業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
435件中 21~30件を表示

2018年03月07日
 印刷工業会(山田雅義会長)では女性が生き生きと働くことで、『印刷を魅力ある業界に』の実現を目指し、2013年度より女性活躍推進部会(初代部会長:共同印刷 新井妙子氏)として活動を進めている。3月6日、中央区新富・日本印刷会館で、第3期の分科会活動の成果を報告するとともに、活動の中で共通の課題として議論してきた「上司と女性部下のコミュニケーション、キャリア形成支援」について、交流会(ワールドカフェ)を行った。  女性活躍推進部会は、9社13名の委員会を選出して2013年9月に女性活躍推進準備委員会を立ち上げ、現在は女性活躍推進部会として活動している。現在の加盟社数は18社、大日本印刷の金田由美氏が部会長を務めている。  冒頭、小澤典由専務理事が女性活躍推進部会の経緯を紹介し、最終報告会に入った。第一部の分科会活動報告会では、1多様な働き方への意識改革、2キャリアデザイン、3職場のコミュニケーションの三分科会の報告が行われた。1多様な働き方への意識改革分科会では、自分達でできる業務改善の事例を収集し、実際に取り組んでみることで、誰もが継続して働ける職場環境の構築や意識改革を繋げることを重点課題とし、①「職場環境の改善」に繋がる取り組みを行っている企業へ取材し、冊子にまとめて紹介し、②取材や事例研究などで知り得たツールを、メンバーで使ってみて効果を想定した。取材先は、(印刷関係)大洋印刷、水上印刷、千修、トッパン・フォームズ、(他業種)で第一生命保険、三州製菓。取材できなかった日本レーザー、良品計画は事例紹介した。そして、『生の声』をまとめた冊子『Voice』を製作した。活動を通じて見えてきたことは、①トップダウンとボトムアップ、②チーム制・多能工化、③働きやすい環境との三つで、働き続けるため、上司との関わり、キャリアビジョン、広い多様性と共に、個人の能力を最大に活かしていくことが必要という結論に達した。  2キャリアデザイン分科会では、個人と組織の意識改革とコミュニケーションの充実を重点課題に、商談の際に使えるコミュニケーションツールの作成を行った。また、重点課題の背景には①女性自身の目標が不明確、②会社が女性に求めることが不明確、③目標・求めることが共有できていないとし、矛盾点を分析するため、既存のツールを用いた自己分析の有無や満足、問題点、コミュニケーション機会の満足度や問題点を探るアンケートを実施した。  3職場のコミュニケーション分科会では、女性社員が仕事に対し前向きな意識を持って活躍するには、男性上司と女性部下の職場におけるコミュニケーションが充実し、両者が尊重し、今日観・許容し合える良好な関係が作られている状態が必要であると考えた。そして、本音アンケートを実施し、「知って活かせる職場のキモチ」というコンパクトガイドを作成した。そして、アンケートに協力した男性上司と女性部下の方にコンパクトガイドを配布し、同ガイドを使用し、行動変容ができたか事後アンケートを行った。  報告会終了後、金田由美部会長は「しっかりゴールを決め、発表も自分たちでやりながら成長している。今日、改めて最終報告や成果物がわかりやすく、成長を嬉しく感じる。今日はスタートであり、これまで勉強したことを会社に持ち帰ってほしい」と総括を述べた。  休憩を挟んで、交流会(ワールドカフェ)と懇親会が行われた。 報告会  金田由美部会長が総括を述べる ≫ニュース全文を読む

2018年03月06日
一般社団法人日本印刷産業連合会のデジタル推進協議会は3月29日「デジタル印刷の現状と展望」に関する調査報告会を3月29日開催する。 デジタル印刷の技術的発展は、より速く、より精細に、色彩豊かに広がりを持って進み、印刷業向けの多彩なデジタル印刷機が登場している。今やほとんどの印刷品目を出力できる段階になりつつあり、次第に生産機としての活用が拡大してきている。国内の印刷産業における生産機としてのデジタル印刷機活用の状況を把握し、活用度を更に高めるためにアンケート調査を実施致した。 今回、第一部は調査結果とし、第二部で各メーカーの方々から技術動向として「今後のデジタル印刷機はどのようになってゆくのか?」について議論する。さらに第三部として、「デジタル印刷の使い方、バリアブルや小ロットなどの視点から、マーケット、人材、印刷物の必然性などから、デジタル印刷ビジネスについてのディスカッションの場を設けた。 これからの市場拡大が期待されるデジタル印刷に関して興味をお持ちの方、導入を検討している方、デジタル印刷機の活用を考えている方等に役立つと考えている。多数の参加を呼びかけている。 【開催日時】 2018年3月29日(木)午後1時30分~午後5時10分(午後1時より受付開始) 【会 場】 日本印刷会館 2階大会議室 (有楽町線新富町駅、日比谷線八丁堀駅下車) 東京都中央区新富1-16-8 TEL 03-3553-6051 【参 加 費】 1名 3,000円(当日資料、消費税含む) 当日、現金にて支払う(領収書発行)。お釣りのないよう準備する。 ◆ テーマ名/内容 1.「印刷業界におけるデジタル印刷に関するアンケート調査」報告 郡司 秀明 氏(日本印刷産業連合会・デジタルプレス推進協議会 座長 公益社団法人 日本印刷技術協会 専務理事) 花房 賢 氏 (公益社団法人 日本印刷技術協会 副部長) 2.技術動向「今後のデジタル印刷機はどのようになってゆくのか?」 コーディネーター 郡司 秀明 氏 パネリストメーカー コダック合同会社、キヤノンマーケティングジャパン㈱、㈱リコー、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ㈱ 3.パネルディスカッション 「デジタル印刷ビジネスについて」 コーディネーター 郡司 秀明 氏 パネリスト ㈱日本HP、富士ゼロックス㈱、㈱リコー、㈱SCREEN グラフィックソリューションズ ◆ 申 込 み 方 法 ◆日印産連ホームページから申し込むこと。 ◆申込締切は3月26日(月)。定員(120 名)になり次第、締切る。 ≫ニュース全文を読む

2018年03月06日
 印刷工業会(山田雅義会長)の技術部会(服部克彦部会長)は3月5日、中央区新富・日本印刷会館で管理者研修会を開催した。今回は、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏を講師に迎え、『脳を知って未来に活かす』をテーマに講演した。池谷氏の専門分野は大脳生理学で、特に海馬の研究を通じて、脳の健康や老化について追求している。著書には、『海馬 脳は疲れない』、『記憶力を強くする 最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』、『しんかし過ぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線』など。今回の研修会で、脳を効果的に活かす方法を学んだ。  服部部会長が池谷氏の略歴を紹介し、講演に入った。講演ではまず、「脳とは何か」と問いかけ、頭がいい、すなわち知能を支える三つの要素として、1倫理(算数)、2言語(国語、コミュニケーション力)、3熱意(やる気)の三つが揃ったら頭がいいとされる。そして、「やればできる」という言葉は教育上、言ってはいけない言葉であり、「やればできる」とは、いつかやればいい、と先延ばしし、やらないことに固執し、結果、落ちこぼれになる。また、知ることを楽しむ好奇心が必要であり、検索の失敗が学習を促進する。失敗に負けない熱意が大切だ。さらに、やる気は脳の側坐核を意図的に活性化することで出るという。  後半では、「歳のせいで記憶力が衰えたと言うが、記憶力は衰えない」と指摘し、「1保有している知識が増えたから、2覚えよう努力していないから、3時の進みが遠く感じられるから、4記憶力が衰えると言われているから、5生きることに慣れてしまったから」と解説し、「ネガティブな自己暗示は能力を低下させる。楽しくゴキゲンに生きることだ。記憶のカギを握るのは海馬で、マンネリ化は脳の敵である」と強調した。  そして、日本は前例のない長寿社会となった。女性の平均年齢は87・1歳、寿命の中央値は90歳。今生まれた人は何歳まで生きるか、2007年に生まれた50%は100歳以上生きる。 また、将来を選ぶ二つの原理、何をしたいのか(目的主導型選択)VS失敗したくない(消去法型選択)だけではだめな時代となり、現在の小学生の65%は将来、現在にない職業に就くとされる。同氏は「将来の夢の65%は叶わず、夢を抱くと35%の狭き可能性も断つ。将来、どんな世界がやって来ても順応できる柔軟性を磨くことだ」と語った。最後に「好きに理由はない。熱意とは、笑顔とガッツポーズで作る」と締めくくった。   講演する池谷裕二氏 ≫ニュース全文を読む

2018年03月05日
 関東甲信越静地区協議会(清水光朗会長)は3月2日、品川区東品川・ハイデルベルグ・ジャパンで平成29年度下期定例会を開催し、全体会議の後、理事長会・分科会で議論した。今回の主管県は長野県印刷工業組合(清水光朗理事長)。次回は静岡県印刷工業組合(荻野豊理事長)の主管で、7月6日ホテルアソシア静岡で「第66回年次大会in静岡」が開催される。 犬飼勝忠長野県工組副理事長の定例会開会宣言で全体会議が始まり、清水光朗関東甲信越静地区協会長は「印刷業界を取り巻く事業、環境は大きく変わろうとしている。大きな変革の中、地区協を構成する各県工組10県のうち半分近く理事長が交代し新しい事業領域を目指していく」と述べるとともに、「新しい生き方をみつけ、地区に持ち帰り各県工組で情報交換を行い各組合員の会社の生き方を切り開いていくことが可能になってくる」と挨拶した。  清水光朗協議会会長  来賓の全日本印刷工業組合連合会の臼田真人会長、生井義三専務理事、白橋明夫常務理事が紹介され、宮澤徹長野県工組常務理事の発声に続き、印刷産業人綱領を全員で唱和し、全体会議に入った。  次いで、臼田会長は昨年の全印工連フォーラムに300名が参加して結束が一段と強めたと感謝の意を示すとともに、昨年、全印工連において長年の課題であった官公需における知的財産権の取り扱いが「平成29年度中小企業者に関する国等の契約の基本方針」に新たに講じられたことにふれ、「一社でできないことを皆さんの結束で可能となった。私は印刷組合の本来の目的が達成できたと感じている。ひとつでもメリットが感じられる事業を行っているが、組合員の皆さんに伝えきれていない」と述べた。  臼田真人全印工連会長  引き続き、生井専務理事から全印工連事業概要の説明があり、依田訓彦官公需対策委員長から官公需における知的財産権の説明が行われた。  理事長会、分科会(経営革新マーケティング委員会、環境労務委員会、組織共済委員会、教育研修委員会、CSR推進委員会、官公需対策委員会)が行われた後、分科会報告が行われた。主管県の清水理事長が挨拶し、関東甲信越静地区協の大会旗が長野県工組の清水理事長から静岡県工組の荻野豊理事長へ伝達された。次期主管県の荻野理事長は多数の参加を呼びかけた。  大会旗伝達、左から荻野豊静岡県工組理事長、 清水光朗長野県工組理事長、増田富治雄長野県工組副理事長   ≫ニュース全文を読む

2018年02月28日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)とフジサンケイ ビジネスアイ(上坂徹社長)が共同で開催した「第69回全国カレンダー展」でのチャリティーカレンダーの販売金21万円と日印産連からの寄付金を合わせた50万円を、国内外の心臓病の子供を救う「明美ちゃん基金」(産経新聞社 設立)に寄付した。 寄付金は2月28日に産経新聞社本社にて山田雅義会長から産経新聞社の飯塚浩彦社長に手渡された。 明美ちゃん基金チャリティー収益金を産経新聞社の飯塚浩彦社長(右)に手渡す、 日本印刷産業連合会の山田雅義会長(左) <全国カレンダー展> 全国カレンダー展は、「企業の文化的メッセージを伝えるコミュニケーション手段」「人々の生活空間に潤いを与える印刷媒体」といわれるカレンダーの印刷技術や企画・デザイン力あるいは機能性や実用性に優れた作品を顕彰するコンクールで、今回、第69回を迎えた。毎年末に審査会が行われ、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞を受賞した作品をはじめ、審査を通過したカレンダーが翌年初に東京、大阪の各会場で展示される。 2018年1月19日から1月23日までゲートシティ大崎で開催された東京展では受賞した作品約400点が展示され、来場したお客に上位賞に輝いた作品のチャリティー販売を行った。5日間の会期中に210部を販売し、21万円の善意が集まった。 注)2018年1月29日から2月8日まで平和紙業ペーパーボイス大阪で開催した大阪展ではチャリティー販売は行っていない。 <明美ちゃん基金>  先天性の心臓病などに苦しみながら、経済的な事情で手術を受けることができない子供たちを救うため、産経新聞社が提唱して設立された基金。昭和41年6月、生まれつき右心室と左心室の間に穴が開いている心室中隔欠損を患い、「手術をしなければあと2、3年の命」と宣告されたものの、手術費用を賄うことができなかった鹿児島県の少女、伊瀬知明美ちゃん(当時5歳)の記事をサンケイ新聞(現・産経新聞)に掲載したところ、大きな反響とともに、読者から「明美ちゃんを救ってほしい」として多額の善意が送られてきた。寄せられた善意をもとに、産経新聞社は「明美ちゃん基金」を設立、明美ちゃんは適用第1例として東京女子医大付属日本心臓血圧研究所で手術を受け、元気な体になった。国内で心臓病の子供への公的扶助が充実して以降は海外にも支援の輪を広げ、これまでに基金が救ってきた子供は国内外合わせ200人以上にのぼる。近年は国内で心臓移植を受けた子供への支援を実施。平成27年度からはミャンマーの心臓病の子供を救うため、医師団を派遣するなどして医療レベルの向上を目指す支援活動を始めた。活動資金は、すべて読者を中心とする一般の方々から寄せられる善意で賄われている。 詳細は https://www.sankei.jp/csr/akemi ≫ニュース全文を読む

2018年02月27日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、2018年3月15日(木)に企業の動画活用をテーマにしたセミナー「企業の動画活用トレンド2018~注目はライブコマース、インスタ、パーソナライズド動画」を開催する。 スマホで動画を視聴するユーザーの増加に伴い、企業がユーザーにリーチする手段にも変化が起きている。特にEC分野ではライブ配信で商品をPRし販売する「ライブコマース」が広がりを見せており、各社参入が続いている。 そこで同セミナーでは、「ライブコマース」「Instagram Stories」「パーソナライズド動画」の3つのキーワードを取り上げ、変化するユーザーの動向や求められるコンテンツは何かを探る。 (詳細はhttps://www.jagat.or.jp/cm2017_video に掲載) ■ 開催概要 期日:2018年3月15日(木) 14:00-16:40予定(受付開始:13:30より) 会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 参加費:一般15,120円(税込)、JAGAT会員10,800円(税込)、 JAGAT印刷総合研究会メンバー無料(研究会のプランにより参加可能人数が異なる) ※セミナー詳細はWebを参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/cm2017_video ❏ セミナー内容・スケジュール (タイトル・内容は変更可能性がある) 【1】事例からみる動画活用のトレンド(モバーシャル株式会社) 【2】ライブコマースの流れとLive Shop !について(株式会社Candee) 【3】Instagram Storiesに注目した動画ビジネス(lute株式会社) ≫ニュース全文を読む

2018年02月27日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、印刷業界の新入社員を対象とした公開型の教育プログラムとして全5テーマを2018年4月に開催する。JAGATのプログラムは、印刷業界の新入社員に特化した内容が特徴で、「印刷業界の全体像とビジネスマナー」から「コミュニケーション」「印刷業界で成果を出せる働き方」「印刷技術知識」「DTP・印刷の制作実習」まで5つのテーマで実施する。 ■ 2018年新入社員向け教育プログラム概要 会場:東京会場:JAGAT本社(東京都杉並区和田1-29-11) ❏ 「新入社員養成講座」 ~印刷会社で働くための基礎知識と社会人として必要なビジネスマナーを学ぶ入門講座~ 開催日:2018年4月3日(火)10:00~17:00 https://www.jagat.or.jp/archives/3671 ❏「人間関係と仕事が上手くいくコミュニケーション講座」 ~仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションスキル(ロールプレイ/演習型セミナー)~ 開催日:2018年4月4日(水)10:00~17:00 https://www.jagat.or.jp/archives/3809 ❏「印刷業界で成果を出すための働き方」 ~長いビジネスライフの中で、自分を活かしながら成果を出すための秘訣を解説~ 開催日:2018年4月5日(木)13:00~17:00 https://www.jagat.or.jp/archives/41528 ❏「印刷製作入門講座 (講義編)」 ~必須の印刷物製作工程に加え、メディア動向に対する知識も網羅~ 開催日:第1回目/2018年4月 9日(月)~10日(火)10:00~17:00(2日間とも) 第2回目/2018年4月16日(月)~17日(火)10:00~17:00(2日間とも) https://www.jagat.or.jp/archives/3801 ❏「印刷製作入門講座 (実技研修編)」※各回残席僅少 ~DTPによる制作実習から企画・デザイン・印刷までをひと通り体験する3日間~ 開催日:第1回目/2018年4月11日(水)~13日(金) 4/11-12 10:00~17:00 DTP制作実習(JAGAT) 4/13 9:30~17:00 印刷実習(外部施設) 第2回目/2018年4月18日(水)~20日(金) 4/18-19 10:00~17:00 DTP制作実習(JAGAT) 4/20 9:30~17:00 印刷実習(外部施設) https://www.jagat.or.jp/archives/3807 ≫ニュース全文を読む

2018年02月19日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、臼田真人会長)の全印工連CSR認定委員会(亀井善太郎委員長)では、あらたに新日本印刷(愛知県印刷工業組合)とユニバーサルポストグループ(広島県印刷工業組合)をスリースター認定した。  両社は、昨年12月18日開催の全印工連CSR認定委員会における厳正な判定の結果、追加資料の審議を経て、このたびスリースター認定登録する運びとなった。 (CSR認定企業は計111社)  また、全印工連CSR認定制度では、現在、第21期ワンスター認定募集(応募申込書の提出:4月27日締切)を行っている。 ≫ニュース全文を読む

2018年02月19日
 学校法人日本プリンティングアカデミー(JPA,花井秀勝理事長)は2月16日、JPA感謝会を開催し、OB、印刷関連業界から80名が参加した。今回は第一部【特別講演会】平林印刷代表取締役社長 平林満氏が「家業から企業へ そのためにシンプルビジネス」をテーマに講演し、第二部【JPA40期生プレゼンテーション】、第三部【懇親会】が行われた。  第一部の特別講演会に先立ち、猪股康之学校長が「学生数が増えないのは玉に瑕」と述べ、「マーケティング分野の講義は質・量とも3倍増えた。学生は男性6名で、秋田、新潟、茨城、東京、神奈川、愛知で、24歳から34歳、全員が独身だ。『伝説の40期生』と称し、彼らから日々、教えられている」と挨拶した。引き続き、学生によるプレゼンが行われた。 挨拶する猪股康之学校長  第一部の講演では、平林社長がまず、家業と企業の違いについて説明し、「人材育成が難しかった。私は営業が得意だった。スキルのある人間はルールがなくてもできる」の述べ、「中小企業は法人の7割が赤字で、3割が黒字だ。全ては経営者次第で競争戦略次第だ。目標を達成しなければ意味がない。全ては社長の熱意で決まる」と語った。 さらに、関連会社のDMクラスターやノベルティ専門会社・販促の事業など紹介した。  講演する平林満社長  第二部では、三月卒業する3名による学生卒業課題プレゼンが行われた。  第三部の懇親会で、花井秀勝理事長は昨年11月創立40周年記念講演会で、米国からルスP.スティーブンス氏を招き講演会を行ったことにふれ、「いろいろな業界から大絶賛を得た。近年のダボス会議で日本から誰も出席せず、日本のデジタル化の遅れが指摘されている。従来のビジネスモデルが変化していく中で日本の遅れに危機感がある。今後はIOT、ロボット、センサーなどで印刷業界は従来型の経営から大きく変革していかなければならない」と述べた。 さらに、2015年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士が発表した論文“未来の雇用”にふれ、「人間がどのような形で働いていくか、人間のコミュニケーション能力、プレゼンについて、今の10代は会社でも会話をせず、ほとんどスマホでの会話だ。JPAは41年目に入るが、若い人がこの業界に入って仕事をしたいという魅力ある印刷業界になるよう教育をしていきたい」と抱負を語った。  引き続き、日生印刷の日比野信也社長・JPA同総会会長は「頂いたパンフレットを読み、改めて大橋さんの思いを知った。企業はトップしだいだと痛感した。JPAは花井さんが理事長になり体制が変わった。学校も変わり、今後、ますます発展していくだろう」と述べ、乾杯した。  花井秀勝理事長 ≫ニュース全文を読む

2018年02月15日
全日本シール印刷協同組合連合会(田中祐会長)では、「第29回世界ラベルコンテスト」で入賞した9社10作品を発表した。 第29回世界ラベルコンテスト審査会(Tony White審査委員長=FINAT)は2017年9月25日ベルギー・ブリュッセルにて、JFLP(日本)をはじめとして、FINAT(欧州)、TLMI(北米)、LATMA(豪州)、SALMA(ニュージーランド)、PEIAC(中国)の世界シールラベル印刷6団体が参加して行われた。  同審査会では、JFLPから派遣されたリンテック執行役員の吉武正昭氏ら6名の審査委員によって、カテゴリー1から順にカテゴリー22まで審査を行い「サンプル配布と説明」「各審査員からのコメントや指摘」を経て「審査員全員の合意」によってそれぞれの結果が決まった。  なお、今回も各団体の申し合わせで発表は2018年2月に世界同時発表となっており、これに合わせての入賞社発表となった。  また、印刷方式毎に発表される「ベストオブベスト」賞は2018年9月上旬に北米・シカゴで開催されるラベルエキスポアメリカのグローバルアワードセレモニーにおいて最優秀受賞の中から発表される予定。  なお、入賞社の19社10作品には世界ラベルコンテスト審査会からトロフィーが授与されることになっており、そのトロフィー授与式は2018年5月30日に行われる同連合会通常総会後の懇親会の冒頭に授与される。  入賞社は次のとおり。 ▽4フレキソ(ワイン)タカラ 最優秀賞 ▽6レタープレス(線画と網点)丸信 最優秀賞 ▽7レタープレス(カラープロセス)サトープリンティング 最優秀賞 ▽8レタープレス(ワイン、酒)サトープリンティング 最優秀賞 ▽11オフセット(カラープロセス)進和ラベル印刷 最優秀賞 ▽12オフセット(ワイン、酒)精英堂印刷 最優秀賞 ▽15複合(カラープロセス)サンメック 最優秀賞 ▽16複合(ワイン、酒) 丸信 審査員特別賞 ▽19スクリーン印刷 シーベル産業 審査員特別賞 ▽22新規開発(印刷方式問わず)シバタセスコ 最優秀賞 ≫ニュース全文を読む