ZMPと凸版印刷  ロボット×ICタグで無人棚卸、自動認識総合展で公開
2017年09月12日
ZMP(東京都文京区、谷口恒社長)は、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」と、自動運転制御開発車両プラットフォーム(RoboCarプラットフォーム)を連携させ、倉庫や工場内で無人での隊列搬送を実現する取り組みを開始した。
 ZMPは同取り組みの第一弾として、凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)と共同で、「RoboCar 1/10」の後を無人で自動追従する「CarriRo」とRFIDを組み合わせた無人棚卸ソリューションを開発、その進捗状況を2017 年9 月13 日(水)から15 日(金)に開催される「第19 回自動認識総合展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースにて公開する。

 RoboCarプラットフォームは、実車1/10スケールロボットカー「RoboCar 1/10」や研究開発用移動台車プラットフォーム「POWER WHEEL II」のように、センサーを搭載することで、周辺環境を計測してマッピングや自己位置推定が可能になり、自律で走行することが可能。また「CarriRo」は付属のビーコンを検知して追従する「カルガモモード」という機能を搭載している。この2つの機能を組み合わせることにより、自律走行するRoboCarプラットフォームを「CarriRo」が自動追従し、一度に複数台での無人隊列走行が可能になる。
 今回、ZMPはこの取り組みの第一弾として、凸版印刷と共同で開発中の、RFIDを組み合わせた無人棚卸ソリューションを公開。同ソリューションは、電波を外向きに照射するRFIDリーダを搭載した「CarriRo」が無人で走行し、周囲にある商品に貼付
されたRFIDを読み取り、読み取った実棚情報を物品管理システムに返す。これにより大きな労力を要する棚卸作業の効率化、省人化を実現する。
                                                     
■ 物流支援ロボットCarriRo(キャリロ) について
 CarriRoはジョイスティックによる操作ができるドライブモード、およびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモードを有した台車型物流支援ロボットで、2016年8月より販売を開始している製品。CarriRoの機能を活用することで、運搬の生産性を最大約3倍まで引き上げることを目的としている。充電式で最大100kgの荷物を8時間連続で運ぶことができ、倉庫や物流センター内のピッキング業務の効率化や、工場内の工程間搬送に利用することでベルトコンベアやAGV(無人搬送車)を代替することも可能と想定している。また作業負荷が大きく軽減されることにより、これまで重労働と見られていた運搬作業を女性や高齢者でも行えるようになるため、働き手の拡充や雇用の促進にも効果的。