ミマキエンジニアリング 「簡易式フェイスシールド」の無償提供数が15,000個突破
2020年05月21日
  ミマキエンジニアリング(長野県東御市、池田和明社長)は、2020年4月22日発表の通り、同社3Dプリンタ『3DFF-222』で製作した「簡易式フェイスシールド」の無償提供を開始しており、5月20日現在、901先29,312個の申込みが来て、666先15,366個出荷した。

 病院、歯科、学校、介護施設、小売り等流通、物流、美容院等医療機関に限らず、生活必需品を供給するため、ライフラインを維持するため前線で従事されている様々な業界の方々から、多くの問い合わせが来ている。

 「簡易式フェイスシールド」は、頭に装着するフレーム部品を同社3Dプリンタ『3DFF-222』で製作したもの。データを神奈川大学道用大介准教授から提供を受ける事で、型を準備することなくすぐに3Dプリンタで製作開始することができる。このような緊急事態においてスピード感を持ってすぐに生産開始できることが、3Dプリンタの強みの一つだ。
 また、シールド部分には、当社純正品のPETフィルムを流用し、内部で一貫して制作している。

 生産に関しても、多くの申込みに対応するため、3Dの造形方法を見直すことで製造時間を短縮し、従来伝えていた最大生産数500個/日を750個/日まで高める事に成功した。今後は、製造工程を見直し、省人化で生産できる仕組みを検討していく。

 同社では、2017年に世界初のフルカラー造形ができる3Dプリンタ『3DUJ-553』を開発・製造した。その後、同プロジェクトで活用されている『3DFF-222』、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ『3DGD-1800』の計3機種の3Dプリンタをラインアップに揃えている。今後もミマキエンジニアリングは3Dプリンタのイノベーターとして、3Dプリンタが造る未来を提案していく。

 また、ここで培ったノウハウを元に、3Dプリント技術を使って新型コロナウイルス感染症拡大防止に役立つ製品を製作していくので、フェイスシールド以外にも現場で役立つもの、アイデア等があったら、WEBのお問い合わせフォームより連絡をお願いしている。

 ミマキエンジニアリンググループでは、今後も新型コロナウイルス感染拡大防止に尽力されている皆の負担を少しでも軽減できるよう、同社としてできる支援に取り組んでいく。


同社製カッティングプロッタ『CF22-1225』で
シールド部分を製作


3Dデータを改良し生産数をアップした