トッパン・フォームズ  第19 回自動認識システム大賞で「大賞」を受賞
2017年09月11日
トッパン・フォームズ(東京都港区、坂田 甲一社長 以下、トッパンフォームズ)とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸(東京都中央区、長尾 裕社長)は、第19 回自動認識システム大賞で「大賞」を受賞した。
2017 年2 月に開催された冬季アジア札幌大会にて、ヤマト運輸は海外の選手団が手ぶらで出国ができる手荷物輸送サービス(*1)を提供しました。混雑・混乱なく航空会社へ迅速かつ確実な手荷物の受け渡しを行ったことがフライト遅延ゼロにつながり、アスリートファーストを実現した。
(*1)同輸送サービスは、ヤマトホールディングスにより特許出願中。

【自動認識システム大賞とは】
自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを一般社団法人日本自動認識システム協会が表彰するもので、今回で19 回を迎える。
【受賞内容】
1.審査結果 :大賞
2.申請テーマ :ヤマト運輸が提供する「手ぶらチェックインサービス」におけるRFID の活用
3.サービス概要:
選手の帰国が集中することで、空港での手荷物受け渡しによる混雑やフライト遅延の発生について課題を抱えていた大会組織委員会に対し、人と手荷物の導線を分けた手荷物輸送サービスを提供した。RFID を活用し、選手・手荷物の空港到着ログをそれぞれ取得することで、空港への到着確認がとれた選手の手荷物から航空会社に受け渡しを実施。これにより空港の混雑緩和とフライト遅延ゼロへの貢献、選手が重たい大量の手荷物を持って空港でチェックインをするという手間やストレスを軽減した。
なお受賞内容の詳細については9 月13 日~15 日に東京ビッグサイトで開催される「第19回自動認識総合展(主催:日本自動認識システム協会)」の主催者ブースにて展示される予定。