エプソン レシートプリンターのスタンダードモデル新商品『TM-T20III』シリーズを新発売
2019年07月10日
エプソンは、レシートプリンターのスタンダードモデル新商品として、『TM-T20III』シリーズを2019年8月26日より発売する。

新商品は、従来機※1の機能を踏襲したエントリーモデルで、印刷速度は従来機※2の最大200mm/秒から、最大250mm/秒に高速化を実現した。また、平置き・縦置き、さらには同梱の壁掛け金具を使用することで、壁面に設置することが可能なため、利用シーン・設置場所に合わせて設置方法を選べる。小売業、サービス業、飲食業において、キオスク端末のクーポン券発行や、POSレジのレシート発行に利用できる。

今回は、有線LAN・USB対応とBluetooth®対応の2モデルで、それぞれ本体カラー「ブラック」「ホワイト」をご用意した。
※1:2012年10月発表「TM-T20」シリーズ、2013年12月発表「TM-T20II」シリーズ
※2:「TM-T20II」シリーズ

【新商品の主な特長】
・最大250mm/秒の高速印刷。
・壁掛け用の金具や、縦置き用のゴム足同梱で、購入後の設置がスムーズ。
・ロール紙ガイド同梱により、ロール紙幅58mmまたは80mmのどちらか選択可能。
・デバイスからの直接印刷が可能。さらに有線LAN接続時はWebアプリケーションからのXML印刷 が可能。

【販売目標台数】
新商品の今後1年間の販売目標台数は、約10,000台を予定。


『TM-T20IIIシリーズ(ブラックモデル)』


『TM-T20IIIシリーズ(ホワイトモデル)』