大日本印刷 TOKYO PACK2018に出展、多種多様な製品・サービスを提案
2018年09月13日
大日本印刷(DNP)は、2018年10月2日(火)~5日(金)に東京ビッグサイトで開催される「2018東京国際包装展(TOKYO PACK2018)」に出展する。DNPの包装関連におけるSDGsの取り組み紹介や、それぞれの利用シーンでの課題を解決する多種多様な製品・サービスを提案する。

【展示会概要】
名称:TOKYO PACK 2018 - 2018東京国際包装展 - Tokyo International Packaging Exhibition 2018
会期 :2018年10月2日(火)~5日(金) 10:00~17:00
場所 :東京ビッグサイト
主催:公益社団法人日本包装技術協会(Japan Packaging Institute)
入場料:1.000円(税込)ただし、来場案内状(招待券)を持参した場合・事前登録した場合は無料
テーマ:考えよう 地球をまもるパッケージ
公式サイトURL:http://www.tokyo-pack.jp/

【DNPブース(No.東1-03)の概要】
社会ニーズを満たしながら経済成長を促し、環境保護にも全世界の一人ひとりが一緒に取り組む、それがSDGs。
わたしたちは、パッケージメーカーとして世界の未来に責任があると考えている。
DNPは“サステナブルはあたりまえ、心ゆたかでスムーズな暮らしを両立させるモノづくり”を提案する。

■展示内容
○還(かえす)
「かえす」ゾーンでは、リサイクルの推進、CO2の削減、持続可能な原料調達を可能にするパッケージ提案を行う。
○買(かう)
「かう」ゾーンでは、多様化する生活者に対応する新しい買い方について、DNPの総合力を発揮した提案を行います。
○護(しまう)
「しまう」ゾーンでは、安心・安全の提供、品質の最適化、長期保存を可能にするパッケージ提案を行う。
○使(つかう)
「つかう」ゾーンでは、だれでも簡単、時短、イライラ解消を可能にするパッケージ提案を行う。

■DNPブースでのショートプレゼンテーション
DNPの企画開発担当者や社外の方を講師に迎え、来場の皆様に熱く語りかける。
社外講師の紹介(一例)
▽「循環型社会に貢献するプラスチックリサイクルの可能性」
ダウ・ケミカル日本
マネージャー  伊木 彩乃氏
▽「フードロスとパッケージの機能」
持続可能な社会をつくる元気ネット
事務局長  鬼沢 良子氏