ムサシ・高性能レーザー加工機の新製品を4月18日から販売
2018年03月19日
 株式会社ムサシはこのほど、「加工スピード」や「加工精度」を向上させた高性能レーザー加工機FLEXIシリーズの新モデル「FLEXI 816T」(Sei LASER社製)を、印刷会社に向けて4月18日に発売することを発表。同時にレーザー加工機専用ショールーム 「Flexible Arrow 平和島」(東京都大田区)に同モデルを設置し、ラインアップする各種レーザー加工機の販売をさらに強化していく。
 POD(プリントオンデマンド)やUVインクジェットプリンタなど、デジタル印刷機の性能向上とその普及により、印刷会社は高品質の印刷物を提供することが可能になる一方で、競合他社に対抗するため「商品の差別化」を図ることが課題となっている。
 その差別化の手法として、印刷物に加工を施すことが注目されており、特に「レーザー加工」によって繊細で微細なカットを行い、デザイン面において商品の付加価値を飛躍的に高め、差別化を図ることが世界的な主流となりつつある。
 同時に印刷市場では、短納期・大量ジョブに対応する加工処理の高い生産性や、編集アプリケーション上で設定した繊細なデザインのカットを忠実に再現する加工精度などが求められるようになってきた。
 今回、同社が発売する新モデル「FLEXI 816T」は、①レーザー光のパワーを強化することで、加工スピードを約20%アップ(同社従来モデル比)し、業界最速の高い生産性を実現②オンフライ機能に対応し、より高いレーザーの照射精度を実現する市場ニーズにマッチした高性能レーザー加工機「FLEXIシリーズ」の最上位機種となる画期的なモデル。
 製造元である「Sei LASER社」(イタリア)は、1976年に創業した老舗メーカーであり、卓越したレーザー技術と製品開発力を持ち、多彩な機種を世界各国のさまざまな業界に提供している。
 同社は、Sei LASER社の国内総代理店であるコムネット株式会社の一次店として販売する。