小竹天瑞堂 ・和紙印刷の専門サイト「和紙の印刷工房」を公開
2017年10月13日
 和紙をはじめとする特殊素材のラベル・シール、化粧箱などの印刷・加工を行う株式会社小竹天瑞堂(新潟県柏崎市、駒形和彦社長)はこのほど、和紙印刷(ラベルなど)専門サイト「和紙の印刷工房」(http://washi-insatsukobo.com/)を公開した。
 同社では、昨今のインバウンド需要の増加から、和紙および和紙印刷は「外国人に向けて<和>をアピールしたい製品に絶好の素材」であると考え、「和紙の印刷工房」立ち上げに至った。具体的には、酒類や菓子などの食品メーカー企画担当者やデザイナーに向け、和紙を使ったラベル、お土産などのパッケージ開発へ活用できるサイトを目指していく。
 専門サイト「和紙の印刷工房」で以下の内容を紹介している。
 ■和紙の種類
 一般的な「和紙」から見た目が和紙っぽい「和紙風洋紙」まで、写真とともに、印刷・加工適正やおすすめ使用用途。
 ■和紙への印刷
 基本的なプロセス4Cカラーや特色での印刷についての説明から和紙と洋紙をオフセット印刷した場合の比較、和紙への印刷の難しさ。
 ■和紙への加工
 箔押しや形状を変形にする場合の型抜き、和紙をちぎる加工。
 ■サンプル請求、お問い合せフォーム
 実際に和紙に印刷し箔押しした見本をサンプルとして請求することも可能です。
詳細はこちら