凸版印刷 「DATA CAMP 2019 TOKYO」を11月29日開催
2019年11月06日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、最新のテクノロジーを活用したマーケティングモデル・ビジネスモデルの実践ケースや、着目されるテクノロジーを紹介するイベント「DATA CAMP 2019 TOKYO」を2019年11月29日(金)に開催する。
 各講演では、データ活用のビジネス戦略を担うキープレイヤーが登壇し、進化するさまざまなデータ活用に必要なテクノロジーを組み合わせ、ビジネスをアップデートする取り組みを紹介する。
 デジタルエコノミー社会では、顧客の解像度を高め、商品とのマッチングを図り、動的に最適化された価格で、最良の顧客体験を提供できるビジネスが勝つとされている。そのためには、膨大なデータから、革新的なアルゴリズムを生み出し、IT技術を駆使してビジネスに実装することが求められている。
 同イベントでは、最先端のテクノロジーを持つベンチャー企業や、有効なテクノロジーを活用し、マーケティングモデルやビジネスモデルをアップデートさせている企業が登壇し、その実践ケースやテクノロジーを紹介する。

■ セミナーテーマおよび講演者
(1)テクノロジーでビジネスをアップデートする
・村上 泰一郎氏
 ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役 COO
・梅川 健児
 凸版印刷株式会社 情報デザイン事業部 トッパンアイデアセンター コミュニケーションデザイン本部 本部長

(2)メディアビジネスの将来とテクノロジー
・織田 順一氏
 株式会社講談社 IT戦略企画室 デジタルソリューション部 副部長
・渡辺 賢智氏
 株式会社白ヤギコーポレーションCEO

(3)“顧客体験”をアップデートするデジタルストアの未来
・土田 安紘氏
 AWL株式会社 取締役CTO 兼 AI HOKKAIDO LAB所長(弁理士)

(4)Drive Digital Transformation~データ活用を推進するために必要なこと~
・橋本 潤氏
 グーグル合同会社 広告営業本部 リテール業界 統括部長

(5)“マーケティング”をアップデートするCDPの開発
・竹内 正也氏
 株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー 営業本部 CSソリューション部 統括マネージャー

(6)データマーケティングの意思決定を高速化~DMP×AIの活用~ ・伊藤 直広氏
 TIS株式会社 サービス事業統括本部 デジタルトランスフォーメーション営業企画ユニットデジタルトランスフォーメーション第2営業部 エキスパート

(7)産業分野におけるサイバーセキュリティ政策~ホワイトハッカーがつくる信頼性のアップデート~
・奥家 敏和氏
 経済産業省 商務情報政策局 サイバーセキュリティ課長
・伊藤 章博氏
 株式会社イエラエセキュリティ 取締役 事業推進部 部長

(8)AI活用による価格変動ビジネスへの挑戦~拡がるダイナミックプライシング~
・小阪 翔氏
 メトロエンジン株式会社 COO兼チーフデータサイエンティスト

■ イベント概要
名称:DATA CAMP 2019 TOKYO
日時:2019年11月29日(金) 13:00~18:15 (開場 12:30)
場所:JPタワー ホール&カンファレンス
〒100-7004 東京都千代田区丸の内 二丁目7番2号KITTE 4 階
定員 :300名
参加費: 無料(事前登録制)
予約方法/詳細 :下記URLより申込可能
https://solution.toppan.co.jp/cm/event/datacamp2019_02/
※ 申込み多数の場合は、抽選の上、登録メールアドレス宛に連絡(当落の発表はメール連絡のみ)
申込締切:2019年11月15日(金)
主催:凸版印刷株式会社