日印産連 4本の柱を中核に委員会や部会などで成果を出していく
2017年06月15日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は6月14日、千代田区紀尾井町・ホテルニューオータニで第32回定時総会を開催し、原案どおり承認された。
 懇親会で挨拶した山田会長は昨年度を振り返るとともに「私たちをとりまく環境は国内、国際においても政治や経済で大きな変化に直面しており経営の舵取りが難しい時期だ。しかし、社会の変化に的確で柔軟に取り組むことで印刷産業が社会に貢献することは可能だ。日印産連は今年度もグランドデザインの実現に向け、これまで以上、会員10団体ならびに関連団体とも密接な関係を築き、活力ある連合体として一層の発展を目指していく」と抱負を述べた。
総会は山田会長を議長に選出して議事に入り、平成28年度事業報告ならびに決算報告と平成29年度事業計画ならびに収支予算が原案どおり承認された。日印産連では2015年からグランドデザインに取り組み、平成28年度はその深耕に努めてきたが、平成29年度もこの取り組みを継続していく。具体的には、時代の変化を早期に的確に捉え、社会の発展を支えるための「新しい価値の提供」、印刷産業の各社が「公正で的確な事業活動を推進」できるための施策展開、「持続可能な地球環境への取り組み」の推進、さらに、一般社会に向けた「印刷産業の理解促進」を図り、産業としての信頼向上に向けた活動の推進だ。この4本の柱を中核として、従来からの委員会や部会などでさらに成果を出していく。
 役員の選任では、三浦剛治氏(印刷工業会・三浦印刷会長)と田中浩一氏(全日シール・田中シール社長)が退任し、大橋幸成氏(印刷工業会・三浦印刷取締役)と田中祐氏(全日シール・山王テクノアーツ社長)が就任した。


 山田雅義会長