最新ニュース

2020年01月29日
 セイコーエプソン(長野県諏訪市 碓井稔社長、以下エプソン)は、大容量インクタ ンク搭載インクジェットプリンターなどを使用したプリントに関する新しいサブスクリプション型サービス『ReadyPrint』を提供する。まずはオランダで2月上旬よりサービスを開始し、欧州各国へ広 げ、2020年度には先進国を中心にグローバル展開を目指す。  欧州では、大容量インクタンク搭載インクジェットプリンターを対象に、お客がプリンター本体を購入・所有することなく、ご自身の印刷ニーズにあった最適なプランを選択できるサービスを提供する。初期導入コストを低減し、月の印刷量に応じて6種類の料金プランを用意。最も低額なプランはモノクロ印刷300枚まで月で約7ユーロ(約840円※)、また最大の無制限カラー印刷プランでも約15 ユーロ(約1,800円※)とし、さらにお客の変化するニーズに合わせて、月ごとにプランを変更できる。インク残量が少なくなるとインクボトルが自動配送され、インク切れを心配せずにプリントできるようになる。また、契約期間中は、プリンター故障に対する保証も付いており、お客が安心し て、快適にプリントできる環境を提供していく。このようにサブスクリプションによるお客への サービスによって、市場の多様化するニーズを捉え、利便性とお客満足度の向上を図り続け、数年後 には、欧州における対象機種売上の3割程度までの拡大を見込んでいる。  なお、あわせてインクカートリッジモデルについても、本体をご購入いただいたお客に対して、インクカートリッジを自動配送するサブスクリプション型サービス【月の印刷量に応じた3種類の料金プラン、最も低額なプランは月で約2ユーロ(約240円※)】を開始する。  エプソンは独自のインクジェット技術とさまざまなサービスにより、お客の印刷ニーズに合わせて 気兼ねなく利用できる環境を提供していく。 ※1ユーロ:120円で換算(2020年1月28日時点) ≫ニュース全文を読む

2020年01月29日
  東北地区印刷協議会(青森、岩手、秋田、山形、福島、宮城県印刷工業組合)SOPTECとうほく2020実行委員会主催、宮城県印刷工業組合主管の「SOPTECとうほく2020」が7月2日・3日、仙台卸商センター産業見本市会館「サンフェスタ」で開催される。今回のテーマは「印刷・製本業を核とした 次の新規事業の可能性を探る」で、(1)展示ゾーンのほか、(2)出展者企画ソリューションセミナー、(3)主催者企画ソリューションセミナーの協賛、(4)SOPTEC見どころツアーが予定。現在、出展者を募集している。申込み締め切りは5月13日。なお、展示ゾーンならびにソリューションセミナーの時間割については、5月下旬開催予定の「出展者説明会」で各社に通知する。 ≫ニュース全文を読む

2020年01月28日
 セイコーエプソン(長野県諏訪市、碓井 稔社長)の子会社である秋田 エプソン(秋田県湯沢市、遠藤 正敏社長)と国立大学法人秋田大学大学院 医学系研究科(秋田県秋田市、医学系研究科長・医学部長:尾野 恭一氏)、国立大学法人秋田大学医学部 附属病院(秋田県秋田市、病院長:南谷 佳弘氏)、秋田県産業技術センター(秋田県秋田市、赤上 陽一所長)の4者は、このたび「世界初の技術「電界撹拌」を用いたがん迅速診断支援装置の開発」の取り組 みで、「第 8 回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞」を受賞し、1 月 27 日、表彰式が東京都内のホテ ルにて開催された。  ものづくり日本大賞は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた 「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人 材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっ ている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰する制度だ。経済産業省、国土交通省、 厚生労働省、文部科学省の4省が連携し、平成17年の創設後、隔年で開催されている。  近年、日本人の死亡原因のトップであるがんの治療に必須とされる病理診断だが、詳細ながんの鑑別 を行うには時間がかかるという課題があった。この課題解決のために、世界発の「電界撹拌」技術*1 を採用し、病理診断に使用される「免疫染色法」*2の染色工程にかかる時間を2時間超から20分に劇的 に短縮することを実現した。同技術により手術中に免疫染色の結果が活用でき、治療方法の最適化が 可能となる。再手術の必要性も減り、患者と医師の負担が大幅に低減でき、医療費削減効果も期待さ れている。 *1:電界撹拌技術:電場を用いて微少量の液滴を非接触で撹拌する技術。 *2:免疫染色法 :抗体を用いて組織内の抗原を可視化する方法。抗原と抗体の特異的な反応を利用して抗原の局在を 顕微鏡下で観察する。  今回の受賞は、秋田県産業技術センターが開発した「電界撹拌」技術をコア技術とし、秋田大学と秋田 エプソンという「秋田の産官学連携」で開発が進められ、がんの手術中病理判断を可能にする電界撹拌染 色装置「ヒスト・テック®R-IHC®」*3の開発・製品化、病理診断などの諸活動が認められたもの。 なお、「ヒスト・テック®R-IHC®」は、サクラファインテックジャパン株式会社(代表取締役社長兼CEO: 石塚 悟)を通じて、2014年から国内販売されている。 *3:「ヒスト・テック®」は、サクラファインテックジャパンの登録商標。 「R-IHC®」は秋田エプソンの登録商標。 今回の受賞内容は、下記のとおり(敬称略)。 ■経済産業大臣賞 製品・技術開発部門 受賞案件名:「世界初の技術『電界撹拌』を用いたがん迅速診断支援装置の開発」 ■受賞者/所属団体 鈴木 洋一 (すずき よういち) 秋田エプソン 佐藤 正 (さとう ただし) 秋田エプソン 榎本 純也 (えのもと じゅんや) 秋田エプソン 南谷 佳弘 (みなみや よしひろ) 国立大学法人秋田大学大学院医学系研究科 南條 博 (なんじょう ひろし) 国立大学法人秋田大学医学部附属病院 赤上 陽一 (あかがみ よういち) 秋田県産業技術センター 中村 竜太 (なかむら りゅうた) 秋田県産業技術センター ≫ニュース全文を読む

2020年01月27日
 東京都印刷工業組合板橋支部(吉田豊支部長)は1月25日、板橋区立文化会館で令和2年新年会を開催し、支部会員、関連企業、来賓など52名が参加した。  吉田支部長は昨年の用紙、原材料値上げなどにふれると共に、「元号が平成から令和になり、少しは上昇するかと思ったが、期待したほどではなかった。このような状況の中でも、過去の売り上げの最高収益になった会社が板橋支部にいた。うちも前年度より少し上がったという支部員が2社あった。新年挨拶周りである支部員の会社は1月6日から本刷りで回っていた。仕方がないと考えてしまう自分が恥ずかしかった。それと同時に、板橋支部の方々をとても誇りに思っている」と述べた。  さらに、「2年前、私が支部長を拝命した時、『温故知新』をスローガンに、旧知の仲間、新しい仲間でにぎやかになってきた。昨年の新年会では『がむしゃら』で邁進していくと述べたが、初めて総会を箱根において宿泊込みで開催した。今年は『愚公移山(ぐこういざん)』という言葉で進めていく。これは、中国の故事に基づく言葉で、愚公という老人が家の前にある山が通行の邪魔になると少しずつ隣に移していった。どんなに困難なことがあっても、粘り強く努力していくことで、やがては成就する。今年は特に情報発信を強化し、激動する印刷業界に対応していく体制づくりをしていく」と抱負を語った。  次いで、来賓の長谷川吉信板橋区産業戦略担当課長が「板橋区では、産業戦略会議において4年前に印刷部会を立ち上げた。昨年は絵本のプロジェクトを開催し、今年度も第2弾が予定で、引き続き協力していく」と述べた。  引き続き、元山芳行板橋区議会議長の祝辞に続き、虎谷浩司東印工組練馬支部長は「練馬区は人口が増えて74万人に迫る。印刷産業の工業にとってやりにくい土地柄だ。力を合わせ、元気のいい産業に継続や政策だけでは印刷産業は成り立たない。板橋に最終的な生産をお願いする機会が増えていくと思う」と述べた。  この後、来賓紹介、関連企業紹介に続き、懇親会に入り、かいべとも子公明党幹事長の発声で乾杯した。歓談の途中で、新加入組合員のいたばし印刷とプリントハウスが紹介され、 青竹会によるビンゴゲームが行われた。 吉田支部長  新加入組合員紹介  左から、プリントハウス、いたばし印刷  この他、コンパスが加入(当日は欠席) ≫ニュース全文を読む

2020年01月27日
 キヤノンマーケティングジャパン(坂田正弘社長)は、2 月 5 日(水) から 7 日(金)まで、池袋サンシャインティ コンベンションセンターTOKYO で開催される 「page2020」に「デジタルが切り拓く印刷の未来」をテーマに出展する。  page 展は、1988 年開催以来、2020 年で 33 回目を迎える、印刷メディアビジネスの総合イベ ントだ。 キヤノンブースでは、 「自動化」×「見える化」をキーワードに、キヤノンのワークフローシス テムを核とした印刷 MIS、後加工機との連携による自動化ソリューションを紹介する。  「imagePRESS C10000VP」とホリゾンの「ロボットシステム連動無線綴じ製本ライン」が連携 し人とロボットが共存する生産ラインや、封筒フィーダーと「imagePRESS C910/C660 シリー ズ」をインライン接続する封筒の大量印刷デモなどを実演する。  その他、連帳やフォト、ワイドフォーマットを含め、キヤノンが展開するトータルソリューシ ョンの最新情報を届ける。 <キヤノン イベント紹介ページ> https://canon.jp/event/exhibition/page2020/index.html <おもな出展製品> ・imagePRESS C10000VP ・Colorado 1650 ・imagePRESS C910/C660シリーズ ・varioPRINT 140 ・imagePROGRAF PRO-4000 ・Production Print Flow Manager ほか <開催概要> 開催日時:2020年2月5日(水)~7 日(金)10:00~17:00 会 場:池袋サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYO 展示ホール B / C / D(キヤノンブース ホール C C-3) 入 場 料:1000円(ウェブ事前登録で入場無料) 主 催:公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT) ホームページ :http://www.page.jagat.or.jp/ ≫ニュース全文を読む

2020年01月27日
セイコーエプソン(長野県諏訪市、碓井稔社長)は、このたび、会員型コワーキング スペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』において、未来のオフィス空間づくりに 向けたプロジェクトに参画する。 ■『point 0 marunouchi』について 『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム「CRESNECT」*1の第1 弾プロジェ クトである「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペース。 多種多様な企業が参画し、実際に人が働くオフィス空間を活用して、オフィスでの動線や仕事中の姿勢、 室内の温湿度や内装のデザイン、照明・音・香り、アルコールも含めた飲食など、さまざまな要素が働く 人に及ぼす効率性や創造性、健康への影響を収集・分析する。実際にワークスペースの利用者のフィー ドバック情報も活用し、効果を検証しながら空間コンテンツの高度化を図ります。またこれらの空間コン テンツを通じて、働く人の快適性やウェルネスが重要な評価ポイントとなるオフィス空間の認証制度 「WELL Building Standard」のコワーキングスペースでの国内初の獲得も目指す。 *1:協創プラットフォーム「CRESNECT」:ダイキン工業が提唱する空調機をはじめとした機器、各種センサー から得られるさまざまなデータや、各パートナー企業が持つデータやノウハウを蓄積し、活用しながら、空間にまつ わる新たな価値やサービスを創出していくための協創型プラットフォーム。 エプソンは、身近なオフィス改革から持続可能な社会の実現を目指す取り組みのひとつとして当社製 品、サービスの強みを生かした「環境配慮型オフィス」を推進している。今後、各参画企業との協創に よりさらにその取り組みを発展させ、より豊かなオフィス空間づくりを目指す。 『point 0 marunouchi』において異なる分野・領域の企業の皆と協創することで、幅広い異業種 間でのオープンイノベーションを活性化させ、新しい市場価値を創出する取り組みを進めていく。 【参考】コワーキングスペース『point 0 marunouchi』:https://www.point0.work ≫ニュース全文を読む

2020年01月27日
凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、スイッチひとつで透明と不透明を瞬時に変更できる調光フィルム「LC MAGIC(エルシー マジック)」を2016年6月より提供している。  このたび、JR東日本リテールネット(東京都新宿区、高橋 眞社長)が運営するコンビニエンスストア「NewDays」東戸塚店のイートインスペースにおいて、「LC MAGIC」を活用し、プライバシー確保による集客効果の検証を目的とした実証実験を実施する。 「NewDays」東戸塚店に設置された調光フィルム「LC MAGIC」 「NewDays」東戸塚店に設置された調光フィルム「LC MAGIC」  昨今コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの流通業界において、高まる「中食」需要や、普及が進む「働き方改革」による働き方の多様化を受け、集客力向上を目的にイートインスペースの設置を考える店舗が増えている。  このたび、凸版印刷は調光フィルム「LC MAGIC」を「NewDays」のイートインスペースで試験的に活用。利用者が透明/不透明を切り替えられることによる、利用状況の変化を調査します。本実証の結果を踏まえ「LC MAGIC」を、既に提供しているオフィスやインテリア業界のみならず、コンビニエンスストアや飲食店をはじめとした流通・サービス業界への利用拡大を目指す。 ■ 実証実験の概要 目的 調光フィルム「LC MAGIC」を活用した、プライバシー確保による集客効果の検証 実施期間 2020年1月24日~3月24日(予定) 実施内容 イートインスペースの窓ガラスに調光フィルム「LC MAGIC」を設置し、利用者が自由に透明/不透明を切り替えられるようにすることで、利用状況の変化を調査 場所 「NewDays」東戸塚店 イートインスペース ■ 流通・サービス業界における「LC MAGIC」の利用例 ・イートインスペースやカフェ、路面店などにおけるプライバシー確保  窓際の席や、隣の席へのプライバシー確保のために「LC MAGIC」を活用することで、利用シーンに合わせて透明/不透明を利用者が簡単に切り替えることが可能。 ・店舗のカーテンとしての活用で業務負荷低減  ロールカーテンやブラインドを使用している窓に「LC MAGIC」を使用することで、開店/閉店時や日よけのための開閉作業を、ボタン一つで瞬時に行うことが可能です。また、窓ガラスへ貼り付ける形での設置になるため、大きな工事は不要で、簡単に設置、メンテナンスを行うことができる。 ・窓やガラスパーテーションに広告サイネージが可能  「LC MAGIC」を不透明にすると、プロジェクタースクリーンとして映像投射することが可能です。通常時は透明な窓やパーテーションを瞬時に広告サイネージスクリーンに切り替えることができる。 ■ 「LC MAGIC」の特長 ・通電すると透明になる「ノーマルモード」に加え、通電時に不透明な「リバースモード」をラインアップ  「LC MAGIC リバースモード」は透明状態で電気を使用しないため、透明での使用時間が長い場所での活用に適しています。また、停電時は透明になるため、万一の際に視界を確保することが可能。 ・容易にガラスへの後貼り施工が可能  「LC MAGIC」は、フィルム厚が非常に薄いため、ガラスへの後貼り施工が簡単に可能。 ・自由な形状へ簡単に加工が可能  「LC MAGIC」はカット可能なフィルムであるため、丸型や変型など自由な形状にカットすることが可能。窓の寸法や形状を選ばない。 ≫ニュース全文を読む

2020年01月27日
大日本印刷(DNP)は、DNPクリエイター共創サービス『FUN’S PROJECT(ファンズプロジェクト)』の活動の一環として、1月31日(金)~2月3日(月)の4日間、DNPプラザ(東京・市谷)にてBlockPunk社および、サーチフィールド社と共同で、ブロックチェーン技術を活用したスマートグッズの展示・販売会を開催する。 ■スマートグッズについて サーチフィールド社が提供するクリエイターのプラットフォーム「Gikutas(ギクタス)」に所属するイラストレーターが、スポーツをテーマに描き下ろしたイラストを使用し、高精細複製画『スマートアートプリント』、アパレル商品『Production FC シャツ』の2つのブランドで商品化した。『スマートアートプリント』にはNFCチップが、『Production FC シャツ』にはQRコードが搭載されており、これらをスキャンすることで、ブロックチェーン上に保存された「デジタル証明書」を確認できる。この証明書には、イラストレーターや作品の詳細、商品の所有者履歴、現所有者等の情報が記録されており、商品が正規品であることを証明します。商品は、DNPがオンデマンドプリントで製造*する。 DNP のプリンティングディレクターが、制作者の監修のもと、原画を忠実に再現する。商品はBlockPunk社の運営するECサイト(https://blockpunk.net/jp/marketplace)にて購入可能。 *『Production FC シャツ』は国内販売分のみを DNP で製造。 展示会について 展示会では、本企画で販売するグッズを実際に見て触ることができる。DNPの高精彩出力技術により生み出される『スマートアートプリント』の魅力とともに、実際に「デジタル証明書」を確認することで、BlockPunk社が開発したブロックチェーン技術を体験することもできる。来場者から抽選で10名様に、『スマートアートプリント』を無料プレゼントする企画も用意している。 展示会の概要 〇展示会名:"Inspired by Sports" アート・スマートグッズ展示会  presented by Gikutas and BlockPunk 〇会期:2020年1月31日(金)~2020年2月3日(月) 〇開催時間:AM 11:00~20:00(展示最終入場 19:30)※1月31日は15:00~20:00 〇入場料 :無料 〇会場:DNPプラザ2Fイベントスペース 東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNPプラザ2F http://plaza.dnp/ ■FUN‘S PROJECTについて 「DNPクリエイター共創サービス FUN'S PROJECT」は、コンテンツ文化の発展とクリエイティブ業界への貢献を目的にDNPが提供するクリエイター共創サービスの総称です。以下の3つのサービスを運営している。 ①FUN'S PROJECT COLLEGE (https://college.funs-project.com/) イラストやマンガ、アニメーションなど、コンテンツの作り方をオンラインで学習できる。 ②FUN'S PROJECT MARKET (https://market.funs-project.com/) さまざまなグラフィックと多彩なグッズを組み合わせて、自分だけのオリジナルグッズが作れる。 ③FUN'S PROJECT CHANNEL (https://funs-project.com/) クリエイターを目指す人とコンテンツファンのための情報を発信している。 ≫ニュース全文を読む

2020年01月24日
リンテック(東京都板橋区、西尾弘之社長)は、2016年に子会社化した機能性フィルムメーカーのVDI社(米国・ケンタッキー州)が持つ、金属薄膜層の形成技術を活用したハーフ蒸着タイプのラベル素材を開発。金属調でありながら光を透過するため、透明感を生かしたデザインが可能なラベル素材として、1月29日から国内外で販売を開始する。なお、同製品は1月29日から31日まで東京ビッグサイトで開催される「新機能性材料展2020」に出展する(同社ブース:西3ホール 3W-K09)。 各種表示ラベルなどに使用することで さまざまな商品の高級感を演出 透明容器に貼った際、ラベル越しに中身を確認することが可能 (左:新製品、右:従来の蒸着ラベル素材) 米国子会社のVDI社は、真空中で金属を加熱・蒸発させることによりフィルムの表面に薄膜を形成する蒸着技術を駆使して、さまざまな特殊機能性フィルムの製造・販売を行っている。当社はこの技術を活用し、従来の蒸着ラベル素材にはない新たな意匠性を実現するハーフ蒸着タイプのラベル素材を開発。1月29日から国内外で販売を開始する。 金属調でありながら光を透過するため、透明感を生かしたラベルのデザインが可能。透明の容器などに貼った際、ラベル越しに中身を確認することも可能で、デザインの幅を広げる。 今回発売する特殊蒸着ラベル素材は、ラベルの表面基材の厚みが36㎛と薄いため、汎用品(50㎛)に比べて石油資源の使用量削減に貢献する。また、粘着剤は溶剤を使用しない環境配慮型の新規エマルションタイプを採用している。 高級感を演出しつつ、環境配慮のニーズに応える高付加価値ラベル素材として、日用品や化粧品をはじめとする各種商品の表示ラベルやPOP・アイキャッチラベル用途などに使える。同社は今後も、海外子会社が持つ技術を活用したユニークな製品の開発・提案に注力していく考え。 特徴 •金属調でありながら透明感を生かしたデザインが可能なハーフ蒸着タイプのラベル素材。透明の容器などに貼った際、ラベル越しに中身を確認することも可能で、デザインの幅を広げる。 •ラベルの表面基材の厚みが36㎛と薄いため、汎用品(50㎛)に比べて石油資源の使用量削減に貢献する。粘着剤は溶剤を使用しない環境配慮型の新規エマルションタイプを採用している。 •高級感を演出しつつ、環境配慮のニーズに応える高付加価値ラベル素材として、日用品や化粧品をはじめとする各種商品の表示ラベルやPOP・アイキャッチラベル用途などに使える。 ≫ニュース全文を読む

2020年01月24日
 東京都印刷工業組合千代田支部(岩岡正哲支部長)は1月23日、千代田区丸の内・東京會舘で「令和2年新年懇親会」を開催し、支部員、PS会員、関連業界など112名が参加した。また、東印工組Aブロックの京橋支部、港支部、文京支部、城南支部の支部長や災害時における支援協力に関する協定を結んでいる西原透愛媛県印刷工業組合理事長も参加した。  岩岡支部長は「『夢を語り未来を拓く伝統と革新の千代田支部』をスローガンに日々活動している。夢について、スポーツを例に皆様と共にしたい。昨年、ラグビーワールドカップがあり、日本代表はベスト8まで進出したのは偶然ではなく必然である。同じように、私はラグビースクールのお手伝いをしているが、先々週の日曜日、中学生の選手権で1位になり、中学3年のキャプテンが“私たちは優勝を目指し練習し、達成できたことは嬉しい”と話したことにびっくりした」と述べた。  さらに、「閉塞感がある印刷業界だが、我々ができる思いとお客さまとの関係、我々が持つ技術は大変誇りだ。新年、箱根駅伝でわかうど(若人)が真摯に走っていく姿に胸を打たれた。区間新は厳しい練習と厚底シューズだが、このシューズは宇宙工学を利用したものだと聞く。シューズを使いこなし、前に出る技術により区間賞を獲得した。IOTだと言われるが、原点は実際に顔を合わせて、思いを話して未来を切り開いていく」と抱負を語った。 次いで来賓の持田訓小森コーポレーション社長と竹尾稠竹尾社長が祝辞を述べた。  この後、支部顧問の下谷隆之氏の発声で乾杯し、歓談に入った。歓談の途中で、チェリストの安藤葉月さん&ヴァイオリン奏者の門倉茜さんによるニューイヤーコンサートが行われたほか、毎年恒例のビンゴ・ゲームが行われた。  岩岡支部長  チェリストの安藤葉月さん&ヴァイオリン奏者の門倉茜さん  が生演奏を披露   ≫ニュース全文を読む

  • 企業ニュース
  • 業界ニュース
  • 営業ニュース
  • 技術ニュース
  • 印刷用語集

    印刷用語検索