印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
3959件中 21~30件を表示

2018年04月10日
2018年5月16日(水)から18日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される地方創生、企業誘致のための展示会「企業立地フェア2018」の出展者47社/団体が決定した。 「企業立地フェア」は自治体による企業誘致のための立地提案や優遇制度の紹介、地域産業や住みやすいまちづくりのPRに活用されている展示会だ。また革新的な取り組みを行っている自治体関係者などによるセミナーを多数実施し、現場における最新の知見に基づいた情報を提供する。 会場内では自治体、行政に関する国内最大規模の展示会「自治体総合フェア2018」が同時開催され、自治体運営に関わる最新の製品やサービスを提供する企業、団体が出展する。これらにより自治体関係者と民間企業の方の交流の場ともなっている。 今年の企業立地フェアでは、自治体と企業の協働や、地方での事業展開を目指す企業と自治体とのマッチングの場として、「自治体×企業”マッチングコーナー」を新たに設けた。それぞれのライフスタイルに合った働き方が求められる現代において注目を集めているサテライトオフィスに関しても、紹介などを予定している。 出展団体及びセミナーの最新情報は以下のWEBサイトから見ることができる。 https://noma-bcd.jp/ ■ 企業立地フェア2018 開催概要 テーマ:オリジナリティで勝負するこれからの企業誘致 会期: 2018年5月16日(水)~18日(金) 開催時間:10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西3ホール 主 催:一般社団法人日本経営協会 同時開催: 自治体総合フェア2018(https://noma-lgf.jp/) 来場予定者数:3,000人(2017年実績2,595人) 出展者数:47社/団体 ≫ニュース全文を読む

2018年04月10日
 2018年5月16日(水)から18日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される自治体、行政に関する国内最大規模の展示会「自治体総合フェア2018」の出展者95社/団体が決定した。  「自治体総合フェア」は自治体経営の革新と地域社会の発展を目的とし、ICT・地域情報化、災害・温暖化対策、健康福祉・子育てなどのテーマごとに各企業、団体の最新の製品やサービスを発表する展示会だ。また革新的な取り組みを行っている自治体 近年、各自治体では人手不足や業務の複雑化、情報量の増加が問題になっており、業務改善を求める声が特に高まっている。今年のフェアでは、これらを解消軽減するための製品、サービスを一堂に集め紹介する「働き方改革コーナー」と「文書・情報管理コーナー」を新設した。  出展企業、団体及びカンファレンスセミナーの最新情報は以下のWEBサイトから見ることができる。 https://noma-lgf.jp/ ■自治体総合フェア2018開催概要 テーマ: 地域社会に活力を与えるイノベーション 会期: 2018年5月16日(水)~18日(金) 開催時間:10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西3ホール 主 催:一般社団法人日本経営協会 同時開催: 企業立地フェア2018(https://noma-bcd.jp/) 来場予定者数:10,000人(2017年実績11,254人) 出展者数:95社(2017年実績108社) ≫ニュース全文を読む

2018年04月10日
大日本印刷(DNP)の子会社であるDNPフォトイメージングジャパン(PIJ)は、生活者がスマートフォンで撮影した写真を駅前などに設置された証明写真機「Ki-Re-i(キレイ)」でプリントできる新サービス「スマホから写真 100円Piプリ(ピプリ)」を4月10日の『フォトの日』(日本記念日協会が制定)に開始する。 スマートフォンの普及などによって、生活の中の大切な瞬間を逃すことなく簡単に写真を撮影し、誰でも日常的に写真を楽しめるようになってきた。一方、自分自身で好きな画像をプリントできるセルフ型プリントシステムなどでは、1回の注文につき1~2枚といった少量の写真プリントが増加する傾向にある。このようなことからPIJは、スマートフォンで撮影した画像を、アプリを利用しての加工やSNSへの投稿を楽しむだけでなく、大切な思い出の瞬間や、大切な人へのプレゼントには写真プリントしてリアルなカタチで「飾る」・「贈る」ことを楽しみたいという需要が高まると推測している。 このような需要に対して今回PIJは、証明写真機Ki-Re-iで、スマートフォンで撮影した写真1~2枚をより簡単にプリントできるサービス「スマホから写真 100円Piプリ」を開発した。たとえば、友人と出かけた時の思い出のベストショットをプリントして持ち帰ったり、入学式などのイベントの写真をプリントして祖父母にプレゼントしたりするなど、街なかのKi-Re-iを利用してお出かけ中や通勤・通学などの外出のわずかな時間を使って簡便に写真をプリントできるサービス。 ■「スマホから写真 100円Piプリ」利用方法 事前にスマートフォン用の無料アプリ「Ki-Re-i Photo(証明写真&写真プリント-ピプリ)」をダウンロードし、アプリから商品タイプとプリントしたい画像を選択してプリント予約をすると、QRコードが発行される。このQRコードをセキュリティ性が確保された通信環境を持つ「100円Piプリ」のステッカーが貼られたKi-Re- iのQRコードリーダーにかざし、料金を投入するだけでプリントを購入することができる。 1.アプリをダウンロードして写真を選んで予約 2.QRコードリーダーにかざし料金をお支払い頂くとプリントスタート 3.プリント完了! ■商品ラインナップ タイプ ポストカードサイズ (102×152mm) 税込価格 シンプルタイプ プリント1枚に1画像 2枚で100円 レイアウトタイプ プリント1枚に2画像をレイアウト 1枚で100円 シンプルタイプ(例)                  レイアウトタイプ(例) ■プリントフレーム フチ無しやフチ有り、ましかくフレームなどのバリエーションがある。 テンプレートのデザインなども順次、追加していく予定。 ≫ニュース全文を読む

2018年04月10日
中村守利氏(なかむら・もりとし=全日本印刷工業組合連合会元会長、全日本印刷工業組合連合会顧問、株式会社プレシーズ)3月26日逝去、享年86歳。 密葬は、近親者のみで執り行われた。後日、葬儀並びに告別式を社葬にて下記のとおり執り行う。  なお、ご香典、ご供花の儀については、固く辞退している。 ■葬儀・告別式  5月15日(火)正午~ (社 葬) ■場所  「築地本願寺・第二伝道会館」 住所:東京都中央区築地3-15-1 ■喪主 中村恵子さん(奥様)  中村守利氏 ≫ニュース全文を読む

2018年04月09日
全日本印刷工業組合連合会(全印工連、臼田真人会長)では、去る3月19日(月)に外部の有識者で構成する第20回全印工連CSR認定委員会を開催し、横浜市立大学CSRセンターの審査報告をもとに、厳正な判定を行った結果、下記のとおり認定した。 ■ワンスター認定(新規)1社 ▽(広島工組)中本本店(広島県広島市) ■ワンスター認定(更新)5社 ▽(静岡工組)中央パッケージング(静岡県静岡市) ▽(東印工組)アドピア(東京都港区) ▽(東印工組)長英(東京都江東区) ▽(東印工組)相互(東京都江東区) ▽(岡山工組)コーホク印刷(岡山県岡山市) ■ツースター認定(更新)1社 ▽(福岡工組)ミドリ印刷(福岡県福岡市) CSR認定企業は、計112社となった。 現在、第21期ワンスター認定募集(応募申込書の提出:2018年4月27日締め切り)を行っている。 ≫ニュース全文を読む

2018年04月09日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、デジタルサイネージ(電子看板)に表示するコンテンツの配信、機器の状態監視などの機能をもつ『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』の新バージョンサービスの提供を開始する。 普及が進むデジタルサイネージの各種機器や通信環境などに合わせて、コンテンツの即時配信や一元管理に対応し、ユーザーインターフェイス(UI)面や運用面において使いやすさを追求した。 【『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』新バージョンの特長】 1. これまでの技術・ノウハウを活かした最新バージョンで、4KコンテンツやHTML5にも対応 DNPが2011年に開発し、多くの導入実績がある『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』の技術・ノウハウを活かしてシステムを一新した。新バージョンは、表示するコンテンツ管理やスケジュールの作成、サイネージ機器の管理を行う「Web管理画面」と、機器がネットワーク経由で受信したコンテンツを表示する「プレーヤー」で構成されている。プレーヤーはブラウザベースのため、動画や静止画のほか、最新の4KコンテンツやHTML5等のデータに対応している。 2. データ更新を即時に画面表示に反映。遠隔での運用・管理も便利に。 これまでの配信システムでは一定時間毎にデータの送受信によるコンテンツ配信が行われていたが、同システムでは双方向通信の仕組み(WebSocket)を用いているため、管理者がおこなったコンテンツの変更を、即座に行うことができる。この機能により、リアルタイム配信も可能になる。 3. 直感的で使いやすいUI Web管理画面はソフトウェアのインストールが不要なブラウザベースのシステムのため、アカウントを保有している担当者は、どのPCからも管理画面にアクセスできる。またドラッグ&ドロップによる直感的なユーザーインターフェイスで、誰でも使いやすい設計になっている。 4. アカウント毎に細かい操作権限を設定でき、誤操作を防止 複数の管理者がいる場合、アカウント毎に操作できる権限を細かく設定できるため、管理者が自分の管轄以外のコンテンツを誤って配信してしまうなどの誤操作を防ぐことができる。 【今後の展開】 DNPは、新バージョンの『DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage』を活用したデジタルサイネージ事業で、コンテンツ制作や運用などの関連事業も含めて2019年度に25億円の売上を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2018年04月09日
サツドラホールディングスのグループ企業であるサッポロドラッグストアー(札幌市北区、富山 浩樹社長)は、運営するサツドラ及び北海道くらし百貨店の店舗で、本日2018年4月9日(月)より札幌市内の交通・商業・行政分野で利用される市民IC カード「SAPICA(サピカ)」が利用可能となる。SAPICAなどの電子マネー決済には、既に導入しているトッパン・フォームズのグループ会社であるTF ペイメントサービスが提供するクラウド型電子マネー決済プラットフォーム「Thincacloud/シンカクラウド」が対応する。 今回のサービス開始によるサツドラ及び北海道くらし百貨店の店舗で利用できる電子マネーはSAPICA、交通系電子マネー、nanaco、WAON、楽天Edy、QUICPay、iD(※一部店舗を除く)。 今後も電子マネー決済サービスを含め、お客の利便性と満足度向上を目指し、より良いサービスの提供を行っていく。 1. 利用開始日 : 2018年4月9日(月) 2.SAPICA利用店舗 : サツドラ 187 店舗 (一部店舗、調剤薬局を除く) 北海道くらし百貨店 2店舗 (2018年4月9日現在) 3.サービス内容 : 店舗でのSAPICA電子マネーによる支払い1回ごとに、支払い総額の0.5%相当(200円(税抜)ごとに1ポイント)のSAPICA ポイントが貯まる。 また、一度に1,000円単位で最高20,000 円までチャージが可能。 なお、SAPICAポイントを電子マネーの支払いに充当することはできない。 ≫ニュース全文を読む

2018年04月06日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、「フィックス型」と「リフロー型」に対応可能なハイブリッド電子書籍ビューアーを開発した。独自のレンダリングエンジンにより、端末に依存しないフォント表示とコンテンツ保護機能の強化、端末への表示スピード向上を実現した。 2011 年に、電子出版・電子書籍に関わる国際的な標準化団体IDPF(International Digital Publishing Forum)により、日本語の組版仕様を組み込んだ電子書籍のファイルフォーマット規格「EPUB3」が策定された。これにより、電子書籍のフォーマットが統一され、国内の電子書籍市場は大きく伸長した。 電子書籍コンテンツの形式には、印刷物と同じくページごとのレイアウトが固定された「フィックス型」と、閲覧端末の画面サイズに合わせてテキストやレイアウトを流動的に表示する「リフロー型」がある。 いずれも、ビューアーはコンテンツを表示するのみで、コンテンツ保護のためのDRMは電子書籍ストア側が用意することが通例だった。また、リフロー型では、文字の表示が端末搭載フォントに依存するケースが多く、端末ごとに表示フォントが異なることが多いうえ、文字サイズ変更時の表示やページめくりの速度向上も課題となっていた。 こうした課題解決のために開発したのが、長年にわたるプリプレス業務で培った技術を生かした独自のレンダリングエンジンを搭載した、フィックス型・リフロー型対応のハイブリッド電子書籍ビューアーだ。 視認性が高いフォントワークスのユニバーサルデザイン(UD)フォントのアウトライン情報のみをレンダリングすることで、端末搭載フォントに依存しないフォント表示を実現した。また、ビューアー上に文字コードの情報を出さない仕様にすることで、コンテンツのコピー防止も実現している。さらに、文字サイズ変更時の表示やページめくりの速度についても、組版ロジックの見直しにより、先行する他社ビューアーと比較して大きく向上した(同社調べ)。なお、同ビューアーはストリーミング配信型のため、端末への専用アプリケーションをインストールすることなく利用できる。 同ビューアーは、同社の子会社であるデジタルカタパルト(東京文京区、清水直紀社長)が運営する電子書籍ストア「ソク読み」(https://sokuyomi.jp/)に、2018 年5 月より導入される予定。 ≫ニュース全文を読む

2018年04月06日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、企業の活動の歴史をたどった“企業年表”の情報をタブレット端末やデジタルサイネージなどの多様な機器にグラフィカルな表示ができる「DNPデジタル年表システム」を開発し、2018年4月に提供を開始する。 導入企業等の担当者は、シンプルな操作によって、伝えたい相手や場所、表示機器に合わせて最適な年表画面を設定することができる。各企業のDNAともいえる成り立ちや強みの源泉などを表す“企業年表”を、企業のブランド価値の向上や社員教育などのコンテンツとして有効活用できる。 企業の多くは周年などを契機として、創業からの歩みを振り返る記事や画像などのアーカイブ情報を収集・整理し、社史などにまとめている。しかしアナログとデジタルの資料が混在する膨大な情報を長い時間と手間をかけて集約しているにも関わらず、その情報を社史のコンテンツ以外に活用できていない場合が多く、企業のショールームや歴史施設、社員教育などに活かしたいというニーズもあった。 DNPは、企業や団体の社史・年史の企画・制作をはじめとする各種サービスを1960年代から提供し、収集した資料や情報のデジタルアーカイブを含めた技術やノウハウを培ってきた。その強みを活かして今回、企業が保有する文字・画像・映像などのアーカイブ情報を、高品質・高精細なデジタルデータに加工し、編集することで、年表情報をデジタルサイネージ用やタブレット端末用などに展開できる「DNPデジタル年表システム」を開発した。 【「DNPデジタル年表システム」の概要と特長】 同システムは、シンプルな操作でデータ登録や表示設定などができる“年表データ登録・管理アプリ”と、マルチデバイスでの最適表示を行う“デジタル年表ビューワ”の2つのソフトウェアで構成している。 企業等の担当者は、当システムを設置する拠点ごとに表示する言語やコンテンツを登録・設定し、使用するデバイスに合わせて最適な形式で表示することが可能。 ■主な特長 1. シンプルな構成で操作が簡単 : “年表データ登録・管理アプリ”を使用することで、文字や画像、動画のデータ登録や登録データの修正・削除、使用言語の設定、表示する機器を設置した拠点ごとのコンテンツの切替などの操作が簡単に行える。 2. 様々なメディア形式に対応 : “デジタル年表ビューワ”は、iPadやAndroidタブレット端末、PC、大型のデジタルサイネージ等のさまざまな形式に対応し、マルチデバイスで最適な表示を行う。また、Windows10に標準対応しているさまざまな言語での入力と表示に対応している※。 ※アラビア語など、横書きで右から左に読む言語には対応していない。 3. 動画や画像を効果的に表示できるグラフィカルな年表 : 企業が保有する製品画像やPR動画などを活用することで、グラフィカルな年表を効果的に表示することが可能。 ■参考価格 初期費用 1,500万円~(税別) ※iOS、Android、Windowsの各種OSおよびWebサイトに対応する場合 ※コンテンツ制作、言語翻訳費用は別途必要。 【今後の展開について】 DNPは、企業のショールームや歴史施設等での展示、社員教育向けなどに「DNPデジタル年表システム」を提供する。また、関連するコンテンツ制作や社史データのコンテンツ管理システム「デュアルシーブ」、デジタルサイネージなどへの配信管理ソフトウェアなどと合わせて2020年までに売上5億円を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2018年04月05日
「竹尾 淀屋橋見本帖」が4月7日に誕生する。 紙から生まれる「もの」と「こと」。 「デザイン」と「印刷」を通じて繋がる「人」と「人」。 この度、東大阪市の竹尾 大阪支店内にて営業していた「大阪見本帖」を大阪市中央区の 淀屋橋odona内へ移転し、「淀屋橋見本帖」としてオープンする。 紙を通じた場作りをめざして、「淀屋橋見本帖」では紙選びの相談だけでなく、 4,600種以上のファインペーパーが買い求められるショップ、 竹尾の発行物や各種紙見本帳を閲覧できるアーカイヴ・コーナーや ギャラリーなど、 様々な試みを用意している。 また、店内にはCAPPAN STUDIOの工房を併設。 ハイデルベルグ社の活版印刷機が設置され、 名刺やカード、レターヘッド、封筒などの名入れ印刷を承る。 ■竹尾 淀屋橋見本帖   所在地:〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋odona1F 営業時間:11:00-20:00(不定休、淀屋橋odonaに準ずる) 取扱品目: 全判4切サイズのファインペーパー 約270銘柄4,600商品 、ミニサンプル、デザイン封筒、各種紙製品  ≫ニュース全文を読む