印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5231件中 1~10件を表示

2019年11月19日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2019年12月10 日(火)に「JAGATトピック技術セミナー2019」を開催する。 この1 年に発表された注目製品・技術をピックアップし、印刷技術のトレンドを見定める「JAGATトピック 技術セミナー」は、毎年12月の定番イベントとして定着しており、今年で46回目を迎える。近年はインクジェット技術を中心としたデジタル印刷と加工技術が発展し、新たなビジネス展開を生み出すという事例が数多く見られるようになっている。「JAGAT トピック技術セミナー2019」ではこれらの製品・技術を各メーカーに解説してもらう。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年12月10日(火)13:30-17:15(定員40名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費:JAGAT会員:無料 一般:5,000円(税込) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebを参照のこと。https://www.jagat.or.jp/topic2019 ■「デジタル×紙×マーケティング」で変わる印刷ビジネス 公益社団法人日本印刷技術協会 専務理事 郡司秀明氏 ■オンライン校閲・推敲ツール「文賢」による文章作成支援 株式会社ウェブライダー 代表取締役 松尾茂起氏 ■ Samba JPC 関連製品と技術 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 ■ プライムファイア 106 ハイデルベルグ・ジャパン株式会社 ■ SC インクと Truepress Jet520HD 株式会社 SCREEN GP ジャパン ■ Impremia NS40 とナノグラフィー技術 株式会社小森コーポレーション ■ Think Smart Factory 2019 を終え、見えてきたもの ホリゾン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 宮崎進氏 ≫ニュース全文を読む

2019年11月19日
 エプソン販売株式会社(鈴村文徳社長、以下エプソン)は、「エプソンのスマートチャージ」の新プ ランとして、学校現場を笑顔にする「アカデミックプラン」を11月19日より提供開始する。  学校現場では文部科学省の「新学習指導要領」に基づいた「主体的・対話的で深い学び」を実現するた めに、ICT機器の導入が急速に進んでいるが、生徒に配られるプリントはコストの面からモノクロプリ ントが主流だ。そのため、理科・社会などの写真、図表が多い科目では、わかりにくさが生じている。 また教職員の長時間労働が社会問題として取りざたされている中、同社の調べでは、小中学校の先生方がプリントに使う業務時間は月間約 8.4時間と、多くの時間が割かれている。 このような学校現場が抱える課題をエプソンはプリンティングの 視点で解決し、先生方だけでなく、生徒たちも笑顔にすることを目的 とした「アカデミックプラン」を新たに提供する。 【アカデミックプランについて】 <コンセプト> 先生たちの働き方と、教育の質をプリンティング視点で解決し、学校現場を笑顔にするフルカスタマイズ プラン <サービス内容> ・各学校の印刷環境、利用状況に応じ高速ラインインクジェット複合機(LX-10050MFシリーズ、 LX-10000Fシリーズ)を中心に適切な機種、台数、プランを提案する。 ・新たに機器購入予算を確保する必要がない、現状の印刷関連費用をベースとした月額定額制のプ ランです。このプランには機器使用料金、保守サービス、規定枚数までのインクおよびメンテナンスボ ックス費用が含まれる。 ・オプションの自動検針端末を設置の場合、消耗品は自動的に配送する。 ・契約は5年契約となる。 <メリット> ①高速印刷なので先生方の働き方改革に寄与 職員室に100枚/分の高速ラインインクジェット複合機を導入することで印刷渋滞もなくなる。両 面印刷、部単位印刷も標準対応で、先生方の印刷業務時間を削減できる。 ②気兼ねなくカラー印刷ができる 規定枚数まではカラーもモノクロプリントも同コストなので、カラープリントが気兼ねなくできます。写 真、図表などカラー印刷が必要な教材や、保護者へのお便りなども伝わり やすいものになる。 ③消耗品・予算の管理が容易に 煩雑で置き場に困る消耗品の管理が不要になり、定額制なので年間の学 校配当予算の管理が容易になる。 ④無駄が出ない定額制 規定枚数は年間トータルでの清算方式なので、夏休みなどの長期休暇がある月の分も無駄にならない。 教育委員会等での一括採用で、複数校で規定枚数を分け合えるので学校の規模に関係なく、高速機を導入 できる。 <適応範囲> ・学校教育法第一条に規定されている小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支 援学校、高等専門学校、大学(大学院、短期大学含む)、幼稚園 ・学校教育法第一条以外の専修学校(専門学校、高等専修学校) ・児童福祉法第七条に規定されている保育所 ・認定こども園法第二条に規定されている認定こども園 ・その他、これに相当する学校として当社が別に定める学校 ≫ニュース全文を読む

2019年11月19日
セイコーエプソン株式会社(⻑野県諏訪市、碓井 稔社長、以下エプソン)は、11⽉15⽇か ら11⽉18⽇まで愛知県で開催された「第57回 技能五輪全国⼤会」において、以下の通り、当社社員 が⼊賞した(敬称略)。 ■抜き型職種 銀賞 加⼯技術開発部 ⼭⼝ 智⼠(やまぐち さとし) ■電⼦機器組⽴て職種 敢闘賞 ものづくり塾 道林 翔也(どうりん しょうや) ■ウェブデザイン職種 銀賞 IT基盤企画設計部 坂本 叶夢(さかもと かなむ) 敢闘賞 グローバルマスタ管理グループ 岡⽥ 篤樹(おかだ あつき) ■時計修理職種 銀賞 WP⽣産部 ⻘柳 朋和(あおやぎ ともかず) 銀賞 WP⽣産部 ⿑藤 美有(さいとう みゆ) 技能五輪全国⼤会は、各都道府県職業能⼒開発協会などを通じて選抜された者(原則23歳以下)が技 能レベルの⽇本⼀を競う技能競技⼤会だ。今回は、約1250名の参加者が42職種において難しい課題 に取り組んだ。 エプソンは技能五輪全国⼤会に 1971 年から参加している。ものづくり企業であるエプソンにとって、継承しなければならない⾼度な技能を熟練技能者から次世代の若⼿技能者へ受け継いでいくための施 策の⼀環だ。若⼿技能者は、⼤会出場に向けた⽇々の訓練や業務を通じて技能習得・向上に努めている。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月19日
セイコーエプソン株式会社(⻑野県諏訪市、碓井 稔社長、以下エプソン)の特例⼦会社であ るエプソンミズベ株式会社(⻑野県諏訪市、坂主 昭市社長)は、11⽉15⽇から17⽇ まで愛知県で開催された「第 39 回 アビリンピック(全国障がい者技能競技⼤会)」に社員 2 名が出場し、うち1名が⼊賞した(敬称略)。 ■電⼦機器組⽴ 銀賞 エプソンミズベ 横内 庄⼀(よこうち しょういち)(前年 銅賞) アビリンピックは、障がいのある⽅々が⽇頃職場などで培った技能を競う⼤会だ。障がいのある⽅々の職業能⼒の向上を図るとともに、企業や社会⼀般の⼈々からの理解と認識を深めてもらい、その雇⽤の 促進を図ることを⽬的として開催されている。今回の第39回⼤会では、各地の地⽅⼤会を勝ち抜いた 約380⼈の優秀な職業技能を⾝に付けた選⼿たちが、23種⽬で⽇本⼀を⽬指し競い合った。 エプソンミズベは、このアビリンピックに、職業能⼒の向上、個⼈の能⼒開発、成⻑実現の⼀環として 毎回参加している。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月19日
大日本印刷(DNP)が提供する「DNPカード即時発行サービス」が、阿波銀行で採用された。阿波銀行は2020年3月までに、同サービスを74店舗に導入する予定。 即時発行機(SJ-DS5) 「DNPカード即時発行サービス」は、ICキャッシュカードをはじめとした各種カードを店舗で即時発行するサービス。 生活者がICキャッシュカードを店舗で申し込む場合、従来は店舗とは別の専用施設でカードを発行し、生活者に郵送していたため、カードが利用可能になるまでに日数が必要だった。 「DNPカード即時発行サービス」では、金融機関のシステムから電送されるカード発行依頼データをもとに、高セキュアな環境下にあるDNPのデータセンターでカード発行用のデータを生成して、店舗にそのデータを送り、店舗に設置した即時発行機で、カードのICチップへの書き込みや券面への印字を行う。そのため、ICキャッシュカード等の新規発行や再発行の要望に対して、申し込み当日に店舗でカードを渡すことが可能になる。 ※カードの即時交付には本人確認用の書類による本人確認が必要。 【今後について】 DNPは、これまで地方銀行や信用金庫など29行に「DNPカード即時発行サービス」を提供しており、これまでに国内トップシェアとなる約3,800台の発行機を販売してきた。DNPは今後も本サービスの機能を拡充するとともに、普及を進めることで、金融機関のカード発行業務の最適化を支援していく。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月19日
大日本印刷(DNP)のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の第377回企画展「動きの中の思索―カール・ゲルストナー」を11月28日から2020年1月18日まで開催する。 今回、スイスを代表するグラフィックデザイナー、カール・ゲルストナーの日本初となる個展を開催する。 1965年、日本のデザイン胎動期に、若手デザイナー11名による展覧会「ペルソナ」が松屋銀座で開催された。永井一正、田中一光、福田繁雄、横尾忠則他、当時30歳前後の若さで活躍していたグラフィックデザイナーたちの仕事を紹介し、1週間の会期中35,000人もの入場者があったが、この展覧会に招聘された海外ゲスト4名のうちの一人がカール・ゲルストナーだった。 同展では、その伝説的な展覧会から半世紀を経た今、改めてこの人物の業績に焦点をあて、ゲルストナーとは一体何者であったのか、豊富な作品や資料を通して紐解いてみたいと思う。 今現在も古びることのない洗練された広告デザイン25点、傑作ポスター9点をはじめ、CI構築のプロセスや、1964年にゲルストナーが上梓した『デザイ二ング・プログラム』の全貌を紹介する。また、氏がデザインと並行して取り組んだアート作品にも着目し、デザイナー、そしてアーティストとしてのゲルストナーの思考に迫る。 初日にギャラリートークが開催される。開催概要は次のとおり。 ■日時:11月28日(木) 4:00pm-5:30pm ■出演:スザンヌ・ビエリ(スイス国立図書館 プリント&ドローイング部門長) ■会場:DNP銀座ビル3F 入場無料 要予約 定員70名 参加希望者はgggのホームページより申し込むこと。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月19日
  11月14日より、ブックアーティスト太田泰友氏の新作“Book Para-Site”の展示が始まった。同作は、東京建物のマンションブランドBrilliaの文化活動支援の一環としてスタートし、今年で2回目の開催となる「ART  Brillia AWARD 2019」の入選作品だ。  太田氏が予てから興味を持ち構想をあたためてきたをテーマに、新しい挑戦と言える大作。  ビルの空間にすっぽりと収まったそれは、建築なのか、本なのか、そこから読み取れるのはどんな物語なのか・・・。  様々な想像がひろがる作品だ。外が暗くなると八重洲のビル群の中で光り始め、昼と夜の顔を楽しめる。  東京・八重洲のビル街に突如として現れた巨大な本が、道ゆく人々を芸術の世界へと誘う。 ■会場:東京八重洲ビル1階 Brillia Loinge(ブリリアラウンジ)「THE GALLERY」 ■会期:2019年11月14日~2020年1月末 ※照明が消える深夜以外、何時でも外から鑑賞できる。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月18日
大日本印刷(DNP)は、ファンタジスタと共同で、日本の出版社等の人気マンガを英語に翻訳して、月額6.99米ドルのサブスクリプション(定額読み放題)でサービスを提供する「Manga Planet(マンガプラネット)」を2019年11月18日に開始する。 「Manga Planet」のWebサイトで配信する作品 DNPは2012年に海外マンガファンへのマーケティングの実証実験としてManga PlanetのFacebookを立ち上げ、グローバル版84.3万人、インド版9.8万人のフォロワーを獲得しています。両社はこのフォロワーを中心に、日本マンガへの興味・関心が高い海外のファンに向けて、定額読み放題サービスを提供する。Manga Planetでは、祥伝社、ホーム社、リイド社、三栄、ぶんか社、海王社、ワニブックス、徳間書店、スターツ出版、ハーパーコリンズ・ジャパン、MUGENUP、外薗昌也氏(漫画家)等の出版社やクリエイターの作品を予定しており、今後もコンテンツの充実を図っていく。(2019年11月現在) ■Manga Planetの各サービスサイトのURL 〇Manga Planet(英語) : https://read.mangaplanet.com/ 〇Manga Planet のグローバル版Facebook : https://www.facebook.com/MangaPlanet.jp/ 〇Manga Planet のインド版Facebook : https://www.facebook.com/MangaPlanet.in/ 【Manga Planetの開発背景】 近年、スマートフォン等の普及により、Webサイトやアプリでマンガを楽しむ読者が国内外で増加している。特に海外では日本マンガへの人気が高く、その海賊版の流出が問題となっている。海外の読者に正規の流通ルートでデジタルのマンガを配信したいという出版社のニーズに対し、オフィシャルなコンテンツを適正な環境で配信する仕組みの構築が求められている。 これらの課題に対してDNPとファンタジスタは、約94万人のFacebookフォロワーを獲得しているManga Planetを活用し、さまざまな出版社等のマンガ作品を世界に配信していく。 【Manga Planetの主な特長】 ○月額6.99米ドルで、毎日新しいマンガを配信していく。 ○有料会員の閲覧数に応じて、出版社に収益の一部を分配する。 ○海外市場への進出を考える日本の出版社や作家と海外配信のライセンス契約を結び、マンガを英語にて配信し、今後は多言語でも提供する。 ○海外で既に人気のマンガやまだ海外に発表されていない名作など、さまざまな出版社の作品を取り扱運用。 ○翻訳から校正、印刷データの生成まで一貫して行える、DNPの独自のシステムである「DNPマンガオンラインエディトリアルシステム MOES(モエス)」を活用して、高品質な翻訳と納期短縮を実現する。MOESは厳重な情報セキュリティ基準を適用したサーバーで運用しているため、オリジナルデータの流出や海賊版の増加といったリスクを軽減する。 ■Manga Planet事業における各社の役割 〇DNP : 国内出版社・作家との契約、マンガの多言語翻訳など 〇ファンタジスタ : Manga Planetの開発・運用、および同Facebookページの運用 【今後の展開】 DNPとファンタジスタは、Manga Planetを通じてさまざまなマンガを配信し、2022年までに15万人の有料会員獲得と配信タイトルコンテンツ数3,000作品を達成し、関連事業を含めて12億円の売上を目指す。また正規のデジタル配信サイトを運営することで、マンガコンテンツの海賊版の流出防止に貢献していく。 さらにDNPは、Manga Planetで人気が出たマンガの冊子版の製造・販売、コンテンツを活用したVR(仮想現実)・AR(拡張現実)のソリューション開発など、海外の日本マンガファンに楽しんでもらえる機会を提供していく。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月18日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2019年12月3 日(火)に研究会セミナー「次世代型の組版システム構築と AI 自動レイアウト」を開催する。  インタラクティブ(対話式)にレイアウトをおこなうツールや手法は、既に成熟段階にあること、人的リソー スに依存していることから、今後、大きく発展することは難しいと予測される。  しかし、B to Bの印刷受発注システム、デジタル印刷業務のフロントエンド、紙とWebのクロスメディア出版 などの分野では、クラウド型パブリッシングやパーソナライズ印刷などの機能がますます必要とされている。  さらにこの分野では、AIを活用して複雑な業務を自動化する試みも活発だ。 次世代型組版レイアウトやAI自動レイアウトについて紹介し、今後の方向性を探る。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年12月3日(火)14:00-16:50(定員40名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費:JAGAT会員:11,000円、一般:15,400円(税込) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebをご参照ください。https://www.jagat.or.jp/tg20191203 ■14:05-14:55 デジタルメディアと紙媒体の統合 株式会社クロスデザイン 代表取締役 黒須信宏 氏 ■15:00-15:50 FFGS コア技術を活用したソリューションビジネスの紹介 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 シンプルプロダクツ事業部営業部 課長 小林隆弘 氏 ■16:00-16:50 AI を活用した雑誌の自動レイアウト技術 大日本印刷株式会社 ICT 事業開発本部事業開発第 2 ユニット第 3 部 田端聡 氏 ≫ニュース全文を読む

2019年11月18日
トッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、 2019 年10月 31 日に情報セキュリティにおける内部統制評価の第三者保証報告書である「SOC2 Type1 保証報告書」を印刷業界で初めて受領した。対象サービスは、データ・プリント・サー ビス(DPS)および、デジタルソリューションにおける電子入力・帳票電子通知サービスの一部で、 対象事業所は同社グループのデータセンターである東京ビジネスセンター、DPS の基幹工場であ る滝山工場およびサービスの設計・開発拠点である汐留本社、豊洲事業所。 近年、コスト削減および内部リソースの有効活用を目的に、金融機関を中心にアウトソーシング 需要が拡大している。一方、標的型攻撃などのサイバー攻撃による脅威の増大や、それに伴う顧 客情報漏えい、システム障害によるサービス停止など、リスクの多様化により、委託する企業側の 監督責任が以前にも増して強く求められている。そうした中、第三者の立場から企業の情報セ キュリティにおける内部統制システムを客観的に検証する「SOC2 保証報告書」の受領がクラウド ベンダーを中心に広がっている。 トッパンフォームズは、DPS や BPO、デジタルソリューションなど、長年に渡り預託個人情報 を取り扱う事業を展開しており、これまでも個人情報取扱事業者として最高水準の情報セキュリ ティ体制の構築や外部認証の積極的な取得などに注力してきた。 このたび、お客からより一層安心して同社に委託してもらい、安全・確実なサービス提供 を続けるための新たな取り組みの一つとして、情報セキュリティにおける内部統制評価の第三者保 証報告書である「SOC2 Type1 保証報告書」を取得した。 今後、トッパンフォームズでは、継続的な情報セキュリティの運用や「SOC2 保証報告書」の対 象範囲の拡大などにより、お客にとっても社会にとっても欠くことのできない「信頼される パートナー」であり続けるため、努力を積み重ねていく。 ≫ニュース全文を読む