印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
4000件中 1~10件を表示

2018年05月21日
 埼玉県印刷工業組合(岩渕均理事長)は5月18日、熊谷市・マロウドイン熊谷で平成30年度通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で岩渕理事長が留任した。  岩渕理事長は、「今年度も昨年度に引き続き、教育研修に力を入れ、社員をレベルアップし、会社を強くしていく」と強調し、「本日の講演とともに、第二に、昨年度から実施している『クロスメディアエキスパート検定』、『印刷営業士検定』を引き続き実施するとともに、今年度から『新入社員等若手社員向けセミナー』を実施する」と述べた。同セミナーは、講師を組合員の経営者及び管理者にお願いする埼玉工組全くの手作りセミナーだ。  そして、第三として、『ものづくり補助金』の獲得作戦だ。メーカーあるいは資材機材供給業者から適切な設備を供給してもらうと同時にこの補助金を利用することが効率的。今年の新年会では4社の関連業者にミニ講演会を開催したが、今年度も開催し、『ものづくり補助金』を獲得していく。  さらに、『経営革新計画』。同理事長は「我々の業界は印刷物が縮小し難しい。イノベーションと経営革新計画を念頭に今年度を進めていきたい」と抱負を語った。  総会では、平成29年度事業報告と同収支決算及び平成30年度事業計画と同収支予算等、原案どおり承認された。 岩渕均理事長  新役員は次のとおり(敬称略)。 ▽理事長=岩渕均 ▽副理事長=城戸紀夫、惠勇人、新保信義(新)、新道行 ▽専務理事=大谷純一 ▽常務理事=望月諭、高橋徹、大川正行 ▽理事=浅野貴之、金森正臣、井坂功、櫻井豊喜、丸山靖雄、市川博也、飯田一義、飯田勇(新) ▽監事=佐藤伍郎(兼相談役)(新)、野坂弘幸(新) ▽顧問=新井正敏(顧問理事)新精一  総会終了後、櫻井印刷所の櫻井理恵社長を講師に迎え、「女性の事業承継―新しい気づきを経営に生かすー」をテーマに講演した。  同社は大正13年創業、営業種目はオフセット印刷、オンデマンド印刷、企画制作(グラフィック、エディトリアル)他。櫻井社長は女性視点での取り組みとして、①まず、簡単にできることを探してみる。整理整頓、購入物の選定、②3年使っていないものは捨てる、③古いものに目を向けてみる。古いものって実は今の私たちにとって、新しいこと。⇒連続性のなかの「一点」である自分を意識することで、過去と未来を見据えることができると語った。  現在6号まで作成した冊子『Kawagoe premium』について、「なぜ作ったか、主に川越のこと、住んでいる人は地元のことを知らない。観光冊子とは違う冊子で、今までにない切り口で作った」と主旨を述べた。同冊子の役割は、自社PR(会社安内としての役割もあり、企画デザインから印刷物として納品するまでを、自社内でできることをアピールし、読み捨てられない会社案内を目指している。  さらに同冊子のデザイン、ロゴ、制作費などについて説明し、川越ポータルサイトアプリ「コエドノコト」や古地図を使った城下あわせ地図の販売をしている文星舎を紹介した。  櫻井理恵社長  講演会終了後、場所を移動して懇親会が開かれた。  懇親会の中締めで、県北の印刷会社が登壇 ≫ニュース全文を読む

2018年05月21日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)とJTB(東京都品川区、高橋広行社長)は、総務省の「情報信託機能の社会実装に向けた調査研究」*に参加し、2017年12月~2018年2月に「京都まちぐるみコンシェルジュサービス実証」を実施した。社会実装とは、調査研究の成果を社会課題の解決に応用、活用するというもので、今回の調査研究の結果、情報信託機能によって、観光分野でパーソナルデータを安全・安心な環境下で高度に流通・利活用する際の方策や課題が把握できた。 *「情報信託機能の社会実装に向けた調査研究」URL : http://www.dnp.co.jp/news/10141647_2482.html 【調査研究の概要】 モニター(情報提供者)が自らの意思で自分のデータを管理する「パーソナルデータストア(PDS)」と情報提供者の指示や事前に指定した条件に基づいて、本人に代わって妥当性を判断して第三者にデータを提供する「情報信託機能」に関する観光分野での調査として、情報提供者へのアンケートおよび有識者やサービス事業者へのヒアリングを実施した。個人情報の預託に関する受容性や課題、情報信託機能への満足度評価、サービスの使いやすさ、提供された個人情報を利用する事業者間の取引上の課題などについて検証した。 京都まちぐるみコンシェルジュサービス実証 調査の流れ 【調査研究の結果および考察のポイント】 (1)観光分野は、パーソナルデータの利活用の許容度が、日常生活時よりも高い 情報提供者は、観光分野のサービス事業者にパーソナルデータを提供し、その利活用を許容する度合いが高いことがわかりました。例えば、自分の現状や過去の行動に合った“おすすめ観光情報”を受け取るためにパーソナルデータを提供する許容度は、日常生活時と比べ43.9%も高い結果となった。パーソナルデータを預託しサービスを利用した人の今後の利用意向は81.8%と高く、観光は高度なパーソナルデータの流通・利活用に適した分野と考えられます。一方、旅行関連情報を提供するサービス事業者は、最適な情報を提供するため、旅行中の人々からのリアルタイムなパーソナルデータを求めている。今後は、サービス事業者間でのパーソナルデータの連動や循環も必要になると想定できる。 (2)PDS/情報信託機能に対する期待と安全・安心の担保について PDSを利用したい情報提供者の80%が、情報信託機能の利用を求めていることがわかった。また社会実装に向けては、第三者に提供したパーソナルデータが意図しない形で流通しないよう管理する機能や、流通したパーソナルデータを追跡できるトレーサビリティ機能について、80%以上の情報提供者が重要だと考えていることがわかった。サービス事業者および関係者は、パーソナルデータの提供にともなう損害やコスト負担、クレーム等の受付窓口など、各種データやサービス連携時の責任分担などを明確化する必要があり、さまざまな観点からの検討が問われている。 (3)パーソナルデータの流通を促す具体的な利便性の提示 ポイント付与など具体的な利便性の提示によって、人々の情報信託機能の利用意向が高くなることがわかった。例えば、匿名化された個人情報を企業が統計分析に利用する見返りにポイントが付与されるサービスでは、利便性を提示しない場合と比べて47.5%高い、84.1%の人々が利用したいと回答した。また、情報セキュリティやプライバシーの確保に関する説明に加えて、サービスプラットフォームとしての具体的なメリットを訴求することが重要だと考えられる。サービス事業者にとっても、データ利活用のイメージや自社メリットの理解を高めていくことが重要となっていく。 【今後の展開】 DNPとJTBは、観光分野における情報信託機能の利活用を推進し、地域の観光関連のステークホルダーと連携しながら、人口減少時代の新しい旅行体験の創造と観光地の課題解決を目指していく。またDNPは、情報信託機能を医療や子育て等の分野に展開していくとともに、情報信託に関する制度設計などにも積極的に関与し、社会と生活者の安全・安心な情報流通環境を提供していく。 ≫ニュース全文を読む

2018年05月21日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、高品質な画像データやデジタル高精細映像の技術を活用し4Kデジタルポスター・システム(以下、同システム)を開発。このたび、2018年5月31日から6月3日まで広島市で行われる第117回日本皮膚科学会総会(会頭:広島大学大学院医歯薬保健学研究科 皮膚科学教授 秀 道広氏)のポスターセッションへ同システムを提供する。 従来の紙ポスターとほぼ同じ大きさの4K85型 ※表示内容はイメージ。    一般的に学会のポスターセッションでは、研究者たちが研究成果を紙に印刷しポスターとして割り当てられた会場に掲出、研究方法や成果を発表する。今回のポスターセッションでは、通常の紙のポスターと合わせて、4Kデジタルポスター・システムを活用。具体的には、85型の4Kタッチパネルディスプレイをデジタルポスターとして2台設置し、データ配信サーバから電子書籍形式でコンテンツを掲出した。これにより、デジタルポスターでは、文字や画像が荒れることなく、インタラクティブに約5倍まで拡大ができるほか、動画の掲出にも対応。先端の通信と映像技術を活用し、研究発表の高度化を支援した。 ■特長 ・同システムは、学術成果の発表向けに電子書籍フォーマットを採用。また85型4Kデジタルサイネージ により、通常のデジタルサイネージより大きく(約5倍)まで拡大しても、画像や文字が荒れない。 ・同システムではタッチパネルを採用、来場者が興味のある部分を自身で操作でき、よりインタラクティブ なポスターセッションが行える。 ・従来の紙のポスターでは対応できなかった、動画・映像などの埋め込み表示が可能になる。 ■今後の展開  凸版印刷は、高品質な画像データやデジタル高精細映像の技術を活用し、ポスターセッション会場の来場者に遠隔地の研究者が動画で質問を受けながら説明するなど、今後も学術・医療分野向けによりインタラクティブで利便性の高いデジタルポスターの開発を進めまる。 ■第117回日本皮膚科学会総会 ポスターセッション ・日時:2018年5月31日(木)から6月3日(日) ・会場:広島県立総合体育館B1F (広島市) ・設置機器: 85型4Kタッチパネルディスプレイ 2台、コンテンツ配信・サーバ ≫ニュース全文を読む

2018年05月21日
印刷博物館P&Pギャラリーでは6月16日から9月17日まで、「グラフィックトライアル2018―Passion―」を6月16日から9月17日まで開催する。同展は、「グラフィックデザイン」と「印刷表現」の関係を深く追求し、新しい表現を獲得する試みとして、2006年から始まった企画だ。 13回目となる今回は〈Passion:情感、熱情〉をテーマに、宇野亞喜良氏、サンティ・ロウラチャウィ氏、八木義博氏、鈴木晴之氏の4名のクリエイターが、凸版印刷のプリンティングディレクター(PD)と協力し、印刷表現の可能性を探る。 版とインキと紙、そして知恵と技を融合して進化を遂げ、コミュニケーションの領域を拡大してきた印刷の世界は、クリエイターのアイデアと印刷技術の融合により、幾多の新たなクリエイションを生み出してきた。 第一線で活躍するクリエイターとPDの発想、そこに印刷技術が融合することにより生み出された新しい表現世界を見てみよう。 ■デザイントーク in TOPPAN vol.21 参加クリエイターとPD全員によるデザイントークならびにサンティ・ロウラチャウィ氏の特別講演を開催する。(通訳付き) ▽日時: 2018年6月16日(土) 14:30~17:00  ▽会場: 印刷博物館 グーテンベルクルーム(地下1階) ▽定員: 80名 事前予約制 入場無料※印刷博物館同展示場に入場の際は入場料が必要。 ※トークイベントのお申込みはウェブサイト「GA info.」内グラフィックトライアル2018 特設ページで受付する。 ≫ニュース全文を読む

2018年05月21日
独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館(所在地:東京都台東区、館長:銭谷眞美、以下 東京国立博物館)と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、東京国立博物館 東洋館内 TNM & TOPPAN ミュージアムシアターにて、2018年5月25日(金)と26日(土)の2日間限定で、VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』を特別上演する。 なお同期間内には、東京国立博物館 平成館で開催中の特別展「名作誕生-つながる日本美術」にて、国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」が展示されている。実物とVR作品の双方を鑑賞することで、屛風に描かれた江戸時代初期の京都に住む人々の様子をより詳細に体感でき、上演リクエストが多い本作品の鑑賞には最適な機会だ。 VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』 監修:東京国立博物館 制作:凸版印刷 ■ VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』について  京都の町並み、季節の風物や行事を俯瞰して描いた「洛中洛外図」は、室町時代から江戸時代にかけて数多く描かれた題材だ。その中でも、人物表現で異彩を放つのが、岩佐又兵衛が描いた通称「舟木本」。又兵衛が想像を交えて描いた京都には、力がものを言う戦国時代から法が定める江戸時代へと移り変わる瞬間が切り取られている。  本作品は、東京国立博物館と凸版印刷が高精細デジタル撮影と色彩計測で取得した、22億1000万画素におよぶ「舟木本」の高精細デジタルデータを用いて制作した。わずか数センチの人物を300インチのスクリーンいっぱいに超拡大するなど、デジタルならではの方法で詳細に鑑賞できる。 ≫ニュース全文を読む

2018年05月18日
 兵庫県印刷工業組合(水落充理事長)は5月17日、神戸市中央区の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで「平成30年度通常総会」を開催し、平成30年度の事業計画などを協議したほか、任期満了に伴う役員改選では水落理事長(㈱甲南堂印刷)の留任を決めた。  開会に先立ちあいさつした水落理事長は「昭和33年4月に当組合が設立されて60年が経過する。この節目の年を迎えて組合設立60周年記念大会を開催することになり、昨年7月から準備委員会を立ち上げ協議をしてきた。  実施に当たっては、組合に関わった先輩諸氏および関係機関や関連業界の方々に感謝するとともに、組合員の絆を強め、未来につなげる記念大会としていきたい」と参加者に協力を要請した。  この後、平成29年度事業報告並びに決算、平成30年度事業計画並びに収支予算などについて協議し、いずれも原案通りに承認された。  また、今回の総会で任期満了に伴う役員改選が行われ、水落理事長の留任を決めた。  新年度は組合設立60周年記念大会の実施する過程において、印刷業界の歴史や先輩諸氏の足跡に触れて新しい60年に挑戦する志を確認するとともに、その間の事業活動で組合員間の絆を強めていく方針を示している。  なお、組合設立60周年記念大会はメインテーマに「next60 未来への始まり、」サブテーマに「飽くなき次代への挑戦」を掲げ2019年5月24日(金)に神戸メリケンパークオリエンタルホテルで開催される予定となっている。 ≫ニュース全文を読む

2018年05月18日
大日本印刷(DNP)は、日本のコンテンツの魅力をネットワークメディアやリアルな場などで国内外に発信し、アニメやマンガ、ゲームなどのコンテンツ文化の発展とクリエイティブ業界への貢献を目的とした「DNPクリエイター共創サービス『FUN’S PROJECT(ファンズプロジェクト)』」を展開している。 今回、クリエイターを目指す方やコンテンツファンに向けた情報WEBマガジン「FUN'S PROJECT CHANNEL(ファンズプロジェクト チャンネル)」の新企画を5月17日(木)に開始した。アニメやマンガを中心としたクリエイティブ業界で活躍しているトップクリエイターや人気声優、タレントが登場する、オリジナリティの高いコンテンツを発信していく。 *FUN'S PROJECT CHANNEL   WEBサイト : https://funs-project.com/   twitter : https://twitter.com/FUNS_PROJECT 「FUN'S PROJECT CHANNEL(ファンズプロジェクト チャンネル)」 【FUN'S PROJECT CHANNEL新企画の内容】 〇FUN’S PROJECT×アニメイトタイムズ コラボ企画/ 人気声優とアニメクリエイターによる夢の対談! 「クリトーク!」 放送中の人気アニメ作品でキャラクターの声を担当する人気声優とアニメクリエイターが、作品に対する思いや取り組みのようすを語る。クリエイターとしての軌跡や経験談など、オリジナルの記事を発信していく。 第1回は、小西克幸さん(声優)と金春智子さん(脚本家)が登場。 〇中川翔子のポップカルチャーラボ presented by FUN’S PROJECT 「FUN’S PROJECT」がお送りする連載企画。マンガやアニメに造詣が深い中川翔子さんと多彩なゲストによる、クリエイターの「こだわり」にフォーカスしたトークセッションを毎回届ける。 第1回は中川翔子さんの単独インタビュー。彼女自身のコンテンツやクリエイターに対する思いを語る。 今後もどのようなゲストが登場するか、期待しよう。 〇FUN'S PROJECTサービスや東京アニメセンター in DNPプラザの最新情報を発信! アニメやマンガ、イラストをネットで学べるオンライン配信サービス「FUN'S PROJECT COLLEGE(ファンズプロジェクト カレッジ)」や「東京アニメセンター in DNPプラザ」(東京・市谷)で開催している企画展の情報、液晶ペンタブレットやトレース台を使って無料でクリエイター体験ができる「FUN'S PROJECT PARK」(東京アニメセンター in DNPプラザ内に常設)の情報などを届ける。 【今後について】 FUN'S PROJECT CHANNELでは、さまざまなアニメ制作会社やコンテンツプロダクション、各種メディアや企業とコラボレーションしながら、エンターテイメント性に富んだ独自性の高いクリエイターやコンテンツの情報を発信していく。 ≫ニュース全文を読む

2018年05月18日
 千葉県印刷工業組合(吉田良一理事長)は5月17日、千葉市中央区・プラザ菜の花で平成30年度通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で吉田理事長が留任した。  吉田理事長は「本年度は共同受注委員会を立ち上げて共同受注の体制を整え、中小企業団体中央会から官公需適格組合への申請をしてもらえるよう共同受注に挑戦する」と抱負を述べた。  また、同工組は29年度、加入組合員が7社(脱退1社)し、来週25日開催される全印工連総会で、組合員増強工組として表彰されることを報告し、同理事長は「組合のメリットというより、価値を高めていきたい。そのためにはコミュニケーションを取り、価値を高めていきたい」と促した。  議長に吉田理事長を選出して議事に入り、平成29年度事業報告書並びに決算報告書及び平成30年度事業計画並びに収支予算が原案どおり承認された。  平成30年度事業計画の基本方針は1.VOC警報器の普及促進、2.官公需適格組合への挑戦、3.組合サイトの充実とITスキルの向上の3点を重点にさまざまな事業計画に取り組んでいく。  次いで、任期満了に伴う役員改選、平成30年度借入金の最高限度額も可決された。 吉田良一理事長 常任役員(敬称略)。 ■理事長 ▽吉田良一 ■副理事長 ▽村山勝己 ▽山内みどり ▽湯浅秀俊 ■専務理事 ▽上野宏勝 ■常務理事 ▽高木厚行 ▽鎌田俊郎 ▽川畑裕昭 常設委員長 ▽経営革新マーケティング委員会 湯浅秀俊 ▽環境労務委員会 村山勝己 ▽組織共済委員会 川畑俊郎 ▽教育研修委員会 小粥将直 ▽官公需対策委員会 鎌田仁志 顧問 ▽榊原行夫 ▽日暮秀一 ≫ニュース全文を読む

2018年05月18日
宮城県印刷工業組合は5月15日開催の通常総会並びに理事会において、針生英一氏が理事長に選任され就任した。 新役員は次のとおり(敬称略)。 ■理事長 ▽針生英一(昇任) ■副理事長 ▽佐藤利春 新規加入促進委員長(昇任) ▽猪股育夫 財務・会館委員長(昇任) ▽中村等 官公需等取引改善委員長(昇任) ■専務理事 ▽菅原喜久男 事務局統括(再任) ■常務理事 ▽橋浦隆一 教育研修委員長(再任) ▽今野均 経営革新マーケティング委員長(再任) ▽郷家昌幸 共済委員長・官公需等取引改善委員会企画推進役(昇任) ▽平野研一 環境労務委員長・オフセット印刷技能検定委員(昇任)  なお、退任の理事長の藤井治夫氏は常任顧問・理事、副理事長の及川光雄氏は理事、理事の荒木志朗氏は参与、理事の千葉伸孝氏は参与に就任、理事の伊藤長一氏、理事の大場正男氏は退任した。 ≫ニュース全文を読む

2018年05月17日
大日本印刷(DNP)は「東京アニメセンター in DNPプラザ」(東京・市谷)の第8弾企画として、5月18日(金)~6月10日(日)に、人気アニメ「血界戦線&BEYOND」の企画展、「血界戦線&BEYOND展 -レオナルド・ウォッチ レポート-」を開催する。 【企画展「血界戦線&BEYOND展 -レオナルド・ウォッチ レポート-」の概要】 「血界戦線&BEYOND」のストーリーの舞台である「ヘルサレムズ・ロット」にて、主人公のレオが過ごす日常茶飯事(パーティ)の数々を紹介する企画展。「血界戦線&BEYOND」の世界を存分に楽しめる空間だ。 【展示の見どころ】 ①“レオの個展”として初開催 主人公のレオ自身がカメラに収めた日常茶飯事(パーティ)をまとめた “レオの個展” として、初めて開催する。貴重な「複製原画」や「場面写」などを展示する。 ②フォトスポット 「ヘルサレムズ・ロット」の風景をバックに、また「秘密結社ライブラ」メンバーの一員になったような写真を撮影していただけるエリアや、背景合成用のクロマキーフォトスポットで“ここだけの写真”が撮影できるエリアがある。 会場 東京アニメセンター in DNPプラザ 東京都新宿区市谷田町1-14-1  DNP市谷田町ビル DNPプラザB1F 会期 5月18日(金)~6月10日(日) 開館時間 11:00~20:00 ※最終入場 19:30 休館日 毎週火曜日 入場料 中学生以上 1,000円(税込) ※展示・グッズの詳細が決定次第、順次東京アニメセンターin DNPプラザのWebサイトおよびtwitterにて知らせる。 ・Webサイト : https://animecenter.jp ・twitter : https://twitter.com/anime_tokyo ≫ニュース全文を読む