業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
855件中 1~10件を表示

2020年10月19日
一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピュータソ フトウェア協会の 3 団体で構成する CEATEC 実施協議会は、2020 年 10 月 20 日(火)~23 日(金)の会期にて 「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」を開催する。「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」のスローガンのもとに、CPS/IoTによるSociety 5.0の実現を促し、新たな価値と市場の創造・発展に貢献、関係する産業の活性化に寄与することを目的として、「CEATEC AWARD 2020」を実施した。本日、CEATEC AWARD 2020 審査委員会による厳正な審査の結果、「総務大臣賞」ならびに 「経済産業大臣賞」および「部門賞」が決定した。 CEATECAWARD 2020 審査委員会 関口 和一(株式会社MM総研 代表取締役所長)委員長コメント: 「CEATECAWARDはCEATEC に出展される技術や製品・サービスから選ばれるため、オンライン開催による応 募数の減少が心配されましたが、わずか1カ月の間に62 件の応募がありました。新型コロナウイルスの感染拡大 を受け、CEATEC のコンセプトを「ニューノーマル」としたことから、ポストコロナ時代を意識した応募が多か ったのも今年の特徴といえます。総務大臣賞を受賞した理化学研究所と富士通のスパコン「富岳」も、飛沫拡散のシミュレーションなどでその威力を発揮したことが評価されました」。 ■総務大臣賞 スーパーコンピュータ「富岳」 (Supercomputer Fugaku) 富士通株式会社(出展エリア:General Exhibit Area) 国立研究開発法人理化学研究所 【製品・案件概要】 「富岳」は、幅広いアプリケーションソフトウェアを高い実行性能で利用できる世界最高水準のスーパーコンピュ ータで、2021年度の共用開始を目指して理化学研究所と富士通が共同で開発している。システムとアプリケーシ ョンを協調的に開発し、消費電力性能、計算能力、ユーザーの利便性・使い勝手の良さ、画期的な成果の創出、それぞれを世界最高水準で備える、世界の他のシステムに対して総合力で卓越するシステム。 ■経済産業大臣賞 マイクロRNA 検出技術 (MicroRNA detection technology) 株式会社東芝(出展エリア:General Exhibit Area) 【製品・案件概要】 マイクロRNA検出技術は、細胞が分泌するマイクロRNAの血中濃度を測定し、がんの超早期発見を可能にする。がん細胞は、特定のマイクロRNAの血中濃度を増加させるが、この変化を捉える独自の電気化学検出法を開発した。 早期発見が困難とされるすい臓がんなど13種がんのいずれかの罹患有無を、ステージ0の超早期から、短時間、高精 度に識別できる。研究開発段階では、検査時間2時間、99%の高精度での識別を確認した。 ≫ニュース全文を読む

2020年10月19日
一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピ ュータソフトウェア協会の 3 団体で構成する CEATEC 実施協議会は、2020 年 10 月 20 日(火)~23 日 (金)の会期にて「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」を開催する。オンライン開催の特長を活かし、本年は会期終了後もオンデマンドとして 12 月 31 日まで見ることができる。 テクノロジーを活用することで、いかに人々の暮らしを豊かにできるか発信してきた CEATEC は、2000 年に第 1 回を開催した。年々規模を拡大し、デジタル家電見本市として発展した後、2016 年に脱・ 家電見本市を宣言して、「IoT」と「共創」で未来の社会や暮らしを描く「Society 5.0 の総合展」へと大きく生まれ変わり、昨年 20 周年を迎えた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、史上初の完全オンラインでの実施となる本年は、「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩む CEATEC)」のスローガンのもと、ニューノーマル社会の多様な ソリューションやテクノロジーを広く発信する。 CEATEC 2020 ONLINE には、3つの展示エリア(ニューノーマルテーマエリア、企業エリア、Co-Creation PARK)に 356 社/団体(出展申込数)が出展する。うち今回が初めての出展者は 164 社/団体で、オンライン開催ということで、新たな顔ぶれを中心として、デジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引する企業/団体が多く集まった。また、海外出展者は計 71 社/団体が参画する。CEATEC 2020 ONLINE はニューノーマル社会の暮らしやテクノロジーを「見て」「聴いて」「感じて」「考えて」る場を提供し、新たな共創を生み出すことを目指す。 キーノートやパネルディスカッションなど、70 を超えるコンファレンスを会期 4 日間にわたって開催する。ニューノーマルをはじめ、5G や学生向けのセッションなど、多彩な内容を用意している。また本年のコンファレンスは、会期終了後にオンデマンド配信を予定しており、多数のトップリーダーによる講演や専門性の高いセッションを 10 月 28 日(水)より見られる予定。 CEATEC 2020 ONLINE は、4 日間の会期において、20 万人超の来場者数を見込んでいる。来場者数の結果は、会期終了後となる 10 月 26 日(月)に発表予定。 ■ CEATEC 2020 ONLINE 開催規模 ・ 出展申込者数 : 356 社/団体 (2019 年実績:355 社/団体) ・ 新規出展者数 : 164 社/団体, 新規出展者率 46% (2019 年実績:39%) CEATEC 2020 ONLINE の入場登録および入場は、CEATEC 公式 Web サイトから https://www.ceatec.com ■ CEATEC 2020 ONLINE 開催規模 ・ スタートアップ/大学研究機関出展者数 : 135 社/団体 ・ 海外出展者数 : 71 社/団体 名 称 : CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン) 会 期 : 2020 年 10 月 20 日(火)~23 日(金) ※会期以降はオンデマンドとして 12 月 31 日まで公開 会 場 : オンライン(https://www.ceatec.com/) 開催テーマ : つながる社会、共創する未来 スローガン : CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal (ニューノーマル社会と共に歩む CEATEC) 主 催 : CEATEC 実施協議会 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA) 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ) 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ) ≫ニュース全文を読む

2020年10月16日
一般社団法人日本印刷産業連合会主催の「2021年新年交歓会」は、1月6日に予定をしていたが、新型コロナウィルス拡大している状況を鑑み、参加する皆の安全確保を最優先に考慮し、開催を中止することとした。 ≫ニュース全文を読む

2020年10月16日
 全日本シール印刷協同組合連合会(田中祐会長)では、「第30回シールラベルコンテスト」の結果発表をした。審査の結果、第1位の経済産業大臣賞には精英堂印刷(東北協組、山形県米沢市)の作品に決まり、同社の経済産業大臣賞は6年ぶり6度目の受賞となった。第2位の経済産業省商務情報政策局長賞には進和ラベル印刷(東北協組、山形県上山市)の作品、同じく第3位の経済産業省商務情報政策局長賞にも精英堂印刷(東北協組、山形県米沢市)の作品が決まった。  「第30回シールラベルコンテスト」は2020年7月1日から8月20日までの募集で行われて53社98作品(昨年57社101作品)の応募があった。  2020年8月28日に第1次審査会を行い応募作品の「基本技術」「応用力」などを連合会の技術委員らが審査した。 9月3日には第2次審査会を行い、第1次審査会で審査した自由課題の上位21作品に、日本印刷産業連合会の審査員、全日本シール印刷協賛会の審査員がデザイン面を中心に加点して総合の第1位に「経済産業大臣賞」、2位・3位に「経済産業省商務情報政策局長賞」、以下得点準に、「日本印刷産業連合会会長賞」「全日本シール印刷協賛会会長賞」「全日本シール印刷協同組合連合会会長賞(各部門賞)」「技術・特許委員会賞」「優秀賞」のそれぞれの賞が決定した。  本来ならば、2020年10月16日開催予定であった第62回年次大会・東京汐留大会にて表彰式を行い各賞の受賞者に賞状を渡す予定だったが、「コロナ禍」の影響で第62回年次大会・東京汐留大会は中止となったため10月16日付けで発表を行い、表彰状並びに上位賞のトロフィーは各社へ発送した。 経済産業大臣賞 精英堂印刷 上位入賞は次のとおり。 ■経済産業大臣賞 精英堂印刷(東北) ■経済産業省商務情報政策局局長賞 進和ラベル印刷(東北) 、精英堂印刷(東北) ■(一社)日本印刷産業連合会会長賞 丸信 (九州)、三協シール印刷(正札) ■全日本シール印刷協賛会会長賞 タカラ(正札)、サトーインプレス(正札) ■全日本シール印刷協同組合連合会会長賞(部門賞) 啓佑社(神奈川)、シモクニ(北海道)、三共シール(東海北陸)、精英堂印刷(東北)、タカラ(正札 )、共栄紙工(京都) ≫ニュース全文を読む

2020年10月16日
 2017年に厚生労働省が公表した従業員の悩みや不満を相談する窓口において相談の多いテーマは、パワーハラスメントが最も多くなっている。対人関係に起因する職場環境の悪化が多発しており、環境改善が強く求められている。こうした現状を受け、ハラスメントを防止するための取り組みとして法制化したものと考えられる。  一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連)では会員企業の皆を対象に、本年6月に施行されたパワハラ防止法(労働施策総合推進法)をテーマとしたセミナーを開催する。  労務管理責任者及び実務担当者をはじめ、会社経営者の方々にも参加いただき、今後変わっていく労務管理に役立てほしい。 開催概要は次のとおり。 開催日時: 令和2年11月20日(金) 14:00 ~ 16:00 (13:30受付開始) 会  場: 日本印刷会館2階会議室 (東京都中央区新富1-16-8) 参加方法: 会場、及びZOOMを使用したWEBでの受講 定  員: 会場 40名  WEB 30名(いずれも先着順) 参 加 費: 会員無料 講  師: 小島経営労務事務所 特定社会保険労務士 小島信一氏 講習内容:・令和2年6月から開始されたパワハラ防止義務とは ・セクハラ、マタハラと何が違うのか ・企業が行うべき雇用管理上の措置とは ・これはセーフ?アウト?パワハラの具体例とは 申込方法:下記URLから申し込むこと。 該当ページ:https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=4857 申込締切日: 11月13日(金)  但し、定員になり次第、締め切る。 ≫ニュース全文を読む

2020年10月16日
  東京都印刷工業組合(東印工組、滝澤光正理事長)は、令和3年「新春の集い」を“新しい日常”を踏まえ、下記の要領で開催する。  新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、依然として厳しい経済状況が続いているが、東印工組は東京を代表する地場産業の商工組合として景気の回復と新型コロナウイルス感染症収束の両立をめざし、“新しい日常”を確立すべく事業運営に取り組んでいる。  その一環として、コロナ禍にありながらも経済活動と感染拡大防止を両立させ、東印工組の力強い団結と協調を内外にアピールする場として、今までとは異なった形で令和3年「新春の集い」を開催することとした。  ソーシャルディスタンスを確保するために参加者の人数を収容人員の50%以下に抑え、かつ着席形式による飛沫感染リスクの減少、入室時の検温・手指消毒の徹底、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)使用の推奨等、徹底した防止策を用いて参加者の方々の安全を確保する。 ■令和3年新春の集い開催要領 開催日時:令和3年1月12日(火) 開会18:30~閉会 20:00 (受付開始 18:00) 会場:パレスホテル東京 参加費:組合員及びパートナーシップ会員 1人12,000円(消費税込) ※緊急事態宣言の発令等、状況が変化した場合は開催を見直すことがある。 ≫ニュース全文を読む

2020年10月15日
  公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)では、『JAGAT印刷産業経営動向調査2020』を刊行した。  同書は、今回調査で第42回を数える「JAGAT印刷産業経営力調査」に基づく報告書で、経営計画策定や設備投資判断に携わるスタッフ向けに、最新データに基づき経営指標・戦略・設備動向などを調査・分析しており、計画策定や自社の客観評価、戦略決定の参考になることを目指して編著したもの。業績が良好な印刷会社の経営戦略や、平均的な印刷会社の経営戦略などもわかり、経営者や管理職、経営スタッフ、印刷業界関係者必携の、印刷経営の今後を考えるに際して不可欠な一冊となっている。 ■同書の概要 書名:JAGAT印刷産業経営動向調査2020 発行日:2020年10月1日 体裁:A4判 94ページ 編著:JAGAT研究調査部 発行:公益社団法人日本印刷技術協会 定価:10,000円+税 ※JAGAT会員特別定価:5,000円+税 ■同書の内容 (1)印刷会社の業績と経営指標 ・売上伸び率・1人当り経常利益・100分比損益計算書・100分比貸借対照表 ・収益性と安全性・人員構成・生産性と1人当り資本・加工高とその分配率 ・1人当り売上高と加工高・加工高比率・労働分配率と平均年齢 ・1人当り人件費と機械装置額 ・収益性・安全性・生産性(地域別・従業員規模別・業種別・オフ輪有無別) ほか (2)印刷会社の戦略、業績良好印刷会社の戦略 ・事業領域・経営スタンス・現在の主な内製工程、強化、縮小したい工程 ・重視する技術、サービス、顧客、市場・経営者の特性・売上高対策・経営効率の改善策 ・コストの削減策・顧客からの評価を得るために重視すること・価格提示における課題 ・生産部門の課題・生産部門の効率向上の課題・製造原価低減の課題・営業ターゲット ・高い利益率受注のために重視すること・見積もりにおける課題・マーケティングの課題 ・投資重点分野・社内価格表の整備状況・組織の形・人事ポリシー ほか (3)印刷会社の設備と投資意向 ・設備投資予定・設備と技術 ・サービス、システムの保有、取得、廃棄、満足度状況 ほか ■購入方法 JAGATウェブサイトより申し込むこと https://www.jagat.or.jp/ ≫ニュース全文を読む

2020年10月09日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)は本日、10月9日、47都道府県印刷工業組合の組合員4,300社へ向け「全印工連オンラインフォーラム2020」を開催し、滝澤全印工連会長「Liveメッセージ」(13:00~)を皮切りに、各種事業コンテンツを一斉に発信する。  全印工連ブランドスローガン「Happy Industry」の実現に向け、全印工連各種事業への一層の理解してもらうとともに、このコロナ禍を力強く邁進する全印工連ならびに各印刷工業組合に加入している価値を改めて確認する貴重な機会だ。 参加費無料、事前登録なし、誰でも視聴可能! ▼全印工連オンラインフォーラムLIVE配信はこちらから https://www.youtube.com/watch?v=QxR_1TrbLiU ▼詳しくはこちらから http://www.aj-pia.or.jp/wp-content/uploads/2020/09/forum2020.pdf ≫ニュース全文を読む

2020年10月08日
 印刷博物館P&Pギャラリーでは、10月10日から12月6日まで、展覧会「現代日本のパッケージ2020」を開催する。 身近な印刷物の代表例であるパッケージには、社会と強く結びつきながら、日々試行が繰り広げられ、デザインや機能が進化している。例えば、あらゆる人が使いやすいユニバーサルデザイン、地球環境に優しいエコロジーなど、一般にも馴染みのある社会的テーマはパッケージ制作の課題とも重なっている。  ※入場は事前予約制。申し込みや詳細は、同館ホームページを参照のこと。  6回目となる同展では、こうした時代のニーズや今後想定される解決すべき課題に対し、パッケージの現場で重ねられた取り組みの成果を知る機会の一つとして、日本で開催されている大規模なパッケージコンクールの受賞作を中心に紹介する。  同展は、消費者が直接手にするものから普段はあまり目にすることのない輸送梱包など、展示された様々な種類のパッケージを通じて、身近な存在でありながら、普段はなかなか深く知る機会の少ないパッケージの面白さに触れてもらえる機会だ。 【展示内容】 ・第59回ジャパンパッケージングコンペティション  主催:一般社団法人日本印刷産業連合会  市場で販売されている商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う商品包装コンペティション。 ※都合により展示されない受賞作品がある。 ・2020日本パッケージングコンテスト(第42回)  主催:公益社団法人日本包装技術協会  材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイデア等あらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するコンテスト。 ※本展ではこのうちのジャパンスター賞と放送技術賞を紹介する。 ※都合により展示されない受賞作品がある。 ・JPDAパッケージデザインインデックス Our Best Wroks  〈特集:ロングセラーのパッケージデザイン〉  2020年、公益社団法人日本パッケージデザイン協会は設立60周年を迎え、これを記念してはじめてのベストワーク集を出版した。同展では皆がよく知っている「ロングセラー商品のパッケージデザイン」に焦点を当てて展示する。長い年月を経ても時を超えて生き続けるブランドのデザインを一堂に見られる。 ≫ニュース全文を読む

2020年10月02日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)では、若手、中途社員を対象にしたフォローアップ教育プログラム全4テーマを2020年10月20日からオンラインで開催する。 若手、中途社員の早期育成、戦力化を目的に、①印刷技術基礎 ②営業活動の基本 ③見積の考え方の3つの視点から各種プログラムを用意した。  印刷会社において、各業務をスムーズに行うためには、基本となる知識を正確に理解することが大切だ。入社間もない時期に、短期間で吸収した知識は、何となく覚えたつもりでも実は理解できていないこともあります。このフォローアップ講座では、若手社員にとって理解し難い点に焦点をあて、印刷物を製作するための基本的な技術知識、見積りと印刷営業の基本的な考え方を再確認する。  今回は新型コロナウイルスの感染拡大という状況を鑑み、オンラインで受講する。オフィスや在宅でも受講しやすく若手社員のフォローアップ教育として活用できる講座だ。 [詳細Webページ]https://www.jagat.or.jp/archives/78419 ■プログラム ●印刷技術の基礎知識を学ぶ(プリプレス編) 10月20日(火)13:00~17:00  印刷物製作工程からDTPの工程概要、ソフトの機能、データの入出力に関するチェックポイントを 確認して、印刷用データ作成のために必要となる専門的知識や注意点、出力まで解説する。DTP や印刷に関わっていて制作に関する基本的なルールや知識を再点検したい方、いまさら仕事仲間に 聞けないで困っている方などに最適な内容となっている。 https://www.jagat.or.jp/archives/78046 ●印刷技術の基礎知識を学ぶ(プレス・ポストプレス編) 10月27日(火) 13:00~17:00  オフセット印刷では単に刷ればいいだけでなく、特に基本的な色の管理などについてオペレーターはもちろん、営業や企画担当者も知っておくべき項目がある。後加工の分野でも、顧客に言われて単に引き受けるのではなく、顧客に対し必要な助言をしながら受注活動をするにはどうしたらよいか考えないといけない。同講座では、職種を問わず、印刷に携わる人には覚えておいてもらいたいプレス・ポストプレス分野について解説する。 https://www.jagat.or.jp/archives/78370 ●印刷見積り基礎講座 11月10日(火)13:00~17:00  顧客に提出した見積書について詳細説明を求められることも多くあり、そこで見積りの内容と考え方を適切に説明できれば、信頼を高め、受注アップにもつながる。同講座では、印刷見積りの背景や項目を解説し、体系的な知識を身につけてもらう。 https://www.jagat.or.jp/archives/78380 ●印刷営業の基本プロセスと実務知識 11月17日(火)13:00~17:00  これからの印刷営業担当者は、印刷関連技術の知識だけでなく、人間関係づくりや情報収集力など、 多様な対応が必要となってくる。しかし、お客の要望に対応し満足いただく営業を目指すには、 まずベースとなる印刷営業の基本プロセスをしっかり理解し、実務能力を高めなければならない。  同講座では、中途入社社員や印刷営業の経験が浅い方を対象に、印刷営業の基本的な業務の流れを説明するとともに、顧客との人間関係づくりや日常活動のポイントについて解説する。 https://www.jagat.or.jp/archives/78386 【オンラインセミナー】 ビデオ会議ツール「Zoom」を利用して受講する。 ≫ニュース全文を読む