SCREEN 執行役員 河原林 正氏が「平成30年度安全功労者総務大臣表彰(個人の部)」を受賞
2018年07月12日
 株式会社SCREENホールディングスの執行役員 河原林 正(かわらばやし ただし)氏はこのたび、「平成30年度安全功労者総務大臣表彰(個人の部)」を受賞した。
 安全功労者総務大臣表彰は、安全思想の普及徹底または安全水準の向上のため、各種安全運動、安全のための研究、もしくは教育または災害の発生の防止もしくは被害軽減に尽力し、または貢献した方々の士気高揚を図るという目的で、消防職団員以外の個人・団体を受賞対象として表彰するもの。
 同社執行役員の河原林 正氏は、2007年に上京自衛消防連絡協議会(京都市)の会長に就任。新入社員合同防火防災研修会や訓練大会を毎年開催し、参加事業所の自衛消防隊員の実践的な能力の向上に努めている。2016年からは、自らが防火管理者を務める株式会社SCREENホールディングス社内で自衛消防隊の訓練大会を実施し、災害対応能力の向上を図っているほか、当社社員にボランティア活動を奨励するとともに、防災ボランティアとしての消防団活動を紹介した結果、4名の社員が上京消防団に入団するなど、見回りや消防訓練を通じて地域の防災力の向上に貢献している。