大日本印刷 スマートフォンでの銀行口座開設アプリで運転免許証の真贋判定を補助する機能を追加
2019年10月18日
大日本印刷(DNP,北島義斉社長)は、スマートフォンで銀行 の口座を開設する際に、非対面での本人確認方法として使用される運転免許証の真贋判定を補助するサービスを開始する。2020年春より、「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」および「本人認証・本人確認アプリ」のオプション機能 として、同機能を提供する 。

【アプリの追加機能開発の背景と概要】
2018年11月に「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯収法)」の施行規則が改正され、ITを活かした金融サービスである“FinTech”を進める金融機関等では、口座開設時の本人確認をオンラインで完結できる(=eKYC)ようになった。これにより、金融機関と生活者がともに便利になる一方、本人確認用書類の改ざん防止など、高いセキュリティ機能が必要となっている。現在、本人確認書類資料の真贋判定については、金融機関のオペレーターによる目視での確認が一般的で、精度の向上とオペレーターの業務負荷軽減 が課題となっている。
今回、口座開設用のアプリとしては初めて、「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」および「本人認証・本人確認アプリ」の拡張機能として、真贋判定補助機能を組み込む ことで、システム的なチェックによる精度の高い真贋判定につなげて、セキュリティ性の向上と金融機関の業務負荷の軽減を図っていく。この真贋判定補助機能は、DNPが保有する運転免許証を利用した本人確認や有効期限の確認、偽造の判定などの高い技術を活用している。

■今回追加する機能
真贋判定補助機能 : スマートフォンアプリ内で撮影された運転免許証画像から真贋度を算出し、真贋判定を補助する。



【今後の取り組み】
DNPは、各金融機関に向けて同機能が搭載された「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」および「本人認証・本人確認アプリ」を提供するほか、関連製品を含めて、2023年度に約5億円の売上を目指す。
なお10月24日(木)・25日(金)に東京国際フォーラムで開催される金融国際情報技術展「FIT2019」のDNPブースに同サービスを展示する。