共同印刷 「MY SHOPPING CONCIERGE」スタータープランの提供を7月より開始
2018年06月12日
 共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、オムニチャネル対応の販売・販促ソリューション
「MY SHOPPING CONCIERGE(マイ・ショッピング・コンシェルジュ)」の基本機能を手軽に導入できる「スタータープラン」の提供を7 月より開始する。
 マイ・ショッピング・コンシェルジュは、実店舗に設置するタッチパネル型のデジタルサイネージとスマートフォン用アプリが連動し、“新しい顧客接点”を創出するシステム。IoT 時代の新しい小売・流通スタイルへの進化が求められるなか、生活者のニーズやライフスタイルに柔軟に対応し、売り場と売り方を進化させるオムニチャネル対応システムとして、2016年2 月に販売を開始した。
 このたび提供を開始するマイ・ショッピング・コンシェルジュ スタータープランは、販促活動のなかで寄せられた、「オムニチャネル実現に向けて、店舗とEC の連携を簡易的にトライしたい」という声に応えたもの。オムニチャネルの第一歩を実現してもらうため、導入企業の既存システムを大幅に改修せずにマイ・ショッピング・コンシェルジュの基本機能が利用できるシステム構成とし、低コストプランを実現した。実店舗とEC サイトをつなぎ生活者の購買をアシストするマイ・ショッピング・コンシェルジュの価値を、ぜひスタータープランで確かめてほしい。

 なお、マイ・ショッピング・コンシェルジュ スタータープランは、6 月13 日~15 日に幕張メッセで開催される「デジタルサイネージ ジャパン2018」に出品する。(同社ブース:8 ホール、小間番号:8R25)

【マイ・ショッピング・コンシェルジュ スタータープラン 商品購入の基本的な流れ】
 店舗に設置したデジタルサイネージが“商品棚”に。商品の情報や詳細画像を大画面で閲覧できるほか、QR コードを活用して既存のEC サイトへの誘導も可能。

※マイ・ショッピング・コンシェルジュ(通常版)では、システムや画面デザインのカスタマイズが可能。また、会員や商品の情報が一元管理できるほか、決済システムやPOS 連携など、導入企業の既存システムとの連携も可能なため、新業態の店舗開発などにも役立てられる。