セイコーエプソン 「Epson 25 第2期中期経営計画」(2019年度~2021年度)を策定
2019年03月14日
 セイコーエプソン株式会社(エプソン、碓井稔社長)は、このたび、エプソングループ長期ビジョン「Epson 25」の実現に向けた3カ年の中期経営計画「Epson 25 第2期中期経営計画」を策定した。

Epson 25 第2期中期経営計画
1. 第1期中期経営計画(2016年度~2018年度)の振り返り
2016年に策定した長期ビジョン「Epson 25」においては、2025年に向けたエプソンが進むべき方向性として、 “「省・小・精の価値」で、人やモノと情報がつながる新しい時代を創造する”を掲げ、私たちの強みを生かせる4つの領域でイノベーションを起こし、持続可能で豊かな社会をつくり出すことを目指している。
◆長期ビジョン「Epson 25」 epson.jp/company/corporate_vision/

この長期ビジョン「Epson 25」の実現に向けた、第1期中期経営計画(2016年度~2018年度)の3カ年では、将来成長に向けて大きく進展した取り組みがあった一方で、計画に対する遅れや十分な成果に結びついていない取り組みなどもあった。さらに想定を上回る外部環境の変化にも影響を受け、業績は売上収益、事業利益、ROSともに未達の見込み。

<第1期中期経営計画における主な成果と課題>
●コア技術の強化や生産能力の増強、将来成長の核となる商品の投入などは成果があったものの、スピード感を持った取り組みに課題
●販売面で、日本・西欧の販売体制整備や顧客知見の蓄積は進展するも、その他の地域での販売体制整備の遅れや、顧客知見を生かした商品・サービスの提供と提案手法の確立に遅れ
●経営資源は、成長分野での積極的な設備投資や研究開発を実施した一方、全体としてのメリハリが不十分

2. 第2期中期経営計画の基本的な考え方
上記の振り返りを踏まえ、「Epson 25 第2期中期経営計画」では、引き続き「Epson 25」で目指す姿は堅持し、環境変化や社会課題に対応したメリハリのある経営により、高い収益を生み出す事業運営に改革する。

<第2期中期経営計画基本方針>
(1) 資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速
●ソリューション提案型ビジネスの強化
●協業も含め商品ラインアップの迅速な強化
●コアデバイスを用いた外販ビジネスとオープンイノベーションの強化
●ロボティクスへ経営資源を投下し主柱事業化に向け成長を加速

(2) 本社からのコントロールによる、グローバルオペレーションの強化
●強化すべき事業領域・地域の選択と集中
●提案型BtoB営業力強化に向けた組織整備と人材投入
●全社統合IT基盤の整備

(3) 経済環境、戦略の実効性を踏まえた規律ある経営資源の投入
●メリハリをつけた商品ポートフォリオの再構築
●財務規律の強化