最新ニュース

2021年01月15日
 凸版印刷株式会社(東京都千代田区、麿 秀晴社長、以下 凸版印刷)は、将来にわたってあらゆる生命が存続できる持続可能な社会の実現に向け、地球環境課題への長期的な取り組み方針を定めた「トッパングループ環境ビジョン2050」(以下 同ビジョン)を策定した。  また同ビジョン策定に合わせ、当社のSDGs全社活動マテリアリティ「環境配慮・持続可能な生産」のKPI(Key Performance Indicators)を見直し、「トッパングループ2030年度中長期環境目標」として新たな数値目標を設定した。  凸版印刷は、1992年に環境保全活動の基本理念として「凸版印刷地球環境宣言」を定め、2009年4月にはこの宣言をグループ全体の活動の基本理念「トッパングループ地球環境宣言」へと改め、より積極的に環境保全に配慮した企業活動を進めてきた。  また2019年11月には「TOPPAN SDGs STATEMENT」を策定・公表し、SDGsの経営への統合と取り組み強化を宣言。その中で、凸版印刷がSDGsの取り組みを通じて実現したい社会を「ふれあい豊かでサステナブルなくらし」とし、事業基盤を支える「全社活動マテリアリティ」と事業通じて取り組むべき「事業活動マテリアリティ」それぞれにおいて、環境課題に積極的に取組んでいくことを表明している。  同ビジョンは、近年ますます深刻化する気候変動や海洋プラスチック問題などの環境課題への長期的・継続的な取り組みに向けて、SDGs全社活動マテリアリティ「環境配慮・持続可能な生産」における2050年に向けた長期的な目標を明確にしたもの。  また同ビジョンに基づいたバックキャスト方式の検討により、全社活動マテリアリティ「環境配慮・持続可能な生産」のKPIである「トッパングループ2030年度中長期環境目標」の見直しも実施している。「脱炭素社会への貢献」において従来から設定されていた温室効果ガス排出Scope1+2削減目標を上方修正するとともに、「資源循環型社会への貢献」「水の最適利用」それぞれについては新たに2030年度目標を設定している。  なお凸版印刷は、SDGsに事業活動として取り組む事業活動マテリアリティについて、さらに具体的な目標に落とした「TOPPAN Business Action for SDGs」を2020年11月に発表しており、今後この事業活動マテリアリティにおける「サステナブルな地球環境」の数値目標も公表予定。  凸版印刷は今後、本ビジョンで示した環境課題への取り組み方針に沿った活動を強化していくと共に随時進捗報告を行い、ステークホルダーの皆さまと共に「ふれあい豊かでサステナブルなくらし」の実現に向けたチャレンジを進めていく。 ≫ニュース全文を読む

2021年01月14日
東洋インキグループでは、1月20日(水)~1月22日(金)に東京ビックサイトで開催される「第35回 ネプコン ジャパン -エレクトロニクス 開発・実装展」に出展する。 今回、東洋インキグループは、「5G社会に貢献するの新素材・技術」をテーマに以下製品・技術を出展する。 【出展製品】 5G対応の製品技術:「低反射・漆黒BLACK、高反射白、IRパス(スマホ、LCD、カメラ周辺向け)」 自動車関連技術 :「パワーデバイス向け熱伝導シート」 プリンタブルエレクトロニクス :導電性ペースト 外装加飾:次世代機能性加飾フィルム用部材 日時 : 1月20日(水)~1月22日(金) 10:00~18:00(最終日17:00) 場所 : 東京ビックサイト 当社展示ブース :西ホール4F W22-29 ※ 入場には公式サイトでの事前エントリーを利用のこと。 エントリー : https://www.nepconjapan.jp/ 同時開催のオンライン展示会にも出展する。 エントリーした方は、下記製品の商談がオンライン上で開催期間中に可能になる。 【主なオンライン展示予定製品】 ・「低反射・漆黒BLACK、高反射白、IRパス(スマホ、LCD、カメラ周辺向け) ・「高速伝送用電磁波シールドフィルム」 ・「5G対応 高周波シールドフィルム、伝送ロスを低減する低誘電接着シート」 ・「導電性ペースト」 ・「エレクトロニクス用 UV接着剤」 ・「抗菌・消臭・抗ウイルス保護シート」 ・「金属密着 高機能塗料」 ≫ニュース全文を読む

2021年01月14日
 エプソンは、プリンターやプロジェクター、スキャナーなど全 46 機種を対象としたキャンペーン 『ワークスタイル応援フェア』を 2021 年 1 月 14 日(木)から実施する。  『ワークスタイル応援フェア-新しい働き方を幅広い商品でサポート-』は、昨年から大きく変化したオ フィス環境やさまざまな業種・職種での働き方に合わせて、「オフィス」や「在宅ワーク」でのコスト削 減・業務効率化・快適な環境構築などをテーマに、おすすめ商品を取り揃えた。   オフィスと変わらない快適さで業務効率を図りたい在宅ワーク環境の構築や、コロナ感染拡大防止策を講じることでスペースが限られてしまった流通・小売業や、医療現場での作業環境改善など、年度末に向けて商品の買い替えや新規購入を検討中のお客に、求めやすい価格と特典セットを準備することで、多様化する新しい働き方を支援するキャンペーンとなっている。詳細は、下記キャンペーンサイト、及び関連ページを確認のこと。 ■ワークスタイル応援フェア キャンペーンサイト: www.epson.jp/products/woen/ ■キャンペーン実施期間 受付期間 2021 年 1 月 14 日(木)~ 2021 年3月 30 日(火) *対象商品の販売期間:2021 年 1 月 21 日(木)~ 2021 年3月 31 日(水)納品分まで。 ■キャンペーン対象商品 *対象商品の詳細につきましては、キャンペーンサイトをご覧ください。 ビジネスインクジェットプリンター13 機種、エコタンク搭載モデル 3 機種、ページプリンター4機種、 スキャナー9 機種、プロジェクター3 機種、パソコン1機種、モニター1 機種、ドットインパクトプリン ター3 機種、ディスク デュプリケーター2 機種、大判インクジェットプリンター5 機種、業務用フォトプ リンター1 機種、カラーラベルプリンター1 機種(計 46機種) ≫ニュース全文を読む

2021年01月14日
 株式会社リコー(山下 良則社長)は、リコーグループの技術をきっかけに、協業パートナーとの共創による新しい事業の創出を目指すコラボレーションスペース「RICOH Collaboration Hub(リコー コラボレーション ハブ)」(神奈川県海老名市扇町5-7 RICOH Future House 内)を本日よりVR*1 上でもオープンする。株式会社Synamon(読み:シナモン、本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒、以下Synamon)が開発するVR コラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」を活用することで、遠隔からの訪問 者に対してアバターを用いてリコーの技術紹介やミーティングなどが可能になるなど、協業パートナーとの共創をVR 上で行えるようになる。 *1: VR(バーチャルリアリティー)とは、現実ではない世界をコンピューター上などで再現し、人間の視覚、聴覚、触覚といった感覚を刺激し、あたかも現実かのように体感、活用する概念や技術を指している。教育や医療、建築現場での活用が特に期待されている次世代の技術。  「RICOH Collaboration Hub」は、リコーグループで研究開発中の具体的なテーマや開発試作品などを常設展示している。技術の強みや可能性を協業パートナーと共有し、お互いの技術と知恵の融合から、新しい事業アイデアを共に創り出していくことを目指している。昨今のコロナ禍で、共創施設や技術展示スペースの有効活用が難しくなっている状況に対応し、「RICOH Collaboration Hub」をVR 上で再現することで、実際の施設に足を運ばずともコラボレーションが可能となる。  Synamon は、リコーが新規事業の創出に向けた取り組みとして、スタートアップ企業や社内外の起業家の成長を支援して事業共創を目指すアクセラレータープログラム「TRIBUS 2020」の採択企業。VR コラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」はVR 技術の活用によってリアルを超える対話を生み出すビジネス向けのVR コラボレーションサービスだ。VR 空間を複数人で共有するという新たな体験が人々の創造性を刺激し、ブレストやディスカッションといった現代のビジネスシーンに必要不可欠なインタラクティブなコミュニケーションを活性化するもの。  リコーは、価値創造に向けた基本的な考え方の一つにオープンイノベーションによる新たな価値の創出を掲げている。Synamon との協業により、社会の変化に対応したニューノーマルにおける働き方変革の実践として、VR などの新しいコミュニケーション手法を積極的に活用し、パートナーにとって魅力ある企業であり続ける。 ■「RICOH Collaboration Hub」に関する問い合わせや詳しい情報については「RICOH CollaborationHub」ウェブサイトをご覧ください。 https://jp.ricoh.com/ricohfuturehouse/collaboration/ 「RICOH CollaborationHub」をVR空間上で再現 ≫ニュース全文を読む

2021年01月13日
 株式会社SCREENグラフィックソリューションズ(以下、SCREEN GA)はこのほど、自社製品のカタログ生産を、ロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HDシリーズ」を活用したジャスト・イン・タイム方式に切り替え、カタログ発行時の環境負荷低減と、お客へのタイムリーな情報提供を推進する。これにより、商業印刷市場におけるデジタル印刷の活用を促進していくとともに、企業価値のさらなる向上を目指す。  近年、サステナビリティーや働き方の多様化が求められる中、人と環境に優しいデジタル印刷機器は、SDGsの実現に合致する新たな印刷生産方式として注目されている。  一方で、生産性やコストなどの面から、商業印刷分野でのデジタル印刷の活用は限定的なものにとどまっており、現在でもオフセット印刷が生産方式の主流となっている。そのため、商業印刷分野においてデジタル化が進むためには、高い品質と生産性を兼ね備えたロール式高速インクジェット印刷機の活用が不可欠となる。  こうした業界の動向を背景にSCREEN GAは、株式会社廣済堂(以下、廣済堂)と共同企画し、従来はオフセット印刷で生産していた自社の50種類以上の日本語版製品カタログ全てを、「Truepress Jet520HDシリーズ」で生産するシステムを構築。高画質なコート紙カタログという同媒体のクオリティーを維持しながら、印刷工程の省電力化や、製版工程で生じる中間材の削減により、カタログ生産時のCO2排出量の大幅な抑制を実現した。  また、イニシャルコストの高いオフセット印刷では、単価を下げるために必要以上の部数を発注する傾向があり、同社においても年間数万部に及ぶ旧版カタログの廃棄が発生していた。今後は、必要なものを、必要なときに、必要な分だけ生産するジャスト・イン・タイム方式への移行により、「作り過ぎ」を抑制し、印刷物の廃棄量を削減する。  さらに今回開始する新たな運用では、カタログの倉庫保管を廃止。各カタログを小ロットで定期生産することで、在庫レスを実現し、常に最新情報が記載された美しい印刷物をお客さまにお届けできるようになる。各印刷物 の必要部数などは、ロール式インクジェット印刷機の用紙1ロール分の生産量を上限に、毎回自由に配分できる他、複数拠点(最終利用者)への分納に対応することで、ワンストップの印刷サービスとしても展開している。  同社は今後も、印刷物・印刷業の新たな価値創造に挑戦し、当社のスローガンである「Creating a Future inPrint(印刷の未来を創造する)」の実現を目指し、印刷業界に貢献していく。 ■ 株式会社廣済堂 情報ソリューション事業部 ソリューション営業本部 ソリューション開発部 営業企画課佐々木 徹郎氏のコメント 多くの企業から、カタログの在庫過多、頻繁な改訂の難しさ、発注業務負荷などのお悩みを伺います。それらの課題解決を図るために、常に最新のカタログを少量でも毎回定額で提供できるデジタル印刷生産モデルを、SCREEN GA様と共同開発しました。この共同開発の過程の中で、当社が長年印刷会社として大事にしてきた印刷品質へのこだわりとSCREEN GA様のノウハウを掛け合わせ、「Truepress Jet520HDシリーズ」の実力を最大限に引き出し、美しい高彩色表現を実現させることにも成功しております。今後はこのデジタル印刷生産モデルにて、単なる印刷受託ではなく、オンラインとオフラインが融合していく中での紙媒体によるブランド価値向上や環境配慮、業務負荷軽減の提案を行いながらSDGsの実現に貢献していきます。 ≫ニュース全文を読む

2021年01月13日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)では、DTPエキスパート認証試験の試験範囲を示す『DTPエキスパートカリキュラム改訂第14版』を公開した。 ■カリキュラム冊子版は2021年1月13日より無料配布開始  『DTPエキスパートカリキュラム』は、DTP制作環境や関連技術の進化、またビジネスの変化を踏まえ、2年に一度改訂を行っている。1994年のDTPエキスパート認証制度創設時に初版を発行して以来、13回の改訂を重ね、この度改訂第14版を公開した。DTPエキスパート認証制度への取り組み推進に向けて、カリキュラム冊子版を2021年1月13日(水)より無料にて配布を開始する。  DTPエキスパート認証制度は、2020年3月に大幅な制度改定を行い、学科試験による「DTPエキスパート」認証、学科および実技試験による「DTPエキスパート・マイスター」認証という2種類の認証方式となりました。印刷総合知識を蓄え新たな印刷ビジネスを創造する「DTPエキスパート」と、印刷物製作のスペシャリストとしてプロフェッショナル性を備える「DTPエキスパート・マイスター」という人材像を想定している。 これらを踏まえ、カリキュラム第14版では、印刷物製作におけるマーケティング視点とデザイン・レイアウト力を重視し、「コミュニケーション」カテゴリを再編している。 ■『DTPエキスパートカリキュラム』ウェブ請求フォーム 下記より申し込むこと。4冊まで無料で送付する。 https://www.jagat.or.jp/cat5/reference_materials ■次回DTPエキスパート認証試験実施要項 開催日 2021年3月14日(日) 開催地 東京・大阪・名古屋・福岡 および指定講座会場 対象 DTPに関心のある方ならその資格、経験は問わない 試験形式 ・筆記試験:マークシート方式、範囲は『DTPエキスパートカリキュラム第14版』 ・実技試験:専用ウェブサイトから実技試験要項および必要素材をダウンロードし、要項に従って提出期限内に「制作コンセプト書」と「印刷入稿用誌面データ」を提出 受験料(税込) ・DTPエキスパート・マイスター:21,000円 ・DTPエキスパート:15,000円 ・アップグレード:9,000円 申請受付 2020年1月13日(水)~2月12日(金) ウェブ上にて受付 ※会場や申請期間は変更になる場合がある。詳しくは下記ウェブサイトにて確認のこと。 https://www.jagat.or.jp/expert ≫ニュース全文を読む

2021年01月13日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)では、2021年2月3日(水)から5日(金)に開催を予定していたpage2021リアル展示会を、去る1月7日夕刻に発出された政府の緊急事態宣言を受けて、やむなく中止することとなった。昨年末までは新型コロナウイルス感染症対策を十分に施し、開催に向けての準備を進めていたが、この度の緊急事態宣言の趣旨に沿って、新型コロナウイルス感染症の抑制に弊会としても協力する。  なお、「page2021オンライン」は2021年2月8日(月)から2月28日(日)まで開催するので、今回はそちらに注力して、第34回目となるpage展(page2021)を成功させたいと考えている。リアル展示会で予定していたミニセミナーなども、オンラインで配信する。詳細につきましては、page2021の公式サイトで順次公表していく。新型コロナの不安なしに、page2021を十分にご活用いただきたいと同時に、オンラインならではのコンテンツも用意していきたいと計画している。 ■中止対象となる催事 2021年2月3日(水)から5日(金)にサンシャインシティ文化会館2F~4Fで開催予定であった page2021リアル展示会 ※①基調講演「リセット・ザ・フューチャー」(2月3日 10:10~)、②JAGATプレゼンツミニセミナー(2月3日~5日)、③スポンサープレゼンツミニセミナー(2月3日~5日)につきましては、オンラインでの開催に移行する。 ■page2021オンライン展示会・カンファレンス オンラインでの開催を予定していた展示会・カンファレンスにつきましては、事前告知のとおり、2月8日(月)から28日(日)に開催する。詳細は公式サイト(https://page.jagat.or.jp/)を参照のこと ※コンテンツの視聴などについては、事前登録などが必要となる。 ※コンテンツの配信日時や題目・登壇者などにつきましては、順次ウェブサイトに掲載していく。 ≫ニュース全文を読む

2021年01月12日
 株式会社リコー(山下良則社長)は、ジェルジェットプリンターの新製品「RICOH SG5200/5200 フロント手差しモデル」を 2021 年1 月15 日に発売する。  RICOH SG 5200 は、コンパクトながら耐久枚数45 万ページの高耐久で、設置スペースが限られた環境で大量に印刷する必要があるお客にも安心して使える。薄紙から厚紙まで幅広い用紙厚に対応し、調剤薬局で使われる頓服薬などの薬袋への印刷も可能。  また、前身機同様にフロント手差しモデルを用意した。給紙トレイの開閉をすることなく、手前から用紙を挿入できるので、さまざまな用紙サイズを利用する調剤薬局などにおいて、用紙の入れ替えの手間を低減し、業務効率向上に貢献する。  調剤薬局をはじめ、店舗・バックヤードを持つさまざまな業種業務のお客への導入を促進していく。 <新製品 RICOH SG 5200/5200 フロント手差しモデル の主な特徴> 1.高速&高耐久で出力業務をサポート ・ 連続プリント速度(A4・カラー・モノクロ)30枚/分*1と、高い生産性を実現する。 ・ ファーストプリント速度も2.6秒*1と高速で、1枚ものの出力が多い場合も、待たせない。 ・ 耐久枚数は45万ページ*2または5年のいずれか早い方で、印刷枚数が多いお客でも安心して使える。 *1 リコーオリジナルチャートの場合。 *2 気温18~28℃、湿度40~60%(非結露)の条件下 2.薬袋や特殊用紙*3なども通紙可能な高い用紙対応力 ・ 通紙可能な用紙厚は、本体標準トレイで60~163g/㎡、オプションのマルチ手差しトレイで60~256g/㎡と、薄紙から厚紙まで幅広く対応する。 ・ 用紙サイズは、A6縦送り、B6縦送りに標準で対応。調剤薬局で使われる頓服薬などの薬袋印刷も可能。 *3 対応用紙の詳細については、販売担当者に確認ください。 3.多段給紙により、さまざまな用紙のセットが可能 ・ オプションとして増設トレイを用意。標準トレイと合わせ最大4段まで増設することができる。さらに、オプションのマルチ手差しフィーダーを組み合わせることで、さまざまなサイズや種類の用紙を一度にセットする多段給紙が可能となり、用紙の入れ替えの手間を大幅に低減する。 4.便利な機能で使いやすさを実現 ・ 操作パネルには、机の下などの薄暗い場所でも見やすく、漢字表示が可能なバックライト付き4 行LCD を採用している。 ・ 消耗品の交換を前面から行えるフロントオペレーション設計と本体上面に物を置けるフラット設計で、 設置した後の使いやすさにもこだわった。 ・ 無線LAN を標準で搭載しており、無線LAN 環境でもオプションを必要とせず、すぐに使える。 ・ Wi-Fi Directに標準対応。店舗などで、モバイル機器から印刷したい場合に便利。 ・ Android搭載のモバイル機器からさまざまなメーカーやブランドのプリンターへの印刷を可能にする 規格「Mopria」に対応。幅広い印刷手段に対応することで、お客の多様な働き方をサポートする。 RICOH SG 5200 ≫ニュース全文を読む

2021年01月12日
  株式会社 日本HP(東京都江東区、岡 隆史社長)は、紙の専門商社、株式会社竹尾(東京都千代田区、竹尾 稠社長、以下「竹尾」)が製品企画した、高級印刷用の特殊紙「ヴァンヌーボ」の新シリーズ、ヴァンヌーボDigitalの「ヴァンヌーボLT-FS」がHP Indigoデジタル印刷用用紙として認証を取得した。用紙は、ダイオーペーパープロダクツが製造し、中国、韓国と台湾を含むアジア地域でも販売される予定。  竹尾は、1899年の創業以来、質の高いファインペーパー(特殊印刷用紙)を研究、開発、提供している。このたび、1994年に誕生し、豊かな風合いをもつ高級印刷用の特殊紙としてデザイン業界で高い認知度を持つ「ヴァンヌーボ」シリーズに、デジタル印刷対応の「ヴァンヌーボLT-FS」を加えました。「ヴァンヌーボLT-FS」は、HP Indigoデジタル印刷向けに必要な機能を備え、ヴァンヌーボならではのラフ感と、オフセット印刷に近いグロス感を極めて高いレベルで実現し、デジタル印刷においてもより創造的で高度な要望に応えることができる。超高品質な写真集やフォトアプリケーションはもちろん、高付加価値な商業印刷アプリケーションに最適な素材だ。「ヴァンヌーボLT-FS」を使うことで、従来の「ヴァンヌーボ」シリーズ用紙をHP Indigoデジタル印刷機で使用する際に必要だった、用紙にコーティングをする前工程を削減できる。  「ヴァンヌーボLT-FS」は、シンガポールのHP Indigo Advanced Testing Laboratoryでテストを実施し、認証された。150ミクロン、122.1 グラム/平方メートルのマット加工されたファインペーパー「ヴァンヌーボLT-FS」は、マルチショットモードでテストされ、HP Indigo 10000/12000/15kデジタル印刷機、およびHP Indigo 7000/7000r/7500/7600/7800/7900/7eco/7rデジタル印刷用用紙として認定された。150ミクロンで122.1 グラム/平方メートルから280ミクロンで226.8 グラム/平方メートルの「ヴァンヌーボLT-FS」が、HP Indigoデジタル印刷機で使用できる。「ヴァンヌーボLT-FS」は環境に配慮した用紙であり、FSC認証を受けている。 ≫ニュース全文を読む

2021年01月12日
 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ、坂田正弘社長)は、新型コロナウイルス感染症から医療従事者を守り、感染拡大防止を支援する“ 医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ” を2021年1月中旬より提供する。世界で新型コロナウイルス感染症の拡大が依然として続く中、日本国内においても第3波が発生、コロナ感染拡大防止対策はこれまで以上にその重要性を増している。特に医療機関においてはコロナ感染症患者の受け入れの急増に伴い、医療従事者のコロナ感染リスクがより一層高まるなど、状況は逼迫している。このため、医療従事者を守るとともに、院内クラスターの発生や医療崩壊を食い止める環境整備は急務となっている。  キヤノンMJ は、これまでコロナ禍におけるニューノーマルなオフィスの密回避や、非接触の遠隔業務支援などのソリューションを提供してきた。そしてこの度、コロナ禍における病院や診療所などの医療機関において、ネットワークカメラの映像を活用し医療従事者の安心安全を守り、感染拡大防止を支援する“ 医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ” の提供を開始を、2021年1月中旬より提供する。 濃厚接触者早期特定イメージ ■ パッケージの主な特長および機能 1. 感染病棟・病床遠隔モニタリングパッケージ 病棟・病床でコロナ感染症患者の容態と、バイタルモニターなど医療機器の状態を映像で遠隔モニタリングを行い、コロナ感染症患者と医療従事者の接触を最小限とすることで、医療従事者の感染リスクを軽減する。主に中大規模病院や仮設病床向けのパッケージとして、常設タイプと可搬タイプがある。 2. 待合室混雑状況配信パッケージ 来院患者向けにリアルタイムで診療所の受付や待合室の混雑状況を映像配信することで、密回避を促すとともに安心して来院できる環境を提供する。主に小規模病院や診療所向けのパッケージだ。 3. 濃厚接触者早期特定パッケージ 院内でコロナ感染症患者が確認された場合、病棟内の複数カメラ映像からコロナ感染症患者をスピーディに抽出することで、濃厚接触者の早期特定を可能にする。更なるコロナ感染拡大の防止を支援する主に大規模病院向けのパッケージだ。 ≫ニュース全文を読む

  • 企業ニュース
  • 業界ニュース
  • 営業ニュース
  • 技術ニュース
  • 印刷用語集

    印刷用語検索