業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
272件中 1~10件を表示

2017年04月28日
一般社団法人日本印刷産業機械工業会(日印機工、宮腰巌会長)は新たにJapan Color認証制度 デジタル印刷認証を開始する。デジタル印刷認証は、Japan ColorをもとにしてISOとの整合を図りながら、日本における印刷の現状に適合させる。認証申請受付は5月15日の予定。 4月28日、デジタル印刷認証制度に関する記者発表が行われ、概要を説明した。宮腰会長は「デジタル印刷認証を創設することで、デジタル印刷機に関する標準化を推進し、デジタル印刷のさらなる普及に貢献できると考えている。デジタル印刷機はインクジェット及びトナー等の印刷方式の違いや、RIP、インキ、用紙等の違いなど様々なものがある」と述べた。 Japan Color認証制度は、標準印刷認証を平成21年5月21日に開始し、平成23年にマッチング認証、プルーフ運用認証、プルーフ機器認証を追加した。認証取得件数は、標準印刷認証198工場、マッチング認証46工場、プルーフ運用認証74件、プルーフ機器認証99件。  Japan Color認証制度を取得するためのコツとメリットをわかりやすく、事例を交えて徹底解説する『Japan Color認証セミナー』が5月31日から9月29日までの間、北海道から福岡まで全国7ヶ所で開催する。参加費は無料、一社あたり何名でも申し込める。  さらに、「3ヶ月集中取得支援パッケージ」も用意されている。同パッケージは、標準印刷認証及びデジタル印刷認証において、申請から3ヶ月で取得できるように、事務所から電話およびメールでアドバイス等を無料で行うサービス。  宮腰会長 ≫ニュース全文を読む

2017年04月28日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は4月26日、第2回女性活躍推進セミナーを中央区新富・日本印刷会館で開催し、100名が参加した。今回は、『働き方改革』をテーマに、同連合会女性活躍推進部会長の金田由美氏(大日本印刷 研修部シニアエキスパート)とドラッカー学会理事・事務局長の井坂康志氏が講演を行った。 日印産連では、5常設委員会11部会で事業を推進しているが、企業行動委員会で4つの部会を編成し、新設された女性活躍推進部会で、「女性の活躍推進」という国の方針に印刷産業全体としてどのように対応すべきかを検討し、日印産連の他の団体とも情報共有することなどを通して、印刷産業全体の活性化を目指している。同部会では、平成28年度の取組テーマを、『日印産連 会員10団体が「女性活躍推進」に取組む風土を醸成する』としている。 講演に先立ち、堆誠一郎常任理事 企業行動委員会委員長(宝印刷社長)は、「女性活躍推進については、10団体では温度差がある。昨年4月第1回女性活躍推進セミナーを開催し、黒川伊保子氏に面白いエピソードをについて講演してもらったが、94%が役に立ったというアンケート結果だった。今後も10団体で情報共有し、議論を行い、働き改革について取り組んでいく」と挨拶した。 金田氏から女性活躍推進部会の検討テーマにふれるとともに、企業の悩み、課題として、1女性社員採用、育成できない、2(育児)休業・時間短縮勤務からうまく復帰できない、3長時間労働が恒常化している、4成果主義の定義を誤っているーーの4点を揚げた。 そして、「管理職が部下を正しく評価し、会社の要請と個人の自己実現の方向性が一致し、仕事が効率的に進むことが重要だ」と述べた。 引き続き、井坂氏の講演では、まず、「ドラッカー」の名前はドイツ語で「印刷する人」であると述べ、同氏は2005年、ドラッカー氏にインタビューしたエピソードを紹介した。 また、「目標」「強み」「書きとめる」「フィードバック」をキーワードとし、「目標」をどう考えるか述べた。さらに、「何かをすることを決めたならば、ただちに書きとめておく。9ヶ月後、1年後にその期待と実際の結果を照合する。日記を書くことはとてもいい習慣で振り返ることをつくる」と促した。 最後に「大切なことはあなた自身の中にある。今日を書きとめて、明日にフィードバックする」と締めくくった。  講演する金田氏 ≫ニュース全文を読む

2017年04月27日
一般社団法人日本経営協会(東京都渋谷区、浦野光人会長)は、「自治体総合フェア2017」(5月24~26日、東京ビッグサイト)における特別企画「第9回協働まちづくり表彰」の授賞プロジェクトを下記の通り決定した。 「協働まちづくり表彰」は公と民が共同・連携して魅力ある地域社会の実現に貢献したプロジェクトを表彰する。地域への貢献や事業の継続力、先導的モデルとなり得るかといった審査基準を設け、応募総数67プロジェクトの中から特に評価の高い4プロジェクトを選出した。 この表彰式は、自治体、行政に関する国内最大規模の総合展示会「自治体総合フェア2017」において、会期中の5月25日(木)10:30よりA会場で行い、授賞団体には表彰盾を贈呈する。また会期中は、授賞プロジェクトのパネル展示を行う。 詳細はWEBサイトを参照のこと(http://www.noma.or.jp/lgf) ■ 授賞プロジェクト グランプリ:なんちゅうカレッジ 自治体:福岡県春日市 協働団体:なんちゅうカレッジ実行委員会 概要:地域住民が講師となって、市内の中学1、2年生と希望する住民を対象とした様々な講座を企画実施するプロジェクト。地域全体で子どもを育てる機運を高めるとともに、地域住民の生きがい、生涯学習の場ともなっていて、地域の活性化に大きく寄与している。 準グランプリ:「混ぜればごみ、分ければ資源」でごみ減量化プロジェクト 自治体:鹿児島県大崎町 協働団体:大崎町衛生自治会、(有)そおリサイクルセンター 概要:行政、住民、企業の協働により、徹底したごみの分別・再資源化に取組んだプロジェクト。リサイクル率は80%を超え、10年連続で日本一を継続中で、埋立処分場の寿命も大幅に伸びた。海外にも進出しており、現在インドネシアからの要請を受けて施設の運営を行っている。 優秀賞:認知症SOSネットワーク模擬訓練 自治体:福岡県大牟田市 協働団体:大牟田市介護サービス事業者協議会 概要:認知症の行方不明者発生を想定し、地域住民や郵便局、タクシー、バス会社などに情報を伝達、捜索、保護までの流れを行う。平成16年から年1回実施しており、市民の意識も年々高まっている。 優秀賞:天の時地の恵人の技と知恵 ~金魚ちょうちんのまち柳井の魅力発信事業~ 自治体:山口県柳井市 協働団体:柳井市観光ボランティアの会、柳井市観光協会 概要:地元有志ボランティアの観光ガイドによる、「白壁の町並み」や「金魚ちょうちん」を中心とした魅力発信や観光案内事業。ガイドの「人」の魅力によって、同市のファンを増やすことにつながっている。 ■ 自治体総合フェア2017 開催概要 会期・開催時間:2017年5月24日(水)~26日(金)10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西3ホール 主 催:一般社団法人日本経営協会 出展者数:107社/団体 来場予定者数:10,000人(2016年実績11,515人) 同時開催: 企業立地フェア2017 ≫ニュース全文を読む

2017年04月20日
印刷工業会(山田雅義会長)は4月19日、港区元赤坂・明治記念館で220人が参加してトップセミナーと懇親会を開催した。トップセミナーでは藤澤秀昭経済産業省経済産業政策局経済社会政策室長を講師に迎え、『ダイバーシティ2.0~競争戦略としてのダイバーシティの実践に向けて~』をテーマに講演した。  経済産業省は昨年8月に「競争戦略としてのダイバーシティ経営(ダイバーシティ2.0)の在り方に関する検討会」(北川哲雄座長)を立ち上げ、今年3月まで中長期的に企業価値を生み出し続けるダイバーシティ経営の在り方について検討を行い、報告書をまとめた。さらに、企業が取るべきアクションをまとめた『ダイバーシティ2.0行動ガイドライン』を策定した。  セミナーでは、まず、これまでの企業におけるダイバーシティの取り組みとして、「新・ダイバーシティ経営企業100選」、「なでしこ銘柄」について説明した。「新・ダイバーシティ経営企業100選」表彰は平成28年度で5回目を迎えたが表彰企業は200社を超え、平成28年度から特色のあるダイバーシティ経営の実践方法、成果等を紹介するセミナー「MeetUP!(ミートアップ)」を全国各地で開催し、ダイバーシティ経営の普及を図っている。  また、セミナーでは現状と課題、これまでのダイバーシティの評価などについて語り、ダイバーシティ2.0について説明した。企業価値を実現するダイバーシティ2.0とは(定義)、“多様な属性の違いを活かし、個々の人材の能力を最大限引き出すことにより、付加価値を生み出し続ける企業を目指して、全社的かつ継続的に進めていく経営上の取組”だ。ダイバーシティ2.0のポイントは、①中長期的・継続的な実施と経営陣によるコミットメント、②組織経営上の様々な取組と連動した「全社的」な実行と「体制」の整備、③企業の経営改革を促す外部ステークホルダーとの関わり(対話・開示等)、④女性活躍推の推進とともに、国籍・年齢・キャリア等の様々な多様性の確保の4つ。  また行動ガイドライン実践のための7つアクションとは、①経営戦略への組み込み、②推進体制の構築、③ガバナンスの改革、④全社的な環境・ルールの整備、⑤管理職の行動・意識改革、⑥従業員の行動・意識改革、⑦労働市場・資本市場への情報開示と対話。  最後に藤澤室長は「ガイドラインの実践には経営者の“粘り強さ”がカギであり、重要なことは、①短期的な課題を乗り越える試行錯誤のプロセス、②中長期で目指す企業価値のゴール共有だ」と締めくくった。  藤澤秀昭経済社会政策室長  セミナー終了後、場所を移動して懇親会が行われた。山田会長は日本の経済環境や海外の政治情勢にふれるとともに、「印刷業界では、パッケージ関連やセキュリティなど一部は堅調に推移しているが、メディアの多様化により出版や商業印刷などの情報系事業は厳しい。さらに、人材不足、原材料の値上げ、用紙の一斉値上げ、電気や輸送費の値上げで、印刷業界を取り巻く環境はさらに厳しくなっている。業界としても、生産向上と新分野への挑戦、新しい価値の創造、事業領域の拡大が極めて重要だ」と促した。  また、印刷工業会では『印刷を魅力ある業界に』をスローガンのもと、12部会で取り組んでいるが、セミナーに先立ち行われた合同部会で部会の活動報告を行ったが、同会長は、「他の団体との連携を取り組み、リサイクルを通じて社会貢献、これから担う若手の人材育成のための研修会、女性活躍推進部会により、魅力ある業界に向け活発な活動を続けていく」と促した。      山田雅義会長 ≫ニュース全文を読む

2017年04月11日
CCGA現代グラフィックアートセンター(福島県須賀川市)では6月17日から9月10日まで「加納光於 揺らめく色の穂先に」展を開催する。 加納光於(1933–)は、1950年代に制作を開始してから現在まで、つねにイメージの探究者として独創的な作品の数々を作り出してきた。彼の創作の領域は版画、絵画、立体から装幀や舞台芸術にいたるまで多岐におよぶが、なかでも版画は、彼が美術家として最初に手がけた表現形式であることからもわかる通り、加納光於のイメージ探求における重要な手段の一つであり、彼の代表作とされる作品が版画によって数多く生み出されてきた。  加納光於の版画制作は、十代の終わりに版画の技法書を偶然手にし、独学で銅版画に取り組んだことに始まる。幻想的なイメージをモノクロで描いたエッチング作品は、詩人・美術評論家の瀧口修造(1903–1979)から称賛を受け、1956年には初の個展を開催した。その後、彼の版画制作は従来のエッチングの枠を越え、腐蝕作用による版の変容そのものに注目したものとなり、防蝕膜にさまざまな操作を施して描画するインタリオ(凹版画)へと展開していく。原生生物や鉱物のようなイメージが物質や生命の生成を想起させるこれらの作品は、リュブリアナ国際版画ビエンナーレや東京国際版画ビエンナーレでの受賞をはじめ高い評価を受け、加納光於の名を広く知らしめた。  版の変容に対する意識の高まりは1960年代になると、バーナーで溶解させた亜鉛合金を版としてその形を紙に写し取るメタルプリントの制作へと結実する。そして、このとき初めて有彩色を使用したことをきっかけに、作家の視点は色彩の生成や揺らぎといったものへと向かうようになった。カラーリトグラフ〈稲妻捕り〉(1977)〈Illumination〉(1986)、カラーインタリオ〈波動説〉(1984–85)〈青ライオンあるいは《月・指》〉(1991–92)、モノタイプ〈平家物語〉(1996)などをはじめ、レリーフプリントやシルクスクリーンも加えたさまざまな技法を駆使して生み出された鮮烈な色彩の版画作品の数々はいずれも、無限の階調を持つ波長域の中からある色彩が私たちの眼前に立ち現れ、それがそのままイメージを形づくる瞬間を画面の中に定着させる試みだったと言える。  色彩と、それによって知覚される物象の絶え間ない変容と流動における一瞬の姿を、大気の震えの中で揺らめく穂先の一点のごとく捉えた加納光於の版画作品は、つねに清新な視覚世界を私たちに示してきた。同展では加納光於の初期から現在にいたるまで、その創作活動におけるさまざまな局面で大きな役割を果たしてきた版画作品を中心に約120点を展示し、この類まれな作家の作品哲学に迫る。 ≫ニュース全文を読む

2017年04月10日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)の第43 回グリーンプリンティング(GP)認定委員会(平成29 年3 月13日開催)において、新たに3 工場の認定と25工場の更新認定を行った。 また、新規GP資機材認定製品に7 社26 製品(洗浄剤20 製品、エッチ液3 製品、含浸型洗浄布2 製品、ドライトナー型デジタル印刷機1 製品)が認定された。 なお、4月27日午後3時から、日本印刷会館大会議室で第30回GP認定工場交流会ならびに新規GP工場認定式を開催する。 【新規認定工場一覧】 ▽オフセット・マツイ印刷(福井県勝山市)全日本印刷工業組合連合会 ▽オフセット・ショウエイ(東京都文京区)日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会 ▽スクリーン・内藤プロセス(埼玉県川口市)全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会 【新規GP 資機材認定製品】 ▽洗浄剤:東京インキ1 製品、日本シーマ 10 製品、東洋化学商会 8 製品、オフセットクリーン 1 製品 ▽エッチ液:日研化学研究所 3 製品 ▽含浸型洗浄布:日本ボールドウィン 2 製品 ▽ドライトナー型デジタル印刷機:コニカミノルタ 1 製品 ≫ニュース全文を読む

2017年04月07日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、きたる2017年5月10日に創立50年を迎える。 今年度を50周年のアニバーサリーイヤーと位置付けて、様々な活動を行う。創立記念日は5月10日だがpage2017からpage2018までを50周年期間として様々なイベントや記念出版を考えている。 50周年記念の主なイベントとしては10月26日に東京目白の椿山荘で50周年記念のJAGAT大会を予定している。通常の講演だけではなく、記念大会らしく、お世話になった方々の表彰等の企画も考えている。 その他JAGAT地域大会(JUMP)、夏フェスなどを企画している。 ■ 2017年度JAGATの主な事業 「第50回通常総会」 日時:2017年5月30日(火) 会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)東京都杉並区和田1-29-11 「JAGAT Summer Fes 2017~デジタル印刷とマーケティングの可能性(夏フェス・仮)」 日時:2017年8月24日(木)~25日(金) 会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)東京都杉並区和田1-29-11 ※JAGATの設備を開放し、フル活用するオープンハウス的な夏フェスをやってみたいと考えている。 「50周年記念JAGAT大会2017」 日時:2017年10月26日(木) 会場:椿山荘(東京・目白) ※毎年JAGAT大会に合わせて『印刷白書』を発刊しているが、今回は『50周年記念誌』もセットで刊行するべく準備している。単なる記念誌ではない、未来の印刷ビジネスへの提言になるような読みごたえのある内容にする。 「JAGAT地域大会(JUMP)」 ・JUMP東北2017 2017年9月8日(金) ・JUMP中国・四国2017 2017年9月15日(金) ・JUMP九州2017 2017年10月(予定) ・JAGAT近畿大会2017 2017年11月(予定) ・JAGAT中部大会2018 2018年1月(予定) 「page2018」 日時:2018年2月7日(水)~2月9日(金) 会場:サンシャインシティ(東京・池袋) ≫ニュース全文を読む

2017年04月06日
学校法人日本プリンティングアカデミー(JPA,猪股康之学校長)は4月5日、同校で第40回(2017年度)入学式を開催した。今回、本科生6名が入学し、1名が進級した。また、新入社員研修18日間コースの日経印刷13名、サンワ3名も入学式に参加した。  入学式は開会式の辞で始まり、新入生点呼の後、花井秀勝理事長代行は「私は縁があり、第3期から8期まで5年間、この学校で教鞭をとり、その関係で昨年、理事に就任し今日は理事長代行だ」と述べた。  さらに、「昨年、スイスでダボス会議が開かれ、第4次産業革命の話しが出た。その中で印刷ビジネスのあり方はどうなるか、オックスフォード大学から、“これからなくなる仕事”という論文が出て、非常に大きな話題となった。それを受けて、マイケルオズボーン氏が昨年の暮れに新しい論文『雇用の未来』を発表した。人間として何が必要か、それはコミュニケーション力とクリエイティブ力であると書いてある。これから話す機会が多くなるが、コミュニケーション力がどれだけ必要となるか、もう一つ重要なことはクリエイティブ力だが、今年から本校のカリキュラムを大幅に変更する」と式辞を述べた。  次いで、猪股康之学校長は「JPAに入ったということは、印刷業界に入ったということだ。今ほど印刷ビジネスが面白い時はない。そして、今日が明日を創る。5年も経てば皆さんは中堅社員となる。今日の行動が3年後、5年後の自分を創る。また、会社や学校で与えられる学びだけでは不足だ。自分の成長に投資する習慣をつくってほしい。4月、5月、6月で成長角度(成長習慣)が決まる」と訓示を語った。  引き続き、バイオリニストによる祝いの演奏「さくらさくら」があり、新入生が個々に決意表明し、来賓祝辞、講師祝辞、父兄祝辞、職員紹介が行われた。閉式の後、記念撮影が行われ、花井秀勝理事が『印刷ビジネスの面白さ』をテーマに講義を行った。  花井秀勝理事長代行(JPA理事) 入学式参加者は次のとおり(敬称略)。 ■日本プリンティングアカデミー本科生 6名 ▽岩城智洋(茨城県・岩城印刷) ▽工藤晃鷹(秋田県・一日市印刷) ▽小宮克文(神奈川県・コミヤ印刷) ▽後藤僚太(東京都・藤和) ▽斎藤透(新潟県・エンジュ) ▽古居大樹(愛知県・安城印刷) ■日本プリンティングアカデミー進級生 1名 ▽鈴木洋介(栃木県・鈴木印刷) ■新入社員研修18日間コール16名 ▽日経印刷 13名 ▽サンワ 3名  入学式参加者による記念撮影 ≫ニュース全文を読む

2017年04月05日
2017年5月24日(水)から26日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される地方創生、企業誘致のための展示会「企業立地フェア2017」の出展者32社/団体が決定した。 「企業立地フェア」は自治体による企業誘致のための立地提案や優遇制度の紹介、地域産業や住みやすいまちづくりのPRに活用されている展示会。各出展ブースに加え、企業立地相談コーナーやオフィス移転を促進する企画コーナー等、来場者のニーズに合わせた企画を実施する。 会場内では自治体、行政に関する国内最大規模の総合展示会「自治体総合フェア2017」が同時開催され、自治体運営に関わる最新の製品やサービスを展示する企業、団体が出展します。これにより自治体関係者と民間企業の方の交流の場となっている。 また革新的な取り組みを行っている自治体関係者や出展企業によるカンファレンス、セミナーを多数実施し、現場における最新の知見に基づいた情報を提供する。 出展企業、団体及びカンファレンスセミナーの最新情報は以下のWEBサイトを参照のこと。 http://www.noma.or.jp/bcd/2017/ ■ 企業立地フェア2017開催概要 会期・開催時間:2017年5月24日(水)~26日(金)10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西3ホール 主 催:一般社団法人日本経営協会 出展者数:32社/団体 来場予定者数:3,000人(2016年実績2,547人) 同時開催: 自治体総合フェア2017 ≫ニュース全文を読む

2017年04月05日
2017年5月24日(水)から26日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される自治体、行政に関する国内最大規模の総合展示会「自治体総合フェア2017」の出展者107社/団体が決定した。 「自治体総合フェア」は自治体経営の革新と地域社会の発展を目的とし、ICT・地域情報化、災害・温暖化対策、健康福祉・子育てなどのテーマごとに各企業、団体の最新の製品やサービスを発表する展示会。 近年では自治体業務の民間委託が急速に拡大している。こうした背景を踏まえ、アウトソーシングに強みを持つ企業のサービスや最新の製品を紹介する「民間委託・アウトソーシングコーナー」を今回新たに設けた。 会場内では自治体が主な出展者となる、地域活性化や企業誘致のための展示会「企業立地フェア2017」を同時開催する。毎年、自治体関係者と民間企業の方の交流の場となっている。 革新的な取り組みを行っている自治体関係者や出展企業によるカンファレンス、セミナーを多数実施し、現場における最新の知見に基づいた情報を提供する。 出展企業、団体及びカンファレンスセミナーの最新情報は以下のWEBサイトを参照のこと。 http://www.noma.or.jp/lgf ■ 自治体総合フェア2017開催概要 会期・開催時間:2017年5月24日(水)~26日(金)10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西3ホール 主 催:一般社団法人日本経営協会 出展者数:107社/団体 来場予定者数:10,000人(2016年実績11,515人) ≫ニュース全文を読む