ユポ・コーポレーション 「水性フレキソ印刷」を推奨印刷方式として運用開始
2020年10月15日
 ユポ・コーポレーション(東京都千代田区、渡邉 真士社長、以下「同社」)は、このほど合成紙ユポ(以下ユポ)の一部製品において水性フレキソ印刷の適性があることを確認した。これまで実績がなかったことから同印刷方式を推奨していなかったが印刷会社及びインキメーカーの検証により、優れた印刷適性があると確証した。今後は同印刷方式を推奨とした運用を行っていく。




水性フレキソ印刷でのユポ想定用途(写真はイメージ)

 水性フレキソ印刷の技術的な進歩や市場拡大を受け、印刷会社及びインキメーカー協力のもと、印刷品質を検証した結果、ユポの一部製品において、水性フレキソ印刷に対し、優れた印刷適性があることを当社は確認した。検証では、ユポ独自の表面処理技術により、水性フレキソ印刷においてユポが高いインキ密着性を保持することが確認され、一般的なプラスチックフィルムに必須とされる印刷前の「コロナ放電処理」が不要となることも確認された。これらの点より、検証した印刷会社から「一般的なOPPフィルムよりも水性フレキソ印刷で安定した印刷が施せる基材である」と評価を得た。

 水性フレキソ印刷は、凸部にインキを付着させ、基材に印刷する凸版印刷の一種です。少ないインキ量で濃度も出せることから、揮発性有機化合物(VOC)やCO2発生も抑えられ、環境に優しい印刷方式と言われている。近年国内においては飲料ラベルや包装資材分野での採用が進んでおり、また北米やヨーロッパでも軟包装材(パッケージ)印刷市場での主流となっている。水性フレキソ印刷は、今後ESG投資やSDGsなどの環境を意識した取り組みが活発になるなか、さらなる市場の伸長が予想されている。

 世界トップクラス、また国内合成紙業界でトップシェアを持つ素材であるユポが水性フレキソ印刷にも対応し、食品や飲料パッケージなどの軟包装材に用途を広げることで、同社は、水性フレキソ印刷とユポの環境配慮性、食品安全衛生性、機能性を組み合わせた「新たなラベル・パッケージ」の実現に貢献していく。


1.対応製品
・ユポグリーン®シリーズ アクアユポ® (型番:LARG 65、95)
コート紙並みの印刷再現性と光沢感ある仕上がりになる。裏面に吸水性があり水系接着剤を使用できる。
グルー・ディレードラベルとして容器に貼られたラベルはきれいに剥がせるため分別やリサイクルに役立つ。
https://japan.yupo.com/product/category/label/#anc05
・ユポ®イッパン (型番:FPG 60、80、95、110、130、150、200、250、300)
表裏差がなく厚みバリエーションも豊富な、ロール対応の標準グレード。マットで高級感ある仕上がりになる。
https://japan.yupo.com/product/category/standard/#anc04
・ユポ®インモールドラベル (型番:ISF 105)
裏面にヒートシール機能がある製品。印刷のみでインモールドラベルの作成が可能で、マットな仕上がり。
製袋分野にも使用可能な接着強度を有する。
https://japan.yupo.com/product/category/label/
※適性製品・グレードについては、同社まで問い合わせること。

2.想定用途
・飲料用ラベル(ソフトドリンク、アルコール)・食品パッケージ(お菓子、冷食用袋等)など

3.検証に協力した金羊社のインタビュー
今回検証に協力した印刷会社の金羊社。金羊社は、食品包装やラベルの水性フレキソ印刷化による環境負荷低減にいち早く着目し、15年以上前から事業参入に向けた取り組みを始めた。インタビューページでは、水性フレキソ印刷におけるユポの優位性や今後の展開等を回答している。

インタビューURL:https://japan.yupo.com/news/2020/20201015_02.html