トッパン・フォームズ クロスチャンネル販促効果を実地調査、CVRが2.5倍、売上金額が1.9倍に増加
2018年02月13日
トッパン・フォームズ(トッパンフォームズ)は、AOKI が展開するORIHICA のEC 事業部門の協力の下、ダイレクトメール(DM)とE メールを活用した告知手法の違いによる販促効果を検証する実地調査を行った。
今回の調査では「DM+E メール」での告知の場合、「E メールのみ」で告知した顧客層と比べ、販売件数2.5 倍、売上額1.9 倍の効果が得られたことから、EC 分野における「クロスチャンネル販促」の有効性が実証された。

【調査結果の概要】
1. 「DM+E メール」の手法の場合、クロスチャンネル効果により「E メールのみ」で告知した顧客層と比べ、販売件数2.5 倍・売上金額 1.9 倍に増加
2. E メールは発信日直後以外の販促効果が薄いのに比べ、紙媒体が残るDM は販促効果が持続したことから、DM のロングターム効果を実証
3. 「DM+E メール」の手法でも「獲得利益」が「DM コスト」を上回り、十分な費用対効果が得られることを実証
また実地調査にご協力いただきましたAOKI ORIIHICA EC 担当者からのコメンは次のとおり。
■AOKI ORIIHICA EC 担当者
「当社のリアル店舗ではかねてより大量のDM 販促を展開しておりますが、当EC 事業分野にとってDM販促は初めての試みでした。E メールと比べて割高なDMを敬遠していたのが理由です。
しかし今回の実地調査で『DM+E メール』のクロスチャンネルによる高い効果が実証され、かつDM コストも獲得利益に見合うことが分かりました。もちろんEC 事業では低コストのデジタル販促が今後も主流ではありますが、今後はDM とのクロスチャンネル販促により、売上額を上げる販促施策も組み込んでいきたいと思っています。」
■ORIHICA について
AOKI が2004 年から事業展開。メンズ&レディースのビジネスシーンからカジュア
ルまで、あらゆるオケージョンに対応した商品をORIHICA 独自に企画・開発。ビジネスシーンの枠にとらわれず、ライフスタイルを“豊か”で“楽しいもの”にするべく、汎用性の高いアイテムで新しいスタイルを全国145 店舗にて提案。同じくORIHICA ブランドでEC ショップも運営している。

【実地調査の概要】
調査時期:2017 年10 月1 日(日)~10 月29 日(日)の約1 カ月間
対 象 者:ORIHICA EC 会員13,200 名(※会員全体から抽出)
調査内容:購買実績を基に3 つにセグメントしたEC 会員に対して、DM とE メールを活用した販促キャンペーンを実施。各セグメントから無作為に抽出した顧客に対し「DM+E メールのみ」「DM のみ」「E メールのみ」の告知を同人数ずつ行い、EC サイトでの販売件数や売上額を測定することで告知手法と販促効果の関係性を評価。なおDM はキャンペーン初旬に1 回送付、E メールはキャンペーン開始前日の告知、中間リマインド、終了直前告知の計3回配信した。