り組み】 墨田区内循環バスは3つのルートがあり、300円の1日乗車券で自由に乗り降りができる。今回、この循環バスを利用して、“知る人ぞ知る”名所や、地元で人気のお店などを巡るコースの情報を「YORIP」で配信する。 墨田区では2016年11月にすみだ北斎美術館が開館し、人気の高い浮世絵師の作品を楽しむことができるスポットとして人気を集めている。また観光客にも人気の高いスカイツリーや江戸東京博物館などの有名なスポットだけではなく、地元の方だけが知るディープなスポット、モノづくりの街ならではの産業や文化に関するコレクションが揃う「小さな博物館」の数々、地元で代々続く老舗の飲食店など多くの魅力のスポットがある。そこで今回、墨田区内循環バスを使ったバス旅を楽しめる4つのコースと停留所近くにある100のよりみちスポット情報を発信することで、さまざまなスタイルでの地域活性化を推進していく。 ≫ニュース全文を読む

2017年02月24日
公益社団法人東京グラフィックサービス工業会(東京グラフィックス、菅野潔会長)主催、一般社団法人日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ、中村耀会長)共済による「認定個人情報保護団体セミナー」が2月23日、中央区・スペーシー馬喰町バイタリティセミナールームで開催され、プライバシーマーク付与企業や付与希望企業をはじめ個人情報保護に関心を持つ会員企業70名が参加した。同セミナーでは、10余年ぶりに今春5月に全面改訂・施行される個人情報保護法の解説と個人情報保護ガイドライン及び安全管理等を学んだ。  セミナーに先立ち、野田晃司東京グラフィックス副会長・個人情報保護委員長が「今日のセミナーを機会に、正しい知識と行動してほしい」と主催者挨拶をした。  次いで、清水良二氏(弁護士・ジャグラプライバシーマーク審査会長)が法改正の要点を解説した。  現在、個人情報保護法の適用除外とされている小規模事業者(保有する個人情報が5,000人以下の企業)も、法改正により平成29年5月30日からは個人情報保護法の対象となる。  個人情報保護法の5つの基本チエック項目は次のとおり。 ①個人情報を取得する時は、何に使うか目的を決めて、本人に伝える。 ②取得した個人情報は決めた目的以外のことには使わない。 ③取得した個人情報は安全に管理する。 ④個人情報を他人に渡す際は、本人の同意を得る。 ⑤本人からの「個人情報の開示請求」には応じる。  さらに、個人情報保護法改正に伴い、国は新法に対するガイドラインを定め、法の解釈や参考とすべき事例を示している。個人情報の保護に関する法律についてのガイドラインは「通則編」、「外国にある第三者への提供編」、「第三者提供時の確認記録義務編」、「匿名加工情報編」の4編が公表されている。今回の法改正は、全ての事業者が対象となるため、「プライバシーマーク」付与の有無と関係なく対応する義務が生じる。  引き続き、斎藤成氏(ジャグラ・プライバシーマーク審査センター業務室長、東京グラフィクス専務理事、JIPDECプライバシーマーク主任審査員)が『平成29年度 法改正対応 印刷業界の個人情報保護ガイドブック 第5版』を元に、新ガイドライン、安全管理処置、サイバーセキュリティ対策、マイナンバーの取り扱いについて説明した。  『平成29年度 法改正対応 印刷業界の個人情報保護ガイドブック 第5版』は国のガイドラインの紹介や印刷会社にとって注意すべき項目を公に発表された文書を元に編纂されている。頒布価格は1,700円(消費税・発送料を含む)。 会員企業70名が参加し、個人情報保護法を学ぶ ≫ニュース全文を読む

2017年02月24日
大日本印刷(DNP)は、個人番号カード(マイナンバーカード)を活用した各種申請業務の効率化などに向けて、マイナンバーカードに記録された基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)と顔写真データを、正確かつ迅速に読み取るソフトウエア(ミドルウエア)を開発した。 2016年1月に交付が始まったマイナンバーカードを利用して、自宅のパソコンなどで行政機関からのお知らせ情報や、子育てワンストップ*などの行政サービスを利用できるマイナポータルが本年7月から本格的に稼動する。また、マイナンバーカードで公共図書館の貸し出しが行えたり、地域の商店街でポイントカードとしての利用、さらに各種サービスの申請業務での利用など、様々な場面でマイナンバーカードの活用が期待されている。 しかし、マイナンバーカードのICチップには高度なセキュリティが施されており、その情報を読み取るには、ICカード関連の技術仕様やカードリーダーの通信仕様などの理解が必要だ。DNPは今回、セキュリティ性を確保しながら、ICカードやカードリーダーの仕様を意識することなく、マイナンバーカードに記録されている基本4情報と顔写真を正確に読み取れるミドルウエアを開発した。 *公共団体における子育て関連の申請等手続について、マイナンバーカードを用いてオンラインで一括して手続きが行えるサービス 【同製品の特長】 同製品は、マイナンバーカードをカードリーダーにかざすことで、ICチップに記録されている基本4情報と顔写真を読み取り、その情報を申請業務などのアプリケーションに反映できるミドルウエア。マイナンバーカードの券面に記載されている生年月日、有効期限、セキュリティコードを入力することで、本ミドルウエアを利用できる。 主な特長は以下の通り。 ・ 同ミドルウエアを利用することで、基本4情報を申請業務アプリケーションに正確に反映できるため、手入力による作業負荷や誤入力を軽減できる。 ・ 銀行口座の開設や会員情報の登録などの業務アプリケーションに、本ミドルウエアに内蔵されている簡易コマンドを組み込むだけで作業が済むため、アプリケーションの改修コストを大幅に削減できる。 ・ パソコン、スマートフォン、タブレット端末、専用の業務端末など、様々なデバイスで利用可能。 ・ USB、Bluetoothインターフェイスのカードリーダーに対応している。 【利用事例】 DNPは、2016年9月に銀行の店舗で生活者自らが口座開設からICキャッシュカードの発行まで行える専用端末「本人確認機能付きカード発行機」のプロトタイプを開発した。 同端末での申請手続きの際、マイナンバーカードの情報を読み取るが、その中で同ミドルウエアを活用する予定。 【今後の展開】 DNPは、金融機関や流通業界、自治体を中心に、各種申請業務などのシステムに同ミドルウエアを組み込んだ形で提供し、関連システムと合わせて2018年度に10億円の売上を目指す。 なお、3月7日(火)~10日(金)に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN2017」のDNPブースで同ミドルウエアを利用したアプリケーションを紹介する。 ≫ニュース全文を読む

2017年02月24日
BookLive(東京都港区、淡野 正社長)は、国内最大規模の総合電子書籍ストア「BookLive!」を展開している。 このたび、BookLiveはアプリックス出版ホールディングスが保有するアプリックスIPパブリッシング(AIPP、東京都新宿区、長橋 賢吾社長)および、フレックスコミックス(FC、東京都新宿区、長橋 賢吾社長)の発行済株式の全てを取得し、子会社化する。 これにより、電子書籍ストア「BookLive!」でオリジナルのコミック作品を提供する自社コンテンツ事業の拡大を図る。 FCは、『ブレイクブレイド』や『恋愛暴君』などの人気コミック作品を刊行し、無料マンガサイト『COMICメテオ』、『COMICポラリス』を運営している。 今回の子会社化により、FCの持つ人気コミック作品がBookLive!で提供可能となるとともに、FCの編集部門と協力し、新たな自社オリジナル・コミック作品の創出を進める。 さらに運営するサイトの相互送客による集客、販売強化も行い、それぞれの強みを活かしたサービスの向上を図る。 ■株式取得について ・クロージング予定日:2017年3月31日 ■今後の目標 BookLiveは、本株式取得を通してストア事業に次ぐ事業として自社コンテンツ事業を強化し、会員数500万人を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2017年02月23日
環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する「第20回環境コミュニケーション大賞※」において、「共同印刷グループ CSR報告書2016」が環境報告書部門の「優良賞」(第20回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)を受賞した。  同社は、CSRの基本方針である企業行動憲章のひとつに「環境に配慮する企業」を掲げている。今後も環境に配慮した事業活動を推進して持続可能な社会の構築に向け主体的に行動するとともに、「CSR報告書」を通じて情報の開示に努めていく。 ※環境コミュニケーション大賞:優れた環境報告書や環境活動レポートなどを表彰することにより、事業者などの環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度 ≫ニュース全文を読む

2017年02月23日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、小倉遊亀画伯「初夏の花」の高級美術複製画を限定200 部のエディションで制作、販売を開始した。 小倉遊亀は余白を「沓(よう)として漂う無限の空間」と語り、その表現に特別なこだわりを持つ画家だった。 「初夏の花」においても、天に向かい真っ直ぐ枝葉を伸ばすミツバツツジと、ゴツゴツとした果皮が飄々とした味わいを醸し出す三宝柑が置かれたテーブルを、胡粉ベースの絵具を何度もかさねたプラチナ箔が優しく包み込み、深淵な世界を表現している。 作品の中心に据えられた、モダンな縞模様が目を惹く花器は、ガラスを芸術にまで高めた岩田久利が1940 年代に宙吹き(からふき)で制作した。ガラスの躍動感と重厚感が華麗に表現され、質感描写に定評のある遊亀の真価が余すところなく発揮されている。 艶やかな桃色が鮮やかな満開のミツバツツジ、三宝柑のみずみずしい黄色が、彩りに満ちた初夏の訪れを伝える、軽やかで明るさに溢れた一枚だ。 [仕様体裁] 本体価格 190,000 円(税別) 技 法 :彩美版シルクスクリーン手刷り、プラチナ泥使用 限 定 :200 部(額装) 画 寸 :天地45.5cm×左右38.4cm 額 寸 :天地65.6cm×左右58.5cm 額 縁 :特注木製額純銀箔仕上げ、アクリル付、交織つむぎマット 重 量 :約3.7kg 監 修 :有限会社 鉄樹 原画所蔵:名都美術館(愛知県長久手市) ※「彩美版」は共同印刷の登録商標。 小倉遊亀(おぐらゆき 1895~2000) 1895 年、滋賀県大津市に誕生。奈良女子高等師範学校(現・奈良女子大学)を卒業後、教鞭をとるかたわら、日本美術院の同人である安田靫彦画伯に師事。以後、院展を中心に活躍し、1932 年に女性として初めて日本美術院同人に推挙される。1936 年、教職を辞して画業に専念。1976 年に日本芸術院会員となり、1980 年に文化勲章を受章。1990 年、日本美術院理事長に就任。鮮やかな色彩と力強い造形の作品で知られ、2000年に亡くなるまで、日本画壇を代表する画家として活躍した。 ※同社が独自に開発したセキュリティシールを証明書に貼付している。スマートフォンなどでフラッシュをたいて撮影すると、作品が共同印刷(KP)の発行する真正な複製画であることが判定できる。 ≫ニュース全文を読む

2017年02月23日
BookLive(東京都港区、淡野 正社長)は、総合電子書籍ストア「BookLive!」会員に向けて実施した、「理想の新入社員だと思うキャラクターアンケート」の結果を2017年2月23日に発表した。 【調査概要】 調査時期:2017年2月7日~2月12日 調査方法:BookLive!会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答 回答者数:262名 特集ページ: 理想の新入社員だと思うキャラクター大発表 URL: https://booklive.jp/feature/index/id/sosenkyo201702 ■求めるモノは基礎となる「仕事に対する姿勢」に加えて、素直、一生懸命、チームワーク。 理想の新入社員だと思うキャラクターについて、BookLive!会員に聞いたところ、仕事に対する姿勢に好感が持てる体育会系女子、黒沢心(重版出来!/小学館)が第1位に輝いた。理由としては、「一生懸命取り組むだけでなく、吸収できる素直さ」、「大勢で一つの仕事を成しているのだという自覚」など、仕事に対する姿勢を高く評価する声が、多くのユーザーから票を集めた。 ランキング内のキャラクター達を見ると、能力の高さよりも、基礎となる「仕事に対する姿勢」に加え、素直さ、協調性やコミュニケーション力など、人間的魅力を新入社員に求めている傾向が見られる。 また、あなたの会社でびっくりした新入社員エピソードはあるか聞いたところ、4割近くがあると答えた。さらに、具体的なエピソードを聞いたところ、ビジネスマナーの不足やジェネレーションギャップによるエピソードが多く集まった。 ■その他新入社員エピソード ・真面目にメモ取っているかと思ったら、「引き継ぎ用の資料作っているんです」と、辞める気満々だった ・話しかけると皮肉を含んだ応えをする速さが半端ない。ある意味で頭の回転の速い奴! ・初日に「お腹すきました、食べ物ください」と言われ、あっけにとられてつい飴玉あげてしまいました ・出張に彼女を連れてきた ・初対面で「私、アホは嫌いです」と言われた ≪同じ職場の先輩として、新卒社員に求めるものは何ですか?≫ 同じ職場の先輩として、新卒社員に求めているものについてもアンケートを行ったところ、一番投票数が多かった「素直さ」は、理想の新入社員ランキングでも同様に多くのユーザーが求めているものだった。 ≫ニュース全文を読む

2017年02月23日
  凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」において、講談社(東京都文京区、野間省伸社長)が「創業110周年記念企画」として販売するパートワーク『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』(2017年4月4日創刊)で完成する家庭用二足歩行コミュニケーション・ロボット「ATOM」に、小売流通企業のチラシ情報を提供。完成した「ATOM」が毎日の買い物のお得情報を教えてくれる。 手塚治虫生誕90周年記念企画として、友だちになれる家庭用二足歩行コミュニケーション・ロボット「ATOM」を組み立てるパートワーク『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』が2017年4月4日に創刊される(全70号)。毎号ついてくるパーツを組み立てていき、日本を代表する世界的なロボットキャラクター『鉄腕アトム』をモデリングした「ATOM」を完成させていく。  最新鋭のAIにより、話しかけるほど会話力が成長し、頭部のカメラで人を見分けることもできる。  また、エンターテインメント機能も満載。胸に搭載したタッチパネルディスプレイで絵本やYouTubeの動画を楽しめるほか、「鉄腕アトム」のアニメやコミックスもスマホやタブレットと連携させて楽しめる。  詳細はhttp://atom2020.jp まで。 ■「ATOM」へのコンテンツ提供について  「Shufoo!」はコミュニケーション・ロボット「ATOM」と買い物コンテンツを連携し、「ATOM」が近所のスーパーなど特定業種のお得情報を毎日教えてくれる。実際のチラシを閲覧する場合はスマートフォンに情報を送信することができる。  今後はチラシなどの買い物情報だけでなく、自治体の地域情報など生活に必要なコンテンツを幅広く提供し、情報提供の場を拡大していく。 『Shufoo!』では今後増えることが想定される様々な家庭用ロボットに向けて、買い物情報を中心としたコンテンツを提供できるようにサービスの開発に取り組んでいく。 【参考】 『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』 《発売日》 2017年4月4日(火)創刊~最終70号 2018年9月11日発売 《販売価格》 全70巻 創刊号\830、通常号\1,843 高価格号\2,306~9,250 本体\184,474 (いずれも税別) 《創刊号特別付録》 ①創刊スペシャルDVD(63年版、80年版、03年版アニメの初回収録、オリジナルコンセプトムービー+機能紹介ムービーほか)、②ATOM原寸大・透視設計図、③特製ビスケース ※パートワークの定期購読予約と組み立て代行(限定1,000体予定、\212,900(税別))の先行予約を、公式サイト「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」 < http://atom2020.jp > で2月22日から開始する。 ≫ニュース全文を読む

  • 企業ニュース
  • 業界ニュース
  • 営業ニュース
  • 技術ニュース
  • 印刷用語集

    印刷用語検索