大日本印刷 「ミラノデザインウィーク2019」“Patterns as Time”をテーマに出展
2019年03月25日
大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は、2019年4月9日(火)~14日(日)にイタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2019」において、“Patterns as Time”をテーマにインスタレーション展示を行う。今回は、二組のクリエイティブパートナーたちとDNPのサーフェスデザイナーがコンセプトの具現化を行う。会場はミラノ中央駅高架下の展示スペース「ヴェントゥーラ チェントラーレ」。
人々のこころに鮮烈に刻まれる“デザイン”の価値が今後ますます高まるとDNPは考え、クリエイティブパートナーと共に新しいデザイン価値を提案する。

【インスタレーション“Patterns as Time”について】
“Patterns as Time”というコンセプトワードには、パターンは単なる模様ではなく、生物が太古から受け継いできた機能や、古くより日本人が大切にしてきたグラフィカルなセンスもパターンとして捉え、これらの「人の感情に残る、触れる、響く」patternsを、印刷技術を通して継承、創造し続けていきたいというDNPの想いを込めた。同展示はその想いをDNPの技術とデザイン力でアクティブに表現した。インスタレーションは、AtMa inc.による“Time Printing”と、noizによる“Patterns of Nature”で構成されている。

●AtMa Inc.の展示コンセプト“Time Printing”およびプロフィール
伝統的な江戸小紋と、日本の伝統柄の色彩と文様を再構築した「MidCid」のデザインを、時間軸をもとに空間にプリントした。過去と現代が情報によって繋がり、歴史ある伝統の概念をデザインによって次の世代へ、そして更にその次の世代へと繋いでいきたいという思いが込められている。
AtMa Inc.(http://atma-inc.com/)
インテリアデザイナーの鈴木良氏とアーティストの小山あゆみ氏によって2013年に設立。アパレルショップやカフェ、レストランのインテリアデザインを軸に、ウィンドーディスプレー、ホテルやマンションのディレクション、照明器具や椅子のデザインまで活動は多岐にわたる。

●noizの展示コンセプト“Patterns of Nature”およびプロフィール
自然界に無数に存在する、生物たちのパターンのエッセンスを、電子ペーパー特有の柔軟性、経時変化を許容するプログラム性、自発光とは異なる独特の質感を活かし展示空間に凝縮することを試みた。電子ペーパーが組み込まれた”ゼブラ”チェアは、自然界に多様にみられるチューリングパターンが浮かび上がったり消えたりすることで、背景に溶け込んだり現れたりを繰り返す。同様に電子ペーパーが組み込まれた背もたれのない
”クラゲ”スツールは、海中を漂う生物の幼生が、ゆっくりと呼吸するように色のグラデーションを変化させる。
noiz(http://noizarchitects.com/)
豊田啓介氏と蔡佳萱(Tsai,Jia-Shuan)氏によって2007年に設立。コンピューテーショナルな手法を積極的に駆使し、建築デザインやインテリア、インスタレーションなど、幅広いジャンルで国際的に活動している。最新デジタル技術のデザインやファブリケーション、システム実装等に関する、教育やリサーチ、コンサルティング活動を積極的に展開している。

●DNPのサーフェスデザインへの取り組み
同展示において、DNPのイノベーティブデザインセンターに所属するサーフェスデザイナーが、上記クリエイティブパートナーたちのコンセプトを、素材選定・データ作製・アレンジ・印刷表現・プロダクト加工の側面から、具現化の全面サポートをしている。
DNPのインハウスデザイン組織である、イノベーティブデザインセンターは、「暮らしを想い 空間を描き 佳きものを創る」というデザイン・フィロソフィーのもと、暮らしと空間に関わるサーフェスデザインを総合的に行っている。色や形、仕上げ感、手触りまで、こだわりを持って多様な空間を彩る素材のデザインを開発している。

特設サイト https://www.dnp.co.jp/contents/mdw2019/