(一社)日本経営協会 「企業立地フェア2018」出展者47社/団体が決定
2018年04月10日
2018年5月16日(水)から18日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される地方創生、企業誘致のための展示会「企業立地フェア2018」の出展者47社/団体が決定した。
「企業立地フェア」は自治体による企業誘致のための立地提案や優遇制度の紹介、地域産業や住みやすいまちづくりのPRに活用されている展示会だ。また革新的な取り組みを行っている自治体関係者などによるセミナーを多数実施し、現場における最新の知見に基づいた情報を提供する。
会場内では自治体、行政に関する国内最大規模の展示会「自治体総合フェア2018」が同時開催され、自治体運営に関わる最新の製品やサービスを提供する企業、団体が出展する。これらにより自治体関係者と民間企業の方の交流の場ともなっている。
今年の企業立地フェアでは、自治体と企業の協働や、地方での事業展開を目指す企業と自治体とのマッチングの場として、「自治体×企業”マッチングコーナー」を新たに設けた。それぞれのライフスタイルに合った働き方が求められる現代において注目を集めているサテライトオフィスに関しても、紹介などを予定している。

出展団体及びセミナーの最新情報は以下のWEBサイトから見ることができる。
https://noma-bcd.jp/

■ 企業立地フェア2018 開催概要
テーマ:オリジナリティで勝負するこれからの企業誘致
会期: 2018年5月16日(水)~18日(金)
開催時間:10:00~17:00
会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西3ホール
主 催:一般社団法人日本経営協会
同時開催: 自治体総合フェア2018(https://noma-lgf.jp/)
来場予定者数:3,000人(2017年実績2,595人)
出展者数:47社/団体