業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
634件中 1~10件を表示

2019年06月14日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は6月13日、同協会で第52回通常総会を開催し、原案どおり承認された。  塚田会長は「ブランケットの廃棄が難しくなり、従来のように処理できない。環境衛生が強化され、プラントが閉鎖され、インキの原材料も高騰し、インキのコストも上がるのではないか。現代は紙メディアとデジタルメディアが共存しているが、ますます印刷物は価値のあるものを作らなければならない」と挨拶した。  次いで、塚田会長を議長に選出して議事に入り、平成30年度事業報告並びに決算が原案どおり承認された。  引き続き、2019年度事業計画並びに収支予算が報告された。2019年度事業計画の基本方針は、まだ正式名称ではないが、「デジタル×マーケティング2.0」「デジタル×紙×マーケティングNext Step」として、このベクトルを発展させる活動を行っていく。  前年度に続き、「エキスパートDAY」を11月に受験者増を第一目的として開催する。また、夏フェスは今回で3期目となるが、事業化を意識して、有料セミナーとメーカーセミナー等を考えていく。  具体的な施策として、夏フェスの継続、自社ビルをフル活用し、事業化を最優先課題にして実施し、エキスパート認証試験を様々な方法でPRする。そして、JAGATが目指すものは、「デジタル×紙×マーケティングfor Business」だ。   2019年度の夏フェスは8月22・23日の2日間開催。Page2020は2020年2月5~7日の3日間開催。  力点をおくべき事業として、①『みんなの印刷入門』発刊、②『DTPエキスパート受験サポートガイド(改定)』の活用、③エキスパートDAYによる受験者増、④通信教育のリニュアール。 塚田司郎会長 ≫ニュース全文を読む

2019年06月14日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は、6月13日開催の第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規3工場と更新28工場、合わせて31工場を認定した。この結果、GP認定工場は全399工場となった。 また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、4社8製品(洗浄剤3製品、インクジェット・液体トナー型デジタル印刷機1製品、ドライトナー型デジタル印刷機4製品を認定した。これで、認定登録製品は680製品となる。 新規3工場のGP工場認定式は、2019年7月25日(木)14時~16時30分に日本印刷会館大会議室(東京都中央区)で開催する第39回GP工場交流会において執り行う。 第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。 ▽オフセット・瞬報社写真印刷 本社・工場(山口県下関市) ▽オフセット・アロー印刷 本社(山口県下関市) ▽オフセット・アロー印刷 東京支店(東京都渋谷区) ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は6月12日、千代田区紀尾井町・ホテルニューオータニで第34回定時総会を開催し、原案どおり承認された。  議長に金子会長を選出して議事に入り、平成30年度事業報告並びに決算報告および2019年度事業計画並びに収支予算が原案どおり承認された。  2019年度事業計画の基本方針は、日本印刷産業連合会のグランドデザインを基本的な指針とし、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえて3つのテーマで事業を推進する。1.「地方創生」に関わる事業を推進し、全国の印刷会社がこれまで培ってきたビジネスを展開することにより、地域活性化という顧客の課題解決に貢献する。2.「印刷産業で働く女性のネットワーキング」を目標に、女性リーダーを中心として連携を強化し、女性活躍推進のための活動をさらに拡大する。3.「地球環境」に配慮した印刷会社の活動の支援を、環境優良工場表彰・グリーンプリンティング認定・海洋プラスチックごみへの対応などを通して推進する。 また、2019年度は「9月印刷の月」において、4年に一度の「印刷文化典」を開催する。 具体的な施策として、常設委員会活動、1SDGs推進プロジェクト、2価値創出委員会、3企業行動委員会Ⅰ、企業行動委員会Ⅱ、4地球環境委員会、5広報委員会の各委員会で推進するとともに、1プライバシーマーク審査認定事業、2グリーンプリンティング認定審査事業の審査・認定事業活動も行っていく。  役員選任の件も承認され、常任理事に新たに内藤正和氏(全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会)が就任した。任期は6月12日~2020年定期総会開催日。  総会終了後、場所を移動して懇親会が開かれ、金子会長は昨年1年間をふりかえると共に、「今、社会は急激に変化している。印刷産業はこの変化に対応し、顧客の課題と社会の課題を先取りし、ビジネスパートナーとして顧客に貢献することで、社会から求め続けられる企業となると考える。日印産連では2019年度もSDGsとグランドデザインに基づき、印刷産業の発展に資する活動をここにお集まりの皆さんのご支援を引き続きお願いする」と挨拶した。 金子眞吾会長 ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
  一般財団法人印刷図書館(金子眞吾代表理事)は6月12日、千代田区紀尾井町・ホテルニューオータニで2019年度定時評議員会を開催し、原案どおり可決された。  金子眞吾代表理事の挨拶に続き、浅野健評議員(金羊社会長)を議長に選出して議事に入り、平成30年度事業報告並びに決算報告が原案どおり可決された。理事、評議員の一部役員選任についても承認された。同評議員会をもって、吉見正彦理事、新村明義評議員が辞任し、内藤正和氏(内藤プロセス社長)が新たに理事に就任した。  また、平成30年度事業計画並びに収支予算が報告された。2019年度事業計画は、印刷図書館の役割はこれからも幅広い利用者への情報提供にあるが、昨今では、インターネットの普及、デジタルメディアの広がりなどにより、紙を使わない情報の提供が隆盛となり、これらへの対応強化も必要となっている。それと同時に、これまで収集してきた資料の保存方法を見つめ直す時期に差し掛かってきたといえる。デジタル化が進む一方で、現存する紙の資料をどう保存し、利活用していくかが今後の印刷図書館の活動の大きな課題となっている。  具体的な施策として、(1)図書館運営事業、(2)広報活動事業、(3)その他の事業の3つを挙げているが、重点テーマとして、1専門図書館としての整備充実の強化―近代印刷産業の黎明期から、現代の多様化する印刷産業の活動を俯瞰的に閲覧できる150年分の史料が保管されているのは、国内でも印刷図書館だけだ。所蔵している資料の保存方法を見つめ直す必要があり、その第一歩に、資料の劣化防止策として、簡易なブックカバー作成システムのコリブリシステムを導入する。2図書館活動の活性化―印刷図書館への関心・利用度を高めるために、関連する団体等とのネットワークの提携・協力関係を構築し、図書館活動の活性化につなげていく。その一つとして、2019年2月、印刷図書館と印刷博物館で「印刷関連専門図書館交流会」を開催した。今後も定期的に開催し、印刷技術・文化に関する知識の収集と保存、公開活動に役立たていく。   左から金子眞吾代表理事、杉村亥一郎常務理事、浅野健評議員 ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
日本フォーム印刷工業連合会(櫻井醜会長)の業務委員会は8月から10月まで3回にわたり、『サーバントリーダーシップ連続講座』を開催する。 今年の夏季講演会で講演する山口周氏の著書『劣化するオッサン社会の処方箋』にも、処方箋の一番目に取り上げられている「サーバントリーダーシップ」についての「連続講座」を開催する。 この連続講座ではロバート・K・グリーンリーフ氏の著書『サーバントであれ』をテキストとし、ワークショップを中心に「リーダーとしてのサーバント」を学んでいく。 また サーバントリーダーシップを企業経営に活かしている経営者を招いた講演も予定している。 ビジネス環境が大きく変化する中『リーダーシップのパラダイムシフト』への変革が求められており、この連続講座を通して、魅力ある活力に満ちた職場を創りの原動力となることを願っている。 開催概要は次のとおり。 ■日 時 第一回目:8月 2日(金)15:00~18:00 開場 14:30 第ニ回目:9月19日(木)15:00~18:00 開場 14:30 第三回目:10月4日(金)15:00~18:00 開場 14:30 ■講 師 広崎 仁一 氏 (PHP 研究所ゼミナール講師) 1975年 日本オリベッティ㈱オフィス・コンピューターのシステム営業に従事 1982年 現・東芝ソリューション販売㈱営業推進部スタッフとして営業社員教育、人材 開発室長、人事グループ長を歴任 2004年 研修講師としてヒューサーブを起業 ■会 場 日本印刷会館2階会議室 ■定 員 50名 ■参加費 10,000円(3回通し) ■締切り 7月19日(金)(定員になった時点で申し込みを締め切る) ※ テキスト『サーバントであれ―奉仕して導く、リーダーの生き方』 著者:ロバート・K・グリーンリーフ 出版:英治出版 ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
日本フォーム印刷工業連合会(櫻井醜会長)の技術委員会(日暮秀一委員長)は7月19日「自動化勉強会CANON」(CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM勉強会)を開催する。 現在「寺子屋プロジェクト」では「技術力」の強化による「効率化・自動化」を推進している。比較的容易に低コストで、製造現場や工場を「見える化」し、自動化・無人化を推進することのできる、画像認識技術を使用した「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM勉強会」を、キヤノン(株)及びキヤノンPPS(株)との連携により開催する。 この勉強会には、自動化に取組まれている多くの方々にご参加頂き、知恵を出し合って「寺子屋プロジェクト」として「自動化・無人化・効率化」を推進致したいと思うので、多数の参加を呼びかけている。 開催概要は次のとおり。 ■日 時 7 月19 日(金)13:15~15:45 ■内 容 「キヤノングループによる画像技術による自動化の紹介」 ① ネットワークカメラと画像処理を活用した自動化の紹介 ② 産業用コンタクトイメージセンサーによる印刷検査の紹介 ③ 実機デモ(ショールーム) ■集合時間 13:00 集合場所 キヤノン株式会社本社 東京都大田区下丸子3-30-2 CEC Tokyo 電話 03-3758-3701 ■定 員 50 名 申込締切 7 月12 日(金) (締切日前に定員に達した時は、募集を締め切る) 「参加申込用紙」で、FAXにて申し込むこと。 ≫ニュース全文を読む

2019年06月10日
  一般社団法人日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ、中村耀会長)は式典に先立ち、第54回定時総会を開催し、原案どおり承認された。  岡本泰副会長の司会で始まり、黙祷に続き、宮本誠実行委員長が「3年前に引き受けることに決めたがそわそわしている。全国から参加頂き感謝を申し上げる。楽しんで頂きたい」と歓迎挨拶に続き、中村会長は「令和初の総会で、ジャグラの方向性を決める。ジャグラには序列はなく、我々役員は真摯に受け、ジャグラを活性化していく。財政も健全化し、事業もひとつ一つ推進してきた。またビジネス推進委員会で直近の問題を解決するため努力している」と挨拶した。  議長に中村会長、副議長に岡澤誠副会長を選出して議事に入り、54年度事業報告および同決算報告並びに第55年度事業計画と同収支予算が原案どおり承認された。第55年度事業計画の基本方針は、ジャグラは今まで「強いジャグラ」を標榜してきたが、これに「たくましさと軽やかさ」を付け加えて「強いジャグラ~たくましさと軽やかさ~」の実現を掲げ、ジャグラ会員と全国の地協、支部と本部が一体となり、事業を推進してきた。こ年年度もこれを引き続き進めていく。  ジャグラはこれまで進めてきた諸活動で、成果を上げてきたが、さらに新しい事業を推進することで会員満足を高めていく。  議長が降壇し、組織拡大、ジャグラBB特別表彰、全国中央会表彰が行われ、菅野潔副会長の発声で大会スローガンを斉唱し、熊谷正司副会長が総会終了挨拶した。 中村耀会長 ≫ニュース全文を読む

2019年06月10日
 一般社団法人日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ、中村耀会長)主催、関東地方協議会主管、栃木県支部主宰で第61回ジャグラ文化典 栃木大会が栃木県宇都宮市・ホテル東日本宇都宮で開催され350名が参加した。今回は、『だいじだいじ 仲間(ジャグリスト)がいっぺ』をテーマに、全国のジャグラ会員が一堂に会した。 なお、次期・第62回ジャグラ文化典 高知大会は、2020年6月6日、ホテル三翠園で「高知で世代交代!!」をスローガンに開催される。  記念式典は栃木を中心に活動をしているお笑いコンビ・だいまじんの山根大嗣さんが司会を務め、中越忠男副会長の開会宣言に続き、国歌斉唱し、岡澤誠運営委員長が「ジャグラではいろいろな事業を積極的に進め、より一層発展し、繁栄し、明るい未来に進んでいる」と歓迎挨拶をした。  中村耀会長は「平成天皇の退位、新天皇の即位があった。令和元年、良い年にしましょう」と挨拶した。来賓紹介し、来賓の福田富一栃木県知事は「ジャグラ大会が3日間の日程でにぎやかに開催されることに対し、県民を代表して歓迎する。中村会長と話しをしたが、ジャグラは自立、互助、共助の団体だと聞き、素晴らしい団体だ。情報メディアで経済活動を支えている。情報技術は著しく進歩し、環境は激変していると推察する。そのような状況で時代のニーズに対応し新技術、新サービスを開発し業界を牽引している。この61回大会で印刷産業がさらに発展する第一歩になることを願う」と祝辞を述べた。  次いで、功労者表彰に入り、文化功労賞に荒川幹夫氏(荒川印刷・愛知県)、業界功労賞に大橋邦弘氏(大橋印刷商会・宮城県)、長瀬喜一氏(長瀬印刷・福島県)、野田晃司氏(ジェーピークリエイト・東京都)、新本勝庸氏(リーブル・高知県)のほか、優良従業員を表彰した。  引き続き、作品展の表彰に入り、出版印刷物部門、宣伝印刷物部門、業務用印刷物部門、開発開拓部門を表彰した。  文化典大会旗の返還に続き、中村会長から運営及び実行委員会へ感謝状が贈られ、次期ジャグラ文化典の中越忠男運営委員長が招待のことばを述べ、山本耕司副会長の閉会挨拶で閉会した。  この後、講師に高藤晴俊日光東照宮特別顧問を招き、東照宮創建の謎『世界遺産 日光東照宮の謎と真実』をテーマに講演した後、場所を移動して懇親会が行われた。  文化功労賞の荒川幹夫氏(荒川印刷・愛知県)  右は中村耀会長  作品賞【出版印刷物部門】  経済産業大臣賞のオノウエ印刷(長野県)左  『T&M Projects アンデルス・ペーターセン写真集「Okinawa」』   ≫ニュース全文を読む

2019年06月07日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は7月5日15:00時から第2部「今から始める!事業承継の進め方」セミナーを開催する。 事業承継には、後継者の選定から実際に事業承継を行うまで5年~10年かかると言われており、計画的な取り組みが大切だ。 同セミナーでは、事業承継の第一歩を踏み出すために、具体的な事例を交えながら事業承継の基礎知識、事業承継を進める上での考え方などを分かりやすく説明する。 ■日時:7月5日15:00~16:00 ■会場: 日本印刷会館2階会議室住所:東京都中央区新富1-16-8) ■内容【第1部】事業承継の進め方(約40分) 【第2部】東京都中小企業振興公社の事業承継 その他支援制度(経営相談、販路拡大、助成金他、約15分) ■講師:【第1部】統括アドバイザー近藤登喜夫氏 生命保険会社にて融資やリスク管理等を担当。2014年に公社に入社し、100社以上の事業承継支援を行っている。「事業承継支援に必要な基礎知識と支援事例20」(三恵社)をはじめ数冊の単著を出版。 保有資格は、中小企業診断士、認定事業再生士など。 【第2部】総合支援課 事務局 ■定員:100名 ■費用:会員無料 ≫ニュース全文を読む

2019年06月07日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)の法令制度部会は7月5日、第1部「消費税の軽減税率制度説明会」~軽減税率制度は全ての事業者に関係があります~を開催する。 本年10月1日より消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に、消費税の軽減税率制度が実施されます。印刷業界でも経費に軽減税率対象品目があれば、仕入れを税率ごとに区分する「区分経理」を行う必要がある。 日本印刷産業連合会は、会員企業の皆様を対象に、消費税軽減税率制度の概要や、請求書様式の変更など、飲食料品の取扱い(販売)がない事業者でも知っておくべきポイントに焦点を当てた説明会を開催する。 開催概要は次のとおり。 ■開催日時:2019年7月5日(金)14:00~14:55(13:30受付開始) ■会場:日本印刷会館2階会議室(東京都中央区新富1-16-8) ■内容:軽減税率制度の説明(約40分) 質疑応答(約10分) ■定員:100名(先着) ■参加費:会員無料 ■講師:東京国税局消費税課岸岡氏 ■講習内容:・消費税軽減税率制度の概要について ・対応が必要な事項(請求書、帳簿、会計システム等)について ・適格請求書等保存方式(インボイス制度)とは ・消費税申告書の記載方法の変更点について 申込方法:下記URLから申し込む。 該当ページ:https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=4338 申込締切日:6月28日(金)但し、定員になり次第、締め切る。 ≫ニュース全文を読む