大日本印刷 “脅威インテリジェンス”を活用するスキルを習得する2つのコースを新設
2019年12月04日
 大日本印刷(DNP)と、グループ会社でサイバー攻撃への対策要員を訓練、養成するサイバーナレッジアカデミー(CKA)は、従来の実践演習形式の「サイバー・インシデントレスポンス・マネジメントコース(CIRMコース)」に加え、2020年1月に、高度なサイバー攻撃の予兆を事前に検知して防御するために必要な、“脅威インテリジェンス”を活用するスキルを習得する2つのコース「サイバーインテリジェンスコース」「マルウェア解析コース」を新設する。


受講風景



 近年、企業や組織を標的としたサイバー攻撃は、より複雑化・高度化・巧妙化しており、セキュリティ関連の製品・サービスの導入だけでなく「侵入を前提とした」対策が必要とされている。インシデント(サイバー攻撃の事象)発生時には、被害の拡大を抑えるための速やかな初動対応が重要だが、さらに攻撃リスクを事前に察知して対策する“脅威インテリジェンス”への需要が高まっている。
 これまでDNPとCKAで、サイバー攻撃発生時の対処法を学ぶ体験型実践演習「CIRMコース」や「顧客の要望に応じてカスタマイズしたコース」を提供し、官公庁や企業など800名を超えるセキュリティ担当者が受講している。
 CIRMコースは、受講者自身のスキルを駆使して実践演習を行うことで、知識だけでなく、インシデント発生時の行動の再現性が獲得できるとともに、自分に不足しているスキルも認識できる。この度、受講者からの、「演習で使う専門スキル等を掘り下げたい」という要望や、「“脅威インテリジェンス”を活用する手法の知識・スキルを習得したい」という要望を受け、「サイバーインテリジェンスコース」と「マルウェア解析コース」の2つのスキルアップコースを2020年1月より開講する。

(1)サイバーインテリジェンスコース
TAME Rangeの環境を活用し、サイバーインテリジェンスに関わるさまざまな知識やスキルを習得できる、体験学習と座学を組み合わせたコース。
○期間 : 2日間
○受講料 : 17万円/人(税抜)
○対象者 : 情報セキュリティ部門で情報収集を担当する方
○内容 : 情報収集手法(オープンソース情報収集、検索エンジン、マルウェアデータベース等)

(2)マルウェア解析コース
マルウェア解析の手法を習得できる、体験学習中心のコース。
○期間 : 3日間
○受講料 : 24万円/人(税抜)
○対象者 : 情報セキュリティ部門や、インシデント発生時の初動対応員(ファストレスポンダー)
○内容 : 表層解析、動的解析、静的解析

【今後の展開】
DNPは今後も、TAME Rangeを活用した実践的な演習コースを拡充していくとともに、需要の高いスキルアップコースを順次ラインナップに追加していく予定。