大日本印刷 QUICPay+対応加盟店で利用可能なバーチャルデビットの即時発行を実現
2018年02月13日
大日本印刷(DNP.北島義俊社長)は、決済やポイント等のサービスをスマートフォンで一元管理するクラウド型の「DNPモバイルWallet(ウォレット)サービス」に、代金等を預金口座から利用後すぐに引き落とすデビットを、即時に発行する機能を追加した。同サービスは、みずほ銀行の「みずほWalletアプリ」に採用され、ジェーシービーの電子決済サービス「QUICPay+(クイックペイプラス)」との連携で国内で初めて、スマートフォンで非接触IC決済が可能な「バーチャルデビット」の即時発行サービスを2018年春に開始する。

【機能拡張の背景と概要】
スマートフォンをかざすだけで支払いができる電子決済の利用が進むなか、さまざまな決済アプリケーションやポイントカード、会員証やクーポンなどを一元管理することのできる「モバイルWallet」の需要が高まっている。特にスマートフォンの利用頻度の高い若年層を中心に、デビットカードのスマートフォン対応が待たれていた。デビットカードは、決済時に銀行口座の預金残高を照会し、代金を銀行口座から即時に引き落とすサービス。クレジット機能を持たないため、より多くの生活者が銀行口座を保有しているだけでキャッシュレス決済サービスとして利用することが可能。
DNPは、2012年に「DNPモバイルWalletサービス」の提供を開始し、複数のサービスの一元管理機能に加え、プリペイドカードやポイントカードなど異なるサービスの連携により、生活者メリットの向上に取り組んできた。また、各種サービスの利用履歴データを分析し、企業のマーケティング活用の支援なども推進してきた。
今回、モバイルWalletと各種電子決済サービスの連携に必要な機能を追加することによって、スマートフォンでデビット利用ができるようになった。

【「みずほWalletアプリ」の概要】
みずほ銀行の口座を持っている生活者が、Android向け「みずほWalletアプリ」をダウンロードし、口座の振替設定を行うだけで、即時にスマートフォン上でバーチャルデビットを発行する。同カードは、FeliCa®を用いたJCBの非接触IC決済サービス「QUICPay+」に対応しており、生活者は全国で端末台数65万台以上のQUICPay+加盟店で支払いが可能になる。





■DNPモバイルWalletサービスの特長
● 各種決済やポイント、クーポンなどのさまざまなサービスを一元管理し、一つの財布(ウォレット)のように共通のユーザーインターフェースで利用できるようになる。
● 複数のサービスの一元管理機能に加え、各サービス間の連携を可能にし、生活者に最適なサービスを構築可能。
● 複数のサービスの利用履歴をビッグデータとしてマーケティングに活用することで、顧客のロイヤルティ(忠誠心)向上や企業の新たなビジネスの創出につなげていくことができる。
● NFC(Near Field Communication)やFeliCa®、二次元バーコード、一次元バーコード、BLE(Bluetooth Low Energy)などのさまざまなインターフェースを使用したサービスに対応可能。
● 企業は、DNPの提供する各種汎用サービスなどを活用することによって、容易にDNPモバイルWalletサービスに対応したさまざまなサービスを立ち上げることができる。
● DNPモバイルWalletサービスに対応していないサービスやアプリでも、DNPモバイルWalletサービスのサーバーを経由して連携させることが可能。