業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
389件中 21~30件を表示

2017年11月29日
般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は第17 回印刷産業環境優良工場表彰制度の応募工場の募集を平成29 年12 月1 日に開始する。また、昨年同様に小規模事業所部門を設置した。 同制度は、印刷産業界における各企業の環境問題に対する取組みを促進するとともに、印刷工場の環境改善及び印刷企業に対する社会の一層の支持・理解を獲得することを目的に、平成14 年からスタート。経済産業省の支援を受け、過去16 回、延べ255 工場が受賞している。 今回は、平成29 年12 月1日(火)から平成29 年2 月9 日(金)まで第1次審査の応募を受ける。 第2次審査応募受付期間は平成29 年2 月26 日(月)から4 月20 日(金)となる。なお、第1次審査を通過した工場が第2次審査の応募資格があり、過去受賞工場は第2次審査から応募することができる。 また、昨年につづき印刷産業全体の90%以上を占める従業員規模29 人以下の事業所(企業全体で49人以下)を対象に、環境配慮を促進することを目的に小規模事業所部門を設置し、表彰する。 表彰は、経済産業大臣賞、経済産業省商務情報政策局長賞(以上申請中)、日本印刷産業連合会会長賞、同特別賞、同奨励賞が授与される。表彰式は、2018 年印刷の月記念式典(平成30 年9 月12 日(水)・ホテルニューオータニ)にて行われる予定。 なお、受賞工場は印刷産業界のモデル工場として見学会や講演会が催されるほか、受賞後は社会に対し広くアピールすることができる制度となっている。 <応募資格> ・日印産連の会員である10団体傘下の会員企業の工場であること ・工場稼働後3年以上経過していること ・過去5年間環境法令等に基づき操業停止等の行政による処分を受けていないこと ・第2次審査への応募は、1企業につき1工場に限る <審査の対象> ・工場の周辺環境対策、広域的な環境対策、工場内における作業環境管理 ・環境管理体制の整備と環境対応の企業経営上の明確な位置づけ ・環境対応が企業経営上具体的効果をもたらしていること *選考の際には、工程の環境負荷を考慮し、環境配慮に努力している点を評価する。 ≫ニュース全文を読む

2017年11月29日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は2018年2月7日から9日までの3日間、東京・池袋のサンシャインシティ・コンベンションセンターTOKYOでpage2018を開催する。Page’88から今回で31回目、「アライアンスNEXT」のテーマで、出展規模は161社546小間(11月28日現在)、カンファレンス・セミナーは34セッション(予定)。入場料は1,000円(税込、Webによる事前登録で無料)。 11月28日記者発表が行われ、開催概要を発表した。展示会は展示ホールB/C/D(文化会館4階、3階、2階)で展示ホールBでの印刷パートナーズゾーンには28社1団体、35小間が出展する。前回とくらべ、新規出展企業・団体が増えてゾーンが拡大された。 基調講演1は展示会初日に、「アライアンスNEXT」で印刷ビジネスを落とし込んで議論する。翌日の基調講演2はケヴィン・ケリー『(〈インターネット〉の次に来るものー未来を決める12の法則』の翻訳者の服部桂氏が語る。最終日の基調講演3は、経営シンポジウム特別編として「事業継承」をテーマに取り上げる予定。 カンファレンスの全体コンセプトとして、まだ答えの定まっていない未知の技術やビジネスをテーマに議論していくが、「グラフィックカテゴリ」(デジタル印刷をはじめグラフィックビジネスの将来像)」「クロスメディアカテゴリ」(デジタルマーケティングと印刷ビジネスの関係など)」「印刷マーケティングカテゴリ」(2018年の印刷市場動向、地域活性化などを取り上げる)」の3カテゴリで構成し12本を企画している。 セミナーでは、「明日からでも実務で使える」をコンセプトにノウハウを中心に、一般的な内容ではなく、印刷ビジネスの現場で直面している課題に焦点を当てるのが特長。セミナーテーマは、「印刷+α」に焦点をあて、印刷を核としながら+αのノウハウを組み合わせることで印刷会社の強みを生かした顧客ビジネスの創出、印刷会社の売り上げ向上に役立つものも企画していく。カテゴリは、「ビジネス創出」、「営業・企画」、「デザイン・制作」、「DTP・プリプレス」、「印刷技術」、「基本知識」の6カテゴリを予定。 カンファレンス・セミナーの参加費は、1セッション(当日申し込み17,000円、事前申し込み16,200円、複数割引あり)。 この他、出展社によるセミナーやオープンイベントが行われる。 ※詳細は、JAGATのホームページ(来週開設予定)を参照のこと。  記者発表で、塚田会長は10月開催された50周年記念行事に感謝の意を示すとともに、今回のテーマ「アライアンスNEXT」について「大手企業は経営資源が豊富で、人材もあり、BPOサービスができたりするが、中小一般企業は経営資源が限られており限界がある。他社と結びつき、一緒にサービスを提供していくことが必要だ」と述べた。  また、郡司秀明専務理事は「塚田会長はアライアンスという言葉に思い入れがある。アライアンスとは同盟だが、なぜこのテーマにしたか、印刷会社は今まで、技術が前面にでていたが、これからはクライアントの要望をいち早く実現しなければならない。アライアンスを組んで、ビジネスを立ち上げる」と述べ、航空会社のスターアライアンスやワンワールド、スカイチームの事例を説明した。  塚田司郎会長  page2018ポスター  池袋駅などに貼り、来場を呼びかける ≫ニュース全文を読む

2017年11月28日
印刷工業会(山田雅義会長)の教育・研究部会(杉山毅部会長)は11月27日、中央区新富・日本印刷会館で管理者研修会を開催した。今年度の管理者研修会は、『島耕作シリーズ』で有名な漫画家の弘兼憲史(ひろかね・けんし)氏を講師に迎え、「島耕作とリーダーシップ」をテーマに講演した。  弘兼氏は1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)に入社。73年漫画家を目指して退職、74年『風薫る』で漫画家デビューし、『島耕作シリーズ』、『人間交差点』などの漫画以外の著書も数多くある。  講演ではまず、日本の漫画がなぜ発展したか、①ときわ荘で手塚治虫、赤塚不二夫、石森章太郎など漫画家集団がいた、②読み手は団塊の世代でマーケットが広かった、③漫画を扱うのは大手出版社で人材が揃い、マーケティングリサーチが綿密にされ発展してきたと語り、弘兼氏が小学生の頃は金持ちの子供が漫画(月刊誌)を買い、回し読みしていたが、中学生の頃、少年マガジンや少年サンデーなど週刊誌が発行され、大学生は「片手に朝日ジャーナル、片手にマガジン」と言われ、社会に出ると青年コミックが発売されたと漫画の変遷を述べた。  そして、小学生の頃に漫画家になりたいと思ったが、「夢を実現できないのは9割」と自らの著書にも書いているとおり、漫画家を諦め中学生の頃には読書に励み新聞記者になりたいと思い、やがて早稲田大学に入学。そして大学では漫画研究会に入る。卒業後は広告業界に入ってコピーライターをやろうと思ったが松下電器(現パナソニック)に入社した。入社後3年目で「会社を辞めて漫画になろう」と決意する。しかし大学時代に漫画を書いたことはなかったという。その後、ビッグコミックで初めて書いた『風薫る』で漫画家デビューを飾り、現在に至る。  次に、リーダーについて語り、「リーダーには強いリーダーと正しいリーダーがいる」と述べ、国のリーダー、組織のリーダー、中小企業のリーダー、野球のリーダーなどについて述べ、組織のリーダーの特長として「負けず嫌い、プラス思考、明確なビジョンを持つ」であり、「オーナー社長には優しい人と厳しい人の二通りあり、サラリーマン社長とは自分が社長の任期中は大過なく過ごそうという傾向があり、あまり思い切った施策はしないという感じだ。そして、サラリーマン社長は前の社長よりも成果をあげようとする」と自論を語った。  最後に島耕作について述べ、「島耕作は取材を元に出来上がっており、エンタテイメント50%、情報が50%だ。農業、漁業、医学、高齢化社会どう生きるか、安楽死ありかなど、作品を展開していく」と締めくくった。  弘兼憲史氏 ≫ニュース全文を読む

2017年11月28日
 全国中小企業団体中央会は、ビジネスマッチングを目的とする日本最大規模の展示会「中小企業 新ものづくり・新サービス展」を12月6日から8日まで東京ビッグサイトで開催する。東7・8ホール。入場料無料。  同展示会は「ものづくり補助事業」を通じて、全国の中小企業が生み出した新しい製品・技術・サービスのビジネスマッチングを目的に2015年から開催しており、今年で3回目を迎える。初年度は3万2千人、翌年には5万人を超える来場者があった。今年は東京のほか大阪会場(インテックス大阪)で11月28日から30日まで開催し、600社を超える会者のビジネスマッチングが行われる。  今回は、金属製品やプラスチック製品、食品などの製造業、通信情報産業、小売・卸売業など出展者の業界は多岐に渡り、今話題のAIやVRなどの最先端の科学技術や世界的にも評価が高い日本の最新の金属加工技術のほか、人手不足や超高齢社会などの社会問題に関わる技術やサービスを披露、日本の未来を垣間見ることができる。  さらにセミナーでは、将棋プログラムPONANZA開発者の山本一成氏や、NHK報道局「ニュースセンター9時」初の女性キャスターを務め、現在千葉商科大学教授の宮崎緑氏などが登壇、様々な立場からものづくりやサービスに関わる話しを語る。  印刷関連業からも多く出展する。 ≫ニュース全文を読む

2017年11月22日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2017年12月14日(木)に「JAGATトピック技術セミナー2017」を開催する。 JAGATがその年に発表された注目製品をピックアップし、印刷技術のトレンドを見定める「JAGATトピック技術セミナー」。毎年12月の定番のイベントとして定着しており、今回で44回目を迎える。 今年の「JAGATトピック技術セミナー」では、メーカー6社が登壇する。これからの印刷ビジネスが新たなステップを踏み出すために必要となる技術・製品を各メーカーに解説して頂く。 また特別講演ではスマートスピーカーをテーマにとりあげる。 LINE、Google、そしてAmazonの3社が出揃った国内のスマートスピーカー市場。 AIを搭載した家電が身近なものとなり、家庭とビジネスをどう変えていくのか? スマートスピーカーのもたらすものについて、フリージャーナリスト西田宗千佳氏より講演して頂く。 JAGAT会員は無料(一般は5,000円)。今年1年の技術トレンドが把握できるビッグイベントだ。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2017年12月14日(木)13:00-17:30(予定・定員120名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費:JAGAT会員:無料、一般:5,000円(税込) ※セミナー詳細はWebを参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/archives/41013 ■ セミナー内容・スケジュール 【技術トピックプログラム】 ■ キヤノンマーケティングジャパン ■ コダック ■ 小森コーポレーション ■ 日本アグフア・ゲバルト ■ 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ ■ メディアテクノロジー ジャパン ■ リョービMHI グラフィックテクノロジー 【特別講演】 「家庭とビジネスをどう変える!? スマートスピーカーのもたらす ≫ニュース全文を読む

2017年11月21日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)では平成18年にグリーンプリンティング(GP)認定制度を創設して以来、GP認定工場は400工場となった。さらに一昨年には印刷製品に多くのGPマークを表示しているクライアントを表彰するGP環境大賞を創設し、昨年にはGPマークの普及に貢献したGP工場を表彰するGPマーク普及大賞を創設した。  今年は、初めて「印刷と私」エッセイ・作文コンテストを開催し、一般から小学生まで760作品がよせられた。審査には、グリーンプリンティングPR大使・放送作家の小山薫堂氏を委員長に迎え、17作品の受賞が決定した。 「印刷と私」エッセイ・作文コンテスト受賞者と PR大使・コンテスト審査委員長の小山薫堂氏  11月20日、千代田区神田・学士会館でグリーンプリンティング認定制度表彰式と「印刷と私」コンテスト表彰式が開催された。表彰式に続き、小山薫堂PR大使と特別ゲストの植野広生『dancyu』編集長とのトークショーが行われた。  冒頭、山田雅義日印産連会長はGP認定工場ならびにGP環境大賞やGPマーク普及大賞の経緯にふれるとともに、「印刷と私」エッセイ・作文コンテストについて「PR大使の小山さんから周知することも大切だが社会の中で印刷業界はどのように思われているか、どのような役割を果たしているか、エッセイや作文を募集したらどうかと助言を頂いた。コンテストを実施して想定を超える応募があり作品を読んで印刷は多くの生活やビジネスに密接しており、心の中に大切な思い出とする皆さんの思いを受けとめ、今後も社会の発展に取り組んでいきたい」と挨拶した。  次いでGP認定委員会委員長の藤倉まなみ桜美林大学教授は「工場に頑張ってもらうだけでなく、使って頂くことが大切だ。市場を通じて環境にいい企業が伸びてくる。認定制度は様々な角度から認定し、GP工場でなければダメだと広めてほしい」と述べた。  引き続き、GP環境大賞・準大賞表彰式、GPマーク普及大賞・準大賞表彰式が行われ、受賞者を代表して、小檜山隆東武鉄道取締役広報部長は「東武鉄道は120周年を迎えたが、鉄道業界は節目の年で、JRは30周年、東京メトロは90周年だ。まずは安全を第一にやっているが、環境対策にも積極的に取り組んでいる」と喜びを語った。  この後、第1回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの表彰式に入り、小山薫堂氏は「沢山の応募があり、素晴らしいものばかりで本当に感動した。特に小学生の部はどれも素晴らしく、社会における印刷の重要性というものを改めて教えて頂いた。そして一般の部の皆さまの作品はひとつのドラマだったり映画になるような話しばかりだった」と審査講評を述べ、小山氏から7名が表彰された。  この後、「印刷と私」トークショーと記念パーティーが行われた。 ※コンテスト受賞作品は日印産連の公式ページで発表されている。  「印刷と私」トークショー 2017GP環境大賞・準大賞及び2017GPマーク普及大賞・準大賞の受賞者は次のとおり。 (各賞とも五十音順) 【GP環境大賞・準大賞】 ◎GP環境大賞(3社・団体)  株式会社タカラトミー 東武鉄道株式会社 株式会社武蔵境自動車教習所 ◎GP環境準大賞(6社・団体)  株式会社ジェイアール東日本企画 宗教法人「生長の家」 一般社団法人日本自動車連盟 一般財団法人脳神経疾患研究所 株式会社丸井グループ レインボー薬品株式会社   【GPマーク普及大賞・準大賞】 ◎GPマーク普及大賞 (1社)  六三印刷株式会社 ◎GPマーク普及準大賞(2社)  株式会社笠間製本印刷 株式会社文伸 左から笠間製本印刷、小山薫堂氏、六三印刷、文伸   「印刷と私」【受賞者】(敬称略) <一般の部> 小山薫堂最優秀賞(2名) 石島幹男(埼玉県) 馬場一恵(東京都) 小山薫堂優秀賞(2名) 小山年男(千葉県) 田崎 敦(広島県) 優秀賞(5名) 生越寛子(大阪府) 坂井和代(石川県) 柴田明子(東京都) 疋田賢司(大阪府) 宮坂宗治郎(神奈川県) <小学生の部> 小山薫堂最優秀賞(2名) 座間耀永(東京都) 坊垣心都(岐阜県) 小山薫堂優秀賞(1名) 甲野 樹(茨城県) 優秀賞(5名) 生関珠奈(東京都) 中原百々花(東京都) 中村 晃(埼玉県) 西村洸俊(東京都) 村松汰一郎(東京都) ≫ニュース全文を読む

2017年11月21日
 全国中小企業団体中央会は、ビジネスマッチングを目的とする日本最大規模の展示会「中小企業 新ものづくり・新サービス展」を11月28日から30日までインテックス大阪(6号館A・Bゾーン)で開催する。出展規模は613社。入場料無料。  同展示会は、「ものづくり補助事業」を通じて、全国の中小企業が生み出した新しい製品・技術・サービスのビジネスマッチングを目的に2015年から開催しており、今回で3回目を迎える。今年は大阪のほか、12月6日から8日まで東京会場(東京ビッグサイト)においても658社が出展する。さらにWebサイト上での出展も合わせると出展者数は1700社以上になる。  今回は「空中映像」の技術を使い、何もない空間に投影したスイッチで電気製品のON,OFFが操作できる「空中スイッチ」、スマートフォンと電動させゴルフのドライバーの練習ができる「Smart Shot」などVRやAIといった最先端の科学技術のほか、人手不足解消や防災などに役立つ商品も展示する。このほか世界的評価も高い金属加工技術や、プラスチック、食品などの製造業、情報通信産業、卸売・小売業など、多種多少な会社が最新の技術やサービスを披露、日本の産業を支える中小企業の実力を一度に目にすることができる。  さらに、日本レスリング協会強化本部長の栄和人氏、理事の吉田沙保里氏や、元JAXAの中谷一郎氏によるセミナー、中小企業で働く女性が活躍する現場を語る座談会、高専の生徒が自ら製作したユニークなロボットの実演を行うなど、活きた情報を手に入れることができる展示会だ。 ≫ニュース全文を読む

2017年11月17日
社団法人日本グラフィックサービス工業会主催、NPO法人日本自費出版ネットワーク主幹で、第21 回2018年日本自費出版文化賞作品を募集している。受付期間は2017年11月1日~2018年3月31日(当日消印有効)。  日本自費出版文化賞は、インターネット「自費出版ホームページ」による自費出版データの蓄積・公開活動と連動しつつ、人々の目に触れにくい自費出版物に光を当て、著者の功績を讃え、かつ自費出版の再評価・活性化を促進しようとするもの。  応募資格は、制作費用の全額または一部を著者(個人・団体)が負担し、日本国内で2010年以降に出版され、主に日本語で書かれた一般書で、製本された著書が対象。著書の国籍は問わない。  募集部門は次のとおり。 ① 地域文化部門=郷土史、地域誌、民俗記録、地域人物伝、記念誌など ② 個人史部門=自分史、一族史、追悼集、旅行記、趣味など ③ 小説部門=小説、童話など散文で書かれた物語形式の文芸 ④ エッセー部門=随筆、随想など散文で書かれた小説以外の文芸 ⑤ 詩歌部門=現代詩、俳句、短歌など韻文で書かれた文芸 ⑥ 研究・評論部門=研究(人文/歴史/法律/経済社会/理工他)、評論・詳伝など ⑦ グラフィック部門=画集、写真集、絵本など。 発表は9月上旬、朝日新聞紙上などで発表する。 賞金、賞品は次のとおり。 賞状ならびに賞金20万円 賞状ならびに賞金5万円 賞状ならびに記念品 賞状 選考委員(敬称略) ▽色川大吉(歴史家・選考委員長) ▽鎌田慧(ルポライター) ▽中山千夏(作家) ▽秋林哲也(編集者) ▽佐藤和夫(哲学思想研究者) ▽藤野健一(編集者) ▽小池一子(クリエイティブ・ディレクター) ▽成田龍一(日本女子大教授・歴史家) ≫ニュース全文を読む

2017年11月14日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長) グリーンプリンティング認定事務局は、心温まる印刷の思い出、エピソードを寄せられた第1回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの選考結果を発表した。審査にはグリーンプリンティングのPR 大使でもある放送作家の小山薫堂氏を審査委員長に迎え、「印刷と私」コンテスト審査委員会において厳正な審査を行い、一般の部、小学生の部門ごとに受賞作品を決定した。応募総数は当初の想定を大きく上回る760 作品だった。 受賞作品の発表は、2017 年11 月21 日にグリーンプリンティング認定制度の公式サイトにおいて行う。 関連URL https://www.jfpi.or.jp/greenprinting/ 【受賞者】(敬称略) <一般の部> 小山薫堂最優秀賞(2名) 石島幹男(埼玉県) 馬場一恵(東京都) 小山薫堂優秀賞(2名) 小山年男(千葉県) 田崎 敦(広島県) 優秀賞(5名) 生越寛子(大阪府) 坂井和代(石川県) 柴田明子(東京都) 疋田賢司(大阪府) 宮坂宗治郎(神奈川県) <小学生の部> 小山薫堂最優秀賞(2名) 座間耀永(東京都) 坊垣心都(岐阜県) 小山薫堂優秀賞(1名) 甲野 樹(茨城県) 優秀賞(5名) 生関珠奈(東京都) 中原百々花(東京都) 中村 晃(埼玉県) 西村洸俊(東京都) 村松汰一郎(東京都) 表彰は、11 月20 日の「2017 グリーンプリンティング認定制度表彰式並びに「印刷と私」エッセイ・作文コンテスト表彰式」(於:千代田区・学士会館)で行われる。また、当日は「印刷と私」コンテスト審査委員長小山薫堂氏と特別ゲスト植野広生氏(『dancyu』編集長)による、「印刷と私」をテーマにしたトークショーを行う。 ≫ニュース全文を読む

2017年11月13日
産業ときめきフェア実行委員会・江戸川区主催で「第19回産業ときめきフェアin EDOGAWA」を11月17日・18日の二日間、タワーホール船堀で開催する。 同展は製造業を中心とした企業が一堂に会し、展示・実演などを通じて優れた製品・技術力を紹介していくとともに、ビジネス情報の交流を促進し、企業の活性化を図ることを目的として開催する。出展規模は137企業・団体。入場無料。  同展は23区最大規模の展示会。両日、出展企業等を題材とした会場めぐりクイズラリーを行う(参加者には、もれなく景品がプレゼントされる)。 また、17日、ビジネスセミナー、18日、ものづくり体験コーナー(参加対象は小学生)、カヌーVR体験コーナー、(公社)日本化学会関東支部による「調べる化学」講演会が行われる。 ※詳細は、「産業ときめきフェア」で検索のこと。 印刷関連業からの出展は次のとおり。 ■1階 展示ホール ▽東京都印刷工業組合 墨東支部 ▽東京紙器工業組合 江戸川支部 ■2階 イベントホール太陽 出版・印刷・情報 ▽一般社団法人EATHE BASE ▽国際事務機株式会社 ▽株式会社サトー印刷 ▽有限会社三栄美術印刷 ▽有限会社スタッフシーズ ▽株式会社ディーコック ▽株式会社ビジネス・プラン・ネット ▽有限会社プラネットワールド ▽株式会社未来科学応用研究所 ▽株式会社ループス・ネット ≫ニュース全文を読む