大日本印刷 台湾・誠品書店の台北敦南店内に「手塚治虫書店」を7月13日開設
2018年07月12日
大日本印刷(DNP)は、台湾の誠品書店、手塚プロダクションと共同で、2018年7月13日より、台湾・台北市にある誠品書店の台北敦南店内に「手塚治虫書店」を開設する。また、2018年7月13日~9月2日はキャンペーン期間として、台北敦南店の他、台北R79店、台中園道店、高雄大遠百店の3店舗でも「手塚治虫書店フェア」を展開する。



手塚治虫書店 オープン告知ポスター


「手塚治虫書店」は、“手塚治虫関連の書籍が何でも揃う書店”を目指すプロジェクトで2014年にはじまり、現在、丸善丸の内本店など東京・大阪・名古屋・岐阜・淡路島の5店舗で展開している。「手塚治虫書店」は、手塚治虫の漫画や関連書籍を取り扱う“プリントメディア”、書店限定で閲覧できる手塚治虫図書館「TEZUKA SPOT」や電子書籍を取り扱う“デジタルメディア”、絶版になってしまった作品・書籍等を1冊から製造・販売する“オンデマンド出版”、“手塚治虫作品のキャラクターグッズ”の販売など、「プリント」と「デジタル」を融合したハイブリッド型の書店となっている。
日本漫画の第一人者で、“漫画の神様”と謳われる手塚治虫は、台湾でも広く知られている漫画家の一人で高い人気を誇っている。今回3社は、2018年の手塚治虫生誕90周年にあわせて台湾で「手塚治虫書店」の運営を共同で開始し、従来の手塚ファンに加え、若い世代のマンガファンに対しても、手塚治虫の魅力を広く発信していく。
台湾の誠品書店は、1989年に創業した台湾を代表する大型書店チェーン。書籍のみならず台湾人クリエイターのアート作品や話題のグルメ・ファッションを独自のセンスで選定し、複合施設として展開しています。文化発信拠点として老若男女問わず高い人気を誇り、2004年にはTIME誌アジア版で「アジアで最も優れた書店」に選ばれました。現在、台湾41店舗、香港3店舗、蘇州1店舗で展開している。(2018年6月現在)

【手塚治虫書店の概要】
■台北敦南店の「手塚治虫書店」
開始日 : 2018年7月13日
場所 : 誠品書店 台北敦南店2階(台湾・台北市)
URL(繁体語) : https://meet.eslite.com/tw/tc/artshow/201807030002
書店の内容:
○ 手塚治虫の作品年表や複製原稿の展示
○ 代表的な手塚治虫作品の“初版単行本の表紙”と“繁体語版の第一話”の展示
○ Tシャツ、ミニタオルなどのオリジナルグッズの販売
○ 台湾の漫画、出版に関わる著名人を招いたトークショーの開催
○ 繁体字に翻訳された手塚治虫の漫画や関連書籍

■手塚治虫書店フェア
期間 : 2018年7月13日~9月2日
主会場 : 誠品書店 台北敦南店
サテライト会場:台北R79店、台中園道店、高雄大遠百店17F