大日本印刷 全国7,000台の証明写真機「Ki-Re-i(キレイ)」に抗菌・抗ウイルスのコーティングを実施
2021年02月19日
大日本印刷株式会社(DNP)と株式会社DNPフォトイメージングジャパン(PIJ)は、国内に約7,000台というトップクラス*1の台数を設置・運用している証明写真機「Ki-Re-i(キレイ)」について、今年2月末までに抗菌・抗ウイルスのコーティング施工を完了する。
生活者の安全・安心を確保するため、タッチモニター、硬貨・紙幣投入口、釣銭口、返却レバー、写真受取口、椅子とその周辺を対象として、抗菌製品技術評議会(SIAA)の「SIAAマーク」取得済みの高純度のガラスコーティング剤を使用して、抗菌・抗ウイルス対策を実施する。



【抗菌・抗ウイルス対応の背景と特長】
政府によるマイナンバーカード(個人番号カード)の普及促進の取り組みが進んでいます。DNPグループの「Ki-Re-i」には顔写真の撮影と合わせてカード発行の申請ができる機能があり、生活者に利便性を提供している。一方、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、想定される感染経路での接触感染を予防したいという需要が拡大している。こうしたニーズに対して、DNPとPIJは今回、生活者に「Ki-Re-i」をより安心して利用してもらうため、全国に展開する約7,000台の全てを対象として、抗菌・抗ウイルス対応のコーティング加工を実施する。
この抗菌・抗ウイルス対策には、株式会社ハドラスが提供する「Dr.ハドラスコーティング」を使用する。この製品は、抗菌製品技術評議会(SIAA)の「SIAAマーク」を取得している高純度のガラスコーティング剤。材料自体が安全であることに加え、塗布した対象物に緻密で高純度な無機ガラスの膜を形成することによって、菌やウイルスの増殖を抑制する。この製品の効果は塗布から約5年間*2持続する。今後も定期的にメンテナンスしていく予定。

【今後の展開】
証明写真機「Ki-Re-i」に関して、今回の抗菌・抗ウイルス対策に加え、料金の支払いにQRコード®決済の併用も進め、利便性の向上を図っていく。
DNPグループは今後も、高品質な証明写真の提供や、顔写真データを安全に利用・送受信できるサービスなど、衛生面にも配慮し、生活者の皆様に安全・安心に利用してもらうための環境やサービスの強化に努めていく。
*1 DNP調べ
*2 使用環境により効果の継続期間は異なります。