業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
305件中 1~10件を表示

2017年06月26日
 豊島区印刷関連産業団体協議会(亀井一司会長)は6月23日、池袋・サンシャインクルーズ・クルーズで平成29年度定時総会を開催し、原案どおり承認された。 亀井会長は「今年4月に豊島区立小学校新一年生に『おおきくなれ』ファイル1,475冊を贈呈し、3月2日から4日の3日間開催された第10回『ものづくりメッセ』では昨年より若干減少したが、東印工組豊島支部ではカレンダーを来場者に作り喜んで頂いた。来年も第11回『ものづくりメッセ』を3月1日から3日まで行うことが決定し、区長のおかげだ。これも皆さんの協力があってこそできた」と述べた。  さらに、10月には海外21か国の子供たちへリサイクルノート3万冊がジョイセフを通じて贈呈したことにふれ「今年で25年目になる。歴代の会長たちのおかげでここまできた。関連協、今後も頑張っていく」と支援・協力を呼びかげた。  議長に福田浩志常任幹事を選出して議事に入り、平成28年度事業報告と決算報告、会計監査報告並び平成29年度事業計画と収支予算が原案どおり承認された。  平成29年度事業計画は、1都市型新産業立地構想策定に関する研究、2技術・経営および法令等の問題に対する研修会・見学会の開催、3会員相互の交流の緊密化と、情報交換のための懇談会の開催、4セーフコミュニティの推進、5印刷関連産業のPRとして、①豊島区リサイクル推進事業に協力(ノート3万冊)、②豊島区立小学校新入生へのファイル寄贈の実施継続、③第11回としまものづくりメッセ、④国際アート・カルチャー都市構想推進のために実施する事業への協力、⑤としまTVのインターネット等の加入増強推進の実施、6行政並びに諸団体との連絡、協調の推進、7労務問題等の研修推進――の7項目を挙げている。  次いで、来賓紹介に続き、高野之夫豊島区長は、ものづくりメッセ、リサイクルノート、ファイル贈呈などに対して感謝の意を示すとともに、「豊島区は新庁舎ができて変わりつつある。野外劇場を建設するなど池袋を中心に街が変わり、文化の街となる。まさしく皆さんの仕事は文化の担い手である。豊島区を誇りのある街づくりにしたい」と祝辞を述べた。  総会終了後、場所を移動して懇親会が行われた。 亀井一司会長 ≫ニュース全文を読む

2017年06月23日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は、平成29年6月19日開催の第44回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規3工場と更新15工場、合わせて18工場を認定した。その結果、現在活動中のGP認定工場は全371工場となった。  また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、4社8製品(洗浄剤7製品、含浸型洗浄布1製品)を認定した。これで、平成29年度の認定登録製品は618製品となった。  なお、新規3工場のGP工場認定式は、平成29年7月25日(火)14時~16時30分に日本印刷会館大会議室(東京都中央区)で開催する第31回GP工場交流会において執り行う。  第44回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。 【新規認定工場】 ▽オフセット・錦明印刷 富士見事業部(埼玉県鶴ヶ島市)印刷工業会 ▽オフセット・アインズ 本社工場(滋賀県蒲生郡)全日本印刷工業組合連合会 ▽グラビア・カスタムグラビア 本社工場(福岡県福岡市)全国グラビア協同組合連合会 【新規GP資機材認定製品】 ▽洗浄剤:ウエノ1製品、東洋インキ5製品、環境技術研究所1製品 ▽含浸型洗浄布:ニッカ1製品 ≫ニュース全文を読む

2017年06月22日
全国印刷工業健康保険組合(全印健保、青木宏至理事長)は6月21日、全印健保会館で第163回組合会を開催し、任期満了に伴う理事選挙で青木理事長の再任が承認された。 再任した青木理事長は「続投という形となった。3年間振り返ると、様々あった。健保の財政は27年度、28年度は黒字になったが29年度はとりまく環境が劣悪となりなかなか利益が計上することが難しく赤字の予算を組むしかなかった。理事長を引き受けた以上、職員、本日来て頂いている皆さん、事業所の方々といろいろコラボレーションしながら、健康で仕事ができ、お役に立てる健保となるよう旗振りしタッグを組んでいく。この3年間、健保の発展のため更なる努力をしていくので、これまで以上の支援と協力をお願いする」と挨拶した。  組合会では、理事の選挙ならびに監事並びに検査委員の選挙について審議し、いずれも承認された。  第23期組合理事は次のとおり(敬称略)。 【選定】 ▽新村明義(新村印刷)▽吉原民恵子(光村印刷)▽山岡景仁(三美印刷)▽青木宏至(精興社)▽田中秀明(全国印刷工業健康保険組合)▽小林敏男(小林印刷)▽川上彰久(さんこうどう) 【互選】 ▽佐川一夫(瀬味証券印刷)▽小林法達(金羊社)▽宍戸昇(光村印刷)▽小野寺智(三浦印刷)▽柳澤孝史(きかんし)▽篠原正雄(宝印刷)▽古舘志門(光陽メディア) 監事並びに検査委員は次のとおり(敬称略)。 【監事】 ▽選定・椎橋靖夫(寿山堂印刷所)▽互選・生井義三(全日本印刷工業組合連合会) 【検査委員】 ▽選定・山口明義(山口証券印刷)▽互選・谷村年由(あかつき印刷)  青木宏至理事長 ≫ニュース全文を読む

2017年06月16日
2018年2月10日(土)に大阪市中央公会堂で開催する「PrintNext2018」のフライヤー・ポスターが完成した。 全日本印刷工業組合連合会全国青年印刷人協議会、全国印刷緑友会、(一社)日本グラフィックサービス工業会青年部SPACE21の青年部3団体が運営するこの合同イベントは、今回「強い会社になる為に、そして企業を永く継続する為に。」をテーマに掲げている。 今回のテーマに合わせ、フライヤー・ポスターでも使用している大会名の文字は、次世代へ“継続する”“繋ぐ”をイメージした“矢印”をあしらい、フォントも今大会のキーワードである“強さ”を表現している。 また、大会ロゴは、業界人なら誰もがわかる“トンボ”のイメージをベースにPrintNextの頭文字の「P」と「N」を組み合わせて構成している。  ポスター  ロゴ    また、公式サイト、フェイスブックも立ち上がっている。 ■PrintNext2018 公式サイト http://www.printnext.jp ■PrintNext2018 Facebookページ https://www.facebook.com/printnext2018 ≫ニュース全文を読む

2017年06月15日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は6月14日、千代田区紀尾井町・ホテルニューオータニで第32回定時総会を開催し、原案どおり承認された。  懇親会で挨拶した山田会長は昨年度を振り返るとともに「私たちをとりまく環境は国内、国際においても政治や経済で大きな変化に直面しており経営の舵取りが難しい時期だ。しかし、社会の変化に的確で柔軟に取り組むことで印刷産業が社会に貢献することは可能だ。日印産連は今年度もグランドデザインの実現に向け、これまで以上、会員10団体ならびに関連団体とも密接な関係を築き、活力ある連合体として一層の発展を目指していく」と抱負を述べた。 総会は山田会長を議長に選出して議事に入り、平成28年度事業報告ならびに決算報告と平成29年度事業計画ならびに収支予算が原案どおり承認された。日印産連では2015年からグランドデザインに取り組み、平成28年度はその深耕に努めてきたが、平成29年度もこの取り組みを継続していく。具体的には、時代の変化を早期に的確に捉え、社会の発展を支えるための「新しい価値の提供」、印刷産業の各社が「公正で的確な事業活動を推進」できるための施策展開、「持続可能な地球環境への取り組み」の推進、さらに、一般社会に向けた「印刷産業の理解促進」を図り、産業としての信頼向上に向けた活動の推進だ。この4本の柱を中核として、従来からの委員会や部会などでさらに成果を出していく。  役員の選任では、三浦剛治氏(印刷工業会・三浦印刷会長)と田中浩一氏(全日シール・田中シール社長)が退任し、大橋幸成氏(印刷工業会・三浦印刷取締役)と田中祐氏(全日シール・山王テクノアーツ社長)が就任した。  山田雅義会長 ≫ニュース全文を読む

2017年06月15日
 全国グラビア協同組合連合会(全グラ、田口薫会長)は6月9日、岐阜県下呂温泉・水明館で第47回通常総会を開催し、原案どおり承認された。また、任期満了に伴う役員改選で田口会長が再任し、5期目の2年間の活動をスタートさせた。 平成29年度事業計画として、『品質判定ガイドライン』の普及啓蒙を図るべく、各単組での説明会の実施、平成28年度末に57に達した『グラビア印刷(軟包装)グリーン基準』に基づくGP(グリーンプリンティング)認定事業所数を65事業所に引き上げるなどをあげている。  総会の開会に先立ち、田口会長は、「平成28年度は、我々全グラが大活躍した年だ。まず、『品質判定ガイドライン』をまとめ上げることができた。これは安永研二副理事長が大手印刷会社を説得し、3年余りをかけて成し遂げたものだ。初版はすぐさま売り切れ、第2刷を作り、目下、お届けできていなかった方々に配布を再開したところだ。様々な方面に配布し、ユーザーに説明を行い、過剰品質問題をただし、使われずに捨てられている印刷済包材の無駄を減らし、経営の安定化を図るツールとして大いに活用していただきたいと思う」と振り返った。  さらに、「良い製品には、それなりの価格が伴う。法律を守り、環境、安心安全という社会的要請に応えるには、当然、コストがかかる。必要なものを安定して供給するにはどうしたらいいかを真剣に考えないと、社員がいなくなってしまう。社員がいないので印刷済包材を供給できませんとは言えない。業界の供給力維持に努めていかなければならない。とにかく、包材を作る人がいなければ、ものは売れなくなる。運ぶ人がいなければ、製品は届かない。我々はこんなにも努力し、いいものを作っているので、それをお客様に説明し、適正価格をいただけるようにし、包装資材の供給を継続できるようにしていかねばなならない」と協力を呼び掛けた。 田口会長  平成29年度の事業活動の骨子は次の通り。 (1)省エネ、省資源による地球環境保全への対応 (2)(一社)日本印刷産業連合会と連携を取り、行政関連経済支援策・下請適正取引・優越的地位の乱用等に迅速な対応と関連行政官庁の連携強化。 (3)環境対策の推進  ①「グラビア印刷(軟包装)グリーン基準」の啓蒙と認定取得の奨励・周知活動  ②「規制と自主的取組のベストミックス」によるVOC排出削減へ向けての支援  ③VOC処理装置の研究と普及  ④地球温暖化防止のためのCO2排出量削減への取組  ⑤省エネ法への対応の取組  ⑥環境関連条例等への対応策の検討と規制緩和の推進  ⑦労働安全衛生と消防法など法令遵守の啓蒙と完全実施の推進 (4)「品質判定ガイドライン」のセミナー開催等、理解と周知を得る活動の展開 (5)会員・賛助会員の増強  「グラビア印刷(軟包装)グリーン基準」の啓蒙と認定取得への近道として、組合加入促進を図る。 (6)(一社)日本印刷産業連合会への積極的な参加と、関連業界団体との連携強化 (7)青年部の育成と拡大 (8)機関誌「GP JAPAN」の内容充実と広告獲得、拡販 (9)(一社)日本印刷産業連合会の連携とホームページ運用による広報の取組 (10)静電気火災の予防と対応への周知    新役員は次の通り(敬称略)。 【理事長(会長)】田口 薫(関東グラビア協同組合、大日本パックェージ) 【副理事長】安永研二(関東グラビア協同組合、東包印刷)、竹下晋司(関西グラビア協同組合、ダイコー)、大月正雄(関東プラスチック印刷協同組、セイユー)、石井良明(東海グラビア印刷協同組合、石井)、中村政晃(九州グラビア協同組合、三裕商会)、金谷益孝(北海道グラビア印刷協同組合、彫刻グラビヤ札幌) 【専務理事】村田英雄 【監事】小金澤和夫(関東プラスチック印刷協同組合、東和グラビヤ)、阿部 純(関東グラビア協同組合、北上産業) ≫ニュース全文を読む

2017年06月13日
印刷博物館P&Pギャラリーでは7月1日より9月18日まで『GRAPHIC TRIAL2017-Fusion-』を開催する。  12回目となる今回は〈Fusion:統合、融合〉をテーマに、仲條正義氏、ジャンピン・ヘ氏、吉田ユニ氏、澤田翔平氏の4名のクリエイターが、凸版印刷のプリンティングディレクター(PD)と協力し、印刷表現の可能性を探る。版とインキと紙、そして智恵と技を融合して進化を遂げ、コミュニケーションの領域を拡大してきた印刷の世界は、クリエイターのアイデアと印刷技術の融合により、幾多の新たなクリエイションを生み出してきた。展覧会では、クリエイターの独創的なアイデアと印刷技術により誕生したポスターに加え、印刷実験のプロセスも見ることができる。  第一線で活躍するクリエイターとPDの発想、そこに印刷技術が融合することにより生み出された新しい表現世界を見よう。  会期初日にデザイントークが行われる。開催概要は次のとおり。 ■デザイントーク in TOPPAN vol.20 ▽日時=7月1日14:30~17:00 定員80名、入場無料、事前予約制 ▽場所=印刷博物館 グーテンベルクルーム   申込みは、ウエブサイト「GA info.」で受け付ける。 ≫ニュース全文を読む

2017年06月09日
 印刷工業会(山田雅義会長)の教育・研究部会(杉山毅部会長・共同印刷)では6月8日、中央区新富・日本印刷会館で管理者研修会を開催し、100人が参加した。今回は、講師に㈱JR東日本テクノハートTESSEI おもてなし創造部長の矢部輝夫氏を講師に迎え、『奇跡の職場 新幹線清掃チームの“働く誇り”』をテーマに講演した。米国・ハーバード大学ビジネススクールでも必修科目となった新幹線清掃の「おもてなし」だ。矢部氏は職場のやる気をアップさせ奇跡の職場と呼ばれるまで変貌させた経緯を語った。  同氏は2005年に鉄整備株式会社(2012年に株式会社JR東日本テクノハートTESSEIに社名変更)の取締役経営企画部長に就任して以来、10年間、様々なことに取り組み、職場のやる気をアップさせた。6年前、米国のCNNが「7分の奇跡」を取材し、世界に発信され、反響を呼ぶ。新幹線(JR東日本)の停車時間は12分だが、そのうち2分降車、3分乗車で残りの7分間で100席全部のテーブルを拭き、床の清掃、ゴミ出し、座席の回転などを行わなければならない。基本的に1両を1人で担当する。これこそが“7 minutes miracle(7分の奇跡)”だ。1日17万席、年間で6,000万座席を清掃し、クレームは年間でわずか5件だという。  しかし、同氏の就任当時は財務面でのどんぶり勘定、経営陣の意思不統一など負のスパイラルな職場だった。「変換のスイッチ」はどこにあるかと考え、掃除の世界でイノベーション、すなわち新しい価値観を造ることだと悟った。そして、最初に考えたことはミッション(使命)であり、やがて従業員は「誇り」と「生きがい」を持つようになる。  さらに、約30名のエンジェル・リーポーターが地道にこつこつと頑張る人たちをリポートする小冊子『エンジェルリポート』を作る他、月間個人褒賞・半期部長表彰、年間優良従業員表彰やよくほめてくれた人を表彰する制度も設定した。講演ではエンジェルリポートから抜粋した従業員とお客とのエピソードをスライドで紹介した。  最後に、同氏は「一人はみんなのために、一人は一つの目標のため。どんな仕事も、どんな人生にも誇りと生きがいを持たなければならない。人は見られることで成長していく」と締めくくった。 矢部輝夫氏   ≫ニュース全文を読む

2017年06月08日
東京都印刷工業組合 常務理事 白橋明夫氏(京橋支部・白橋 代表取締役社長)のご尊父 白橋達夫氏(同社取締役会長、4月22日逝去・4月26日近親者で密葬)の「お別れの会」が下記の通り執り行われる。   ■日時:7月4日(火)13時~14時30分 ■喪主:白橋悦子様(ご令室) ■場所:帝国ホテル 本館4階「桜の間」      千代田区内幸町1-1-1 なお、ご香典・ご供花・ご供物の儀は固く辞退している。 当日は、上記案内の都合の良い時間に平服にてお越し願う。 ≫ニュース全文を読む

2017年06月07日
ラベル新聞社は7月6日(木)と7日(金)の2日間、東京国際フォーラム(東京都千代田区有楽町)で国内最大のラベル専門イベント「ラベルフォーラムジャパン2017」を開催する。共催はラベルエキスポグローバルシリーズ、協賛は全日本シール印刷協同組合連合会、ラベルズ&ラベリングインターナショナル。 同イベントはコンファレンス(講演)とテーブルトップショー(展示会)を通じて、ラベルビジネスに携わる業界人のグローバルな交流、ラベルマーケットの現状分析と未来予測、ブランドオーナーのニーズ、関連団体によるビジネスビジョン、ラベル製造技術に関する国内外の最新情報を発信する。 最新鋭のラベル関連資機材が披露されるテーブルトップショーは、今回から会場を地下1階のホールE1に移し、展示面積を大幅拡大。当イベント全体では、期間中に4,500人の来場を見込んでいる。 ラベルフォーラムジャパンは、コンファレンス(講演)とテーブルトップショー(展示会)を柱に、ラベル業界のトレンドを国内外問わず網羅できる業界最大のイベント。2006年の第1回開催以降、着実に開催規模を拡大し続けている。6度目の開催となる今回は、テーマに『Label Evolution~ラベルで豊かな生活~』を掲げ、暮らしに華を添える意匠性・機能性に富んだラベルを多数紹介し、印刷会社以外のラベルユーザーへ向けたPRにも注力。2日間の来場者はコンファレンス500人、テーブルトップショー4,000人を見込んでいる。 同イベントは、英ターサスが欧米アジアで開催する「ラベルエキスポグローバルシリーズ」と共催しており、欧州や北米など世界各国から講演者、出展者、来場者が集まる。また、前回のベトナムに続き、今回は韓国からラベル印刷団体の役員らを招き、成長著しいアジア市場の現状を紹介、交流を図る。 国内外の最新ラベル事情を紹介し、ラベル業界の識者と意見交換を交わす絶好の機会となっている同イベントでは、事業規模拡大や新規事業の策定、印刷に関する課題解決など、各社の発展を促すヒントを多様な切り口から発信していく。 <詳細はイベント専用ページで> ■http://www.labelforum.jp ≫ニュース全文を読む